teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大喜びでした

 投稿者:まど  投稿日:2011年 2月 6日(日)22時21分54秒
  大野様、小嶋様、小林様
お世話になりました。
本日、杉並親子劇場の公演で、「ねずみのすもう」「おまえうまそうだな」を親子5人で楽しみました。
子どもたちは、合間のかけ合いから大笑い。
人形劇というイメージを壊されるくらい、ダイナミックでスピーディで、本当にプロフェッショナルな作品をありがとうございました。
アンケートにお礼をする時間なく、ホームページを拝見させていただき、このような素晴らしい劇団があって、数多くの公演をされているとのこと。
今後も、機会があればまた観に伺いたいと思います。
本日はありがとうございました。
今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 
 

こちらこそありがとうございます!

 投稿者:ぴろろメール  投稿日:2011年 1月24日(月)13時01分59秒
  まつりさん、嬉しい感想をありがとうございました!
お返事が遅くなってしまって、すみませんでした。

息子さんの言葉、涙が出そうになりました。人形劇を楽しみながら、本質的なところもしっかり見ていてくれているんですね。。。元気が出ます!
『楽しむ』というのはは、言葉にするとありふれたことのように思えてしまいますが、息子さんの感じてくださったことは、もっと深いのではないかと、勝手に喜んでしまっています。
そして、『この涙の意味がわかるのは、まだ先かもしれないけど』と、息子さんの成長を信じて寄り添っていらっしゃるまつりさんは、素敵なお母さんだなぁ。。。と思います♪
また機会がありましたら、息子さんと一緒にむすび座を観にいらしてくださいね!


そして、なんと、これが今年最初の書き込みでした~~~!(大汗)
相変わらずのぐーたら管理人ですが、その1その2まとめて、今年もよろしくお願いいたします!!
 

ありがとうございました

 投稿者:まつり  投稿日:2011年 1月22日(土)17時53分51秒
  今日は佐倉子供ステーションのために、遠くからありがとうございました。初めて見た時、『こどもが楽しめれば・・・』と思い、足を運びました。
そして、すっかり虜になったのは、私です。背景、舞台設定、途中舞台が変わるところ、こと細かくリズムにのって、それもひっくるめて、芸術だとおもいました。
子供は、 『あの人たちは、あれが、仕事なの?』と小学1年の息子が言いました。
『良い仕事だね』と私が言うと、『みんなば、楽しませる仕事だね』と息子。

ただ、漠然と子供が楽しめればと思った私でしたが、むすび座さんの、あったかさは、小学1年生にも、ちゃんと伝わっています。

ねずみの相撲は、小さな子供にも分かりやすく、歓声や笑い声があり、『楽しかった』が素直に聞けました。
『おまえうまそうだな』は、絵本では中々、伝わらなかった愛するがゆえの別れが伝わりました。後ろの席の、おとうさんが涙しているのを見て、『この涙の意味がわかるのは、まだ先かもしれないけど、でも、こういう愛の形があることが伝わったと思います』

今日は、感動して眠れそうにありません。
本当にありがとうございました。
 

メリークリスマス☆

 投稿者:ぴろろ  投稿日:2010年12月24日(金)21時56分56秒
  なっちママさん、こんばんは~。
我が家ではいつもと変わりない夜ですが、メリークリスマスです☆
そして私は、今日もせっせとお金を数えておりました~なっちママさんご明察!(笑)
いつもむすび座を暖かく見守っていてくださって、ありがとうございます。

> こんな時代だからこそ、子どもたちが生きていく力になるような作品を創り続けてください。

なんだか重くてじんわり熱いものを、ズドンと投げ渡されたような気がします。
小さな力かもしれないけれど、私達の手の中にあるものは軽いものではないんだということを信じて、来年も精進して行きたいと思います!
なっちママさん、しっかり見守り続けていてくださいね。

おお、全児演総会に参加されるんですね!
はい、大野は運営委員なので、もちろん参加いたします。「うまそう」の小林も行きますよ~。
今年はちょっと遠いことと、総会の翌日の10日に、むすび座稽古場を使っての「おたのしみ劇場」があるため、
参加者2名と、やや淋しいことになってます。
ぜひぜひ、ほげや小林を見かけたら声を掛けてくださいね♪

巷ではかなり風邪が流行っているみたいですね~。
劇団内でも、咳き込む人やティッシュに何度も手が伸びる人をチラチラ見かけます。
なっちママさんも年の瀬に体調を崩したりせずに、元気に新しい年をお迎えくださいね。
あ、その前に年賀状書き、がんばりましょう!!(←とか言いつつ、いつも年明けに書いてる人)
 

(無題)

 投稿者:なっちママ  投稿日:2010年12月23日(木)12時42分1秒
  早いもので今年も終わりですね。
今年はむすび座の人形劇とは出会えませんでしたが、あっこさんにはお会いできたし、不老不死会の皆さんも元気そうだし、イカラさんはお母さんになってるし、ぴろろさんはお金を数えてるし(あれっ?)いい1年でしたね。

以前のように書き込みはできなくなりましたが、ずっとずっと大好きなむすび座を応援していきたいと思います。
こんな時代だからこそ、子どもたちが生きていく力になるような作品を創り続けてください。


年明けは全児演の総会があります。今回は福岡での開催ということもあって、私もなぜか初参加することに~。。。
緊張~というより怖いです~。よくわからず返事をしてしまいましたが、総会の内容をみてますますドキドキ。。
私のような素人ができるものではありません。。。
不老不死会のあの方やあの方なら全然違和感ないと思いますが・・(笑)
ほげさんは参加されるんでしょうか。
もし来れるのであれば、それを楽しみに参加しようと思います。
別の意味でドキドキですね・・・(笑)


福岡も明日から急激に冷え込みそうです。皆様、風邪には気をつけて、良いお年をお迎えくださいね。
あっ!年賀はがき買ってこなきゃ。。。
 

いかりさんへ

 投稿者:本田忠勝メール  投稿日:2010年12月19日(日)09時52分44秒
  いかりさんへ

先般、お願いした「0、1.2歳児のための舞台芸術との出会い」という日本児童演劇の
機関紙新年号への原稿について、ぼくの原稿ができましたので、参考にしてください。
むすび座のメールに入れておきます。
劇団うりんこ元代表本田忠勝
 

武豊町民劇団公演「STAND UP!!」!!!

 投稿者:ほげメール  投稿日:2010年12月 9日(木)16時11分45秒
   いよいよ今週末、11日12日に、武豊町民劇団さんの公演があります。

 愛知県は知多半島の中ほどに位置する武豊町。そこにはとっても元気で素敵な劇団があり、小学生から60歳まで、互いを思い遣り、活かしあってお芝居創りをしています。


 私はご縁あって、3年前から演出という形でお手伝いをさせてもらってます。
今年は劇団員の想いもあり、主婦の方々が大活躍する元気の出るお芝居です。

 今回の作品、少々刺激の強い表現があります。乳児さん、幼児さんはご遠慮いただいてますし、むすび座の作品のイメージとは少し違うかも知れませんが、大切にしていることがじわーーーっと伝わる素敵な作品です。

 そして、お芝居以外にも見所が!むすび座団員の力、そして武豊劇団員の気持ちのこもった本格的な舞台セット!是非是非、皆さんに観に来ていただきたいと思っています。


 11日13:30~、19:00~、12日13:30~の3回公演、場所は武豊町民劇団ゆめたろうプラザ・輝きホールです!詳細は「武豊町民劇団」でネット検索、定期公演をクリックでわかります。

 「私たちはただの町民劇団ではないっ!」と自らが叫ぶ劇団員の熱い魂に是非、ふれに来てください!


 寒くなってきましたが、皆さんお身体に気をつけて、元気に生活しましょうねっ!

 

厚別の橋本美和さん、つぼみ座のくーちゃん、おぎすさんー!

 投稿者:ほげメール  投稿日:2010年11月26日(金)23時37分17秒
  厚別の橋本美和さん、掲示板への書き込みありがとうございました。お返事しなくてすみませんでしたー!早いもので札幌の公演から2ヶ月が経ちました。

札幌の公演4ステージ、どの公演もとっても楽しかったです。
我々むすび座は、創始者の丹下進さんの「子どもの発達と成長をみつめた人形劇を」との想いを大切に題材を選んできています。子どもたちは一年違えば、全然違うし、理解できなくても「感じること」においては、もしかしたら大人よりもいろんなものを持っているんじゃないかなと思います。

先日の公演で、去っていくティラノサウルスに向かって「がんばれー!」と叫んだ子がいました。こっちが泣けてきたりして。

子どもたちに教えてもらうことのなんと多いことか。

これからもいい作品を創っていきます。また観に来て下さいね。お子さんに「ありがとう」と伝えて下さいね。


つぼみ座のくーちゃん、おぎすさん。宇都宮ではありがとうございました。
話したいことが山ほどあったし、もし近くにお住まいだったら、一緒に人形劇創ったりできるのにー!なんて思ったりもしました。

子どもたちには、いろんな感情を持って大きくなってほしい、いろんな人の気持ちが分かる大人になってほしい、そう思います。

だから、題材選びにも何か想いを持って、そして「こんなことを伝えたい!」と皆が自信を持って話せるものを選ばれるのがよいと思います。

なかなか「これだ!」というものにめぐりあえないんですけど、たくさんの作家さんの想いにふれてみてくださいね。
また何か力になれることがあれば、いつでもご連絡下さい。お待ちしてますよ。メンバーの皆さんによろしくお伝えくださいー!
 

楽しみです~♪

 投稿者:まりん  投稿日:2010年11月24日(水)14時34分50秒
  ウサジイさん、お返事ありがとうございました(*^_^*)

確かに今回の演目は、前回とは違いましたが、
今回は、手が届きそうなほど目の前で見られたので、
臨場感もあり、両方ともとても楽しかったです。
本当に最高のステージでした。
アメリカザリガニの時よりも、ますますウサジイさんのファンになりましたー。

演技もリアルで、友達が
『演じる人が見えるのに、全く気にならないぐらい名演技だわ!』と驚いてましたよ。
歌も、一度聴いたら耳から離れないくらいです。
帰りの車の中でも、子どもたちは『いくぞ、お~!お~!!』と歌ってました(笑)
CD販売があればいいのにってくらいです。

・・・来年の一般公演。
ぜひ、ウサジイさんも財団にプッシュして下さい\(^o\)
さらにたくさんの友達に声をかけて、みんなで観に行きます~♪
子供たちが、今年からみんな小学生になったので、
いつか小学校でも公演があれば嬉しいです。

ブログのぶうぶも、拝見しました。
美観地区をバックに、決まってましたね(^^)

長々とすみません。
来年も、お待ちしております~☆
 

是非・是非!

 投稿者:ウサジイ  投稿日:2010年11月20日(土)16時08分55秒
  まりんさん。書き込み、ありがとうございます。
少々お荷物になる「ぶうぶ」ですが、連れ歩いていた甲斐がありました。

「とらまる」でご覧になった「ぶうぶ・101ちゃん」と今回の作品とでは
色合いが随分違うとは思いますが、
むすび座の作品の底辺に流れるものは同じなのでしょうか。

倉敷の幼稚園巡回公演は、気持ち良く演じさせてもらいました。
今回は約半分の園が観劇、残りは来年だそうです。
かなりの確率でむすび座になりそうです。(作品は未定)
来年は一般公演も考えてみたいと、財団の方が仰っていました。

そうそう、ご存知だとは思いますが、ぶうぶの写真がブログに載っています。
2010年5月の鹿児島祭典から始まっています。

ではまた、どこかで。是非是非お会いしましょう!
 

また、是非!

 投稿者:まりん  投稿日:2010年11月20日(土)14時31分3秒
  ドタバタしてる間に、日にちが経ってしまいましたが、
岡山の国民文化祭のステージ後に、ぶーぶに会わせていただいた者です(*^ ^*)

とらまるに続き、2回目の観劇でしたが、
やっぱり最高でした☆
今回いっしょに行った友達家族たちも、すっかりむすび座ファンです。

うちの地区の幼稚園にもいらしたみたいで、
きっと子供達も、ファンになったことでしょう。

また、是非、岡山・倉敷にいらして下さいね♪
楽しみにしています。
素敵な劇を、ありがとうございました。
 

こひるさんへ

 投稿者:みずのメール  投稿日:2010年11月 8日(月)18時06分24秒
  まゆを演じた水野です。
観劇くださり本当にありがとうございました!喜んでいただけて私も嬉しいです。
小さな子どもたちが一生懸命観てくれることに、毎回私も感激してやらせてもらってます。
小さな人形でも、子どもさんにとっては得体の知れないものなので(笑)はじめは怖がらせてしまうこともありますが、お話が始まると、しっかり物語の世界に入っていける子どもの感性は素晴らしいです。
あんな可愛い(?)顔のオニでも、怖がって泣いちゃえる時間って、大切だと思うのです。
「お先にどうぞ]も使ってもらえて嬉しいな。
私も時々せっかちになりそうな時、まゆに戒めてもらっています(笑)
この言葉が使えると、言う方も言われる方も気持ちがよいですよね~こうやって自分の足りない部分を、役に教わっています(笑)
どうぞまたむすび座の人形劇を観てくださいね。
このメンバーの3人は普段小学校で大きな作品もやっているので、そちらも観ていただけたら嬉しいです。
こひるさんも音楽の舞台に立っているとのこと、かっこいいママですね~どうぞ楽しんで素敵な時間を過ごしてください(^▽^)/
 

ありがとうございました

 投稿者:こひる  投稿日:2010年11月 5日(金)15時32分18秒
  本日、幼稚園で「エンコラホイホイさるじぞう」と「まゆとおに」をみせていただきました。
園では毎年の行事になっていますが、私が観劇できたのは初めてで、その緻密な舞台に非常に驚きました。
素晴らしかったです。
私はアマチュアで音楽の舞台に立つものとして、どうしても演者側を見てしまう癖があるのですが、
お一人お一人の無駄のない所作とアッと驚く舞台運びに、とても感動しました。人形も本当に生きていて!
変かもしれないのですが、私が一番笑ったのは、サル軍団がわっと登場したときでした。かわいかったー。

こどもたちはそこに引き込まれるからこそ、本気で嬉しかったり怖かったりするのですよね。
6歳の娘は、ずっと動く人形が苦手で、2年前は小さなパペットでさえ怖くて涙を流していました。
行事に観劇があると聞いたときに少々心配しましたが、むすび座さんの公演で少し大丈夫と思えたようで、そこからだんだん慣れていきました。
今日は心のそこから楽しんでいました。3歳の娘は「お先にどうぞ」を早速使っていました。
また来年も、だと思います。どうぞまたステキな舞台をお願いします。
 

こちらこそ、お疲れさまでした

 投稿者:ウサジイ  投稿日:2010年11月 4日(木)17時50分30秒
  加藤みきお様。お忙しい中、お芝居を観ていただき、ありがとうございました。
「少し」とはどの辺りか判りませんが、私、サル役を演じていた者です。
当日は天候が今ひとつで、午後のパフォーマンスは大変だったでしょうね。
そういえば以前、四日市の園で、加藤さまの色紙を拝見したことがあります。
同じ東海地方を地元に活動する者同士、また何かの機会にお会いしたいものです。
 

岡山国民文化祭お疲れ様でした

 投稿者:加藤みきお  投稿日:2010年11月 4日(木)12時10分50秒
  国民文化祭 お疲れ様でした
少しですが 劇を拝見させて頂きました。
ご挨拶したかったのですが、
私も大道芸フェスティバルにゲスト参加等
なかなか 自由な身が取れず。。
また 今後もよろしくお願いいたします

http://www.geocities.jp/katomiki_yaromai/

 

書き込み、ありがとうございます!

 投稿者:ぴろろメール  投稿日:2010年11月 1日(月)19時05分45秒
  つぼみ座のくーちゃんさん、おぎすさん、こんにちは。(ん?もうこんばんは、の時間ですね(^-^;)
管理人その2のぴろろと申します。普段は事務所で電卓叩いたりしております。

宇都宮の子ども劇場さんでの公演に来てくださったんですね、ありがとうございました!
とても人気のある絵本が原作なので、既に読んでいらっしゃる方の印象を裏切りはしないかと緊張もあるのですが、お二人とも喜んで観ていただけたようで、とっても嬉しいです。
事前にご相談をいただいていた、人形劇についてのアドバイスの方も、何とかお応えできたようでホッとしています。
お二人ともが「気合い」や「やる気」を手にされたようなのが、なによりも嬉しいです!
伺ったメンバー達も、めちゃめちゃ喜んでいると思います。
これからも、元気に人形劇を楽しんでくださいね♪
 

感動と勇気をもらいました

 投稿者:つぼみ座 おぎす  投稿日:2010年10月31日(日)23時02分39秒
  昨日は、「ねずみのすもう」と「おまえうまそうだな」の心温まる人形劇を見させていただきました。
知っているお話なのに、次はどうなるの?とワクワクドキドキのとっても楽しい時間でした。
また公演後に、つぼみ座メンバーの質問に真摯に答えてくださりありがとうございました。勇気づけられるアドバイスをたくさんいただき、もやもやが解消できました。
がぜんやる気がでてきましたよ~!!
また、お会いできる日を楽しみにしています。
 

ありがとうございました

 投稿者:つぼみ座のくーちゃん  投稿日:2010年10月30日(土)23時30分3秒
  今日宇都宮での『おまえうまそうだな』&『ねずみのすもう』を見せていただきました。
宮西達也さんの絵本は暖かくてジーンと心にしみて大好きです。
その絵本のよさ+笑いがあちこちにちりばめられ楽しい楽しい公演でした。
演じてらっしゃる3人の劇団員の方の一生懸命さに、私も明日から頑張るぞ!!と気合がはいりました。
公演後もぶしつけな質問に丁寧に答えてくださりありがとうございました。
まさに『むすび座』と名の通り、人と人のつながりを大事にしていらっしゃると頭が下がりました。
急に寒くなってまいりました。お体にお気をつけて。
 

ありがとうございます

 投稿者:ときまる  投稿日:2010年10月15日(金)19時35分43秒
  わっきーさん、さっそくの感想ありがとうございました。
「ジョディと子鹿のフラッグと」でお母さんのオーラ役をやった、ときまるです。

娘さんが、何度も笑ったり泣いたりして見てくれたなんて、とてもうれしいです。
この公演で子ども達は、とてもよい反応を返してくれて、こちらもとても楽しく公演ができましたし、少しでも面白いところや、楽しめるところを見逃すまいとする空気がかんじられました。
私自身、山口県で公演したことは、数少ないのですが、思い出に残る公演ができたと思います。

生死の問題は、これまでもさまざまな公演で、難しいのではないかとか言われてきましたが、現場で子ども達の反応をみていると、理解はできなくても、何かを感じてくれているのかな、という感触はあります。そして、今わからなくても、後でわかることもあるのかなとも思います。

でも、大人も子どもも、いろんな悩みや現象を通して、結局はどう生きるか、そしてどう死ぬか(=どう生きていくか)を学んでいるのかな、などと最近自分の周りで起こった事を通して感じています。そういった意味で大人も子どもも、最大の関心事は、生きる事と死ぬ事なのかな、と思ったりもしています。

などと、いろいろと書いてしまいましたが、本当に喜んでいただけて良かったとおもっております。また来年には新作(ピノキオ)もできますので、そちらもぜひ、ごらんください!
 

すばらしい舞台でした

 投稿者:わっきー  投稿日:2010年10月13日(水)23時07分6秒
  今日、ジョディと小鹿のフラッグとを小学校公演で観劇させていただきました。
大人の私は、人形の操作や、どうやって作ってあるんだろうな、と思いながらの半分観察入りでの観劇だったのですが、それでもストーリーや人形たちの表情に魅入ってしまう2時間でした。1年生の娘はこの公演を見て、劇中何度も登場人物と一緒に泣いたり笑ったりしたと言っていました。正直、6歳の彼女にとっては難しい生死の問題などが入っていたため、
どんな感想を持ったかなと思っていたのですが、人の気持ちも思える優しい心が成長しているのかなと、とてもうれしく思いました。
テレビなど二次元の世界では感じられない、熱い息遣いや、近いところで感じる人形たちの気持ちの動きを、肌で感じることができ、貴重な時間となりました。

ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/62