teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日本の開花は紀元前百十一年前に始まる

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月14日(月)18時49分17秒
編集済
  今の九州と夜須の、始まりに、出ていて、浙江省会稽の漢民族の越国から、漢の武帝まで、福建省屏山の平山、の治城無渚の孫、ビン越丑王が、日本の開祖となった。児島宮立証

日本の開祖から数えて167年、が建武中元二年(57年)、である。歴博の今村峰雄氏に、報告した。


九州と夜須の、始まりに、出ていて、浙江省会稽の夏王朝の、禹王により、都の名が会稽の安邑から、夜須と名付けた。
この時禹王により九州が、行われ、それを、日本の九州と、つけられた。
禹王七代無予が、天神七代に当たり、日本の元祖となる。日本の紀元前はこの越国の王「天皇氏」からなっている。立証は児島宮歴史研究室 しか、伝わっていない。 日本の中国の関係はここにある。
この天皇氏は日本のすべての天皇とは、別となっているが、象形が、立証は児島宮歴史研究室

明治以降の天皇とされているのは日本の天皇とは、無関係で、系図は、捏造されている。
十六葉菊紋は、中国ては、使われていなかった、日本の同形と、相似しているのは
貝原益軒の菜根譚箱である。


『後漢書』東夷列傳第七十五. 建武中元二年(57年)、倭奴国は貢物を奉じて朝賀した。使人は自ら大夫と称した。

日本の(57年)、は倭の奴国王が後漢に入貢し、光武帝より「漢委奴国王」の印綬を下賜される(後漢書東夷伝)
大夫(たいふ/だいぶ/たゆう)とは、ほんらい古代中国における身分呼称のひとつ。日本では太夫(たゆう)とも表記し、人物の呼称として色々な意味を持つようになった。児島宮著作(現段階では、児島宮だけしか、立証されていない)

安寧天皇、 孝昭天皇か(57年)

卑弥呼は(57年)この後130後生まれる、神宮皇后也
中国夏王朝越人、における大夫[編集]. 大夫とは、中国の周代から春秋戦国時代にかけての身分を表す言葉で、領地を持った貴族のことであった。大夫は卿の下、士の上に位した。

神武天皇76年3月11日に父天皇が崩御した際、朝政の経験に長けていた庶兄の手研耳命(たぎしみみのみこと)は、皇位に就くため弟の神八井耳命・神渟名川耳尊を害そうとした。己卯年[3]11月、この陰謀を知った神八井耳・神渟名川耳兄弟は、神武天皇の山陵を築造し終えると、弓部稚彦に弓を、倭鍛部の天津真浦に鏃を、矢部に箭を作らせた。そして片丘(奈良県北葛城郡王寺町・香芝町・上牧町付近か[4])の大室に臥せっていた手研耳を襲い、これを討った。この際、神八井耳は手足が震えて矢を射ることができず、代わりに神渟名川耳が射て殺したという。神八井耳はこの失態を深く恥じたため、神渟名川耳が皇位に就き、神八井耳は天皇を助けて神祇を掌ることとなった[4][2]。

倭人は自ら大夫と称した http://www.rak1.jp/one/user/yasukuhu/dialy1.html
翌年(神武崩御の4年後;綏靖天皇元年)1月8日に即位し、宮を葛城高丘宮に遷した。その後、綏靖天皇33年5月10日に在位33年にして崩御した。時に『日本書紀』では84歳、『古事記』では45歳という[2]。安寧天皇元年10月11日、遺骸は「桃花鳥田丘上陵」に葬られた。
 
 

祭りはお宮の神が、中心でなければ、祭とはならぬ

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 8月 9日(水)14時33分57秒
  祭りはお宮の神が、中心でなければ、祭とはならぬ。

近代のイベントは、祭とはならぬ !

近代は、おごり?たかぶり。
おごりとは平気でうそを吐くこと。

まつり事とは? 学ぼう
祭りと祀りとまつりごと(政りごと)の違いについて
本居宣長は古事記伝に、「祭事(まつりごと)と政事(まつりごと)とは同語で、その語源は奉仕事(まつりごと)から来たのであろう。天皇に仕え奉ることを服従(まつろう)と言い、神に仕えることを祭りと言うも、本は同じである。」

祀り

神(かみ)・尊(みこと)に祈ること、またはその儀式を指すもの。

「奉り」は、奉る(たてまつる)とも読み、献上や召し上げる

孔子がこたえていうには、
「政は正という意味である。

論語の第2章「為政第二」の第1、「政を為すに徳を以ってす」の解説をしています。

子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之。

子曰く、「政(まつりごと)を為すは徳を以ってす。譬(たと)えば北辰の其の所に居りて、衆星の之を共(むか)ふが如し。」と



口語訳(現代語訳)


先生はおっしゃいました。「徳を用いて政治を行うとする。それは、北極星を中心としてその周りを星がめぐるようなものである。」と。

古代人も同じで子曰く、「政(まつりごと)を為すは徳を以ってす。譬(たと)えば北辰の其の所に居りて、衆星の之を共(むか)ふが如し。」と



口語訳(現代語訳)


徳を用いて政治を行うとする。それは、北極星を中心としてその周りを星がめぐるようなものである。」と。
、『人』・・・つまり自分自身を表に出して『為』が『偽』になり『偽政者』と、なってもらっては困るのです。
 

八尾狐

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 7月21日(金)10時31分47秒
編集済
  狐は年をとると尻尾が9つに分かれ人間の言葉を話すようになる!
狐は年経ると尻尾が分かれ、最終的には9つななると言われてます(善悪不問)。
八尾羅宮 | 日本第一熊野神社

中国の神話上の生き物、 戦国の成文化の時代の山と海 。  「単経」は言う:「Qingqiu山、動物の行動はそのキツネと9のように、あります」で古代の夏の家族がされ太夫は、神秘的なイメージを伴うの女性の家族Tushanの神話を、結婚しています9ホッキョクギツネ。 また、フォックスの伝説

最終的に核分裂9尾になるために、。 とき9尾を持つ狐、不滅があるでしょう。

魔術の信念をトーテム、私はフォックスは、邪悪な魔法を持っていると信じています。https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-CN&u=http://www.qulishi.com/news/201411/20665.html&prev=search

夏の家族は神秘的なイメージを伴うの古代神話のTuゆう既婚女性の家族であり、9ホッキョクギツネです。 よると、 ハン・ザオイェジン、「呉越の史料がない残りの部外者

ここに、日本との関係が見えましたね、狩野探幽の母は、佐久間信盛の娘だからこそ、フカンサイの妹だからこそ、フカンサイ所持だった、茶器を、高額で買い戻し、取った、話が、あるのです。

又、一番下の弟の狩野安信が、佐久間甚九郎信栄の、息子の黒田秋月の助九郎長興公の、掛け軸が、秋月郷土館に展示されていた。
長興公の息子、長重の鎧には、十六葉菊紋が、描かれて、その関係児島宮頼任親王の繋がりを表している。

「黒田長興一世之記」に島原の乱の直接的なきっかけとなった松倉勝家の暴虐な振る舞いの記録がある。

犬万(夭折)、長重(次男)、彦子(藤堂高通正室)、さん(小笠原長祐正室)、娘(小笠原真方正室)、勝子(三奈木黒田一貫室、黒田長貞の祖母)

黒田 長重(くろだ ながしげ、1659年4月26日(万治2年3月5日)- 1710年12月19日(宝永7年10月29日))は、筑前国秋月藩の第2代藩主。

初代藩主・黒田長興の次男。母は佐竹義隆の娘・法流院。正室は黒田光之の娘・勝真院(富貴子)。子は黒田長軌(長男)。官位は従五位下。甲斐守。奏者番。幼名は千之助。

江戸にて生まれた。寛文5年(1665年)、父の死去により家督を継ぐ。秋月藩では長興の晩年からすでに財政窮乏化が始まっていた。このため長重は厳しい倹約令を出して藩札を発行し、京都や大坂の商人に対して借金返済の停止を行い、上米制度を実施するなどの藩政改革を行った。また、家老制度も確立している。元禄5年には外様大名でありながら奏者番となった。宝永7年(1710年)10月29日、52歳で秋月において死去し、跡を長男・長軌が継いだ。

黒田長興の子は、江戸の浅草寺、曹洞宗に、歴代が葬られている。
佐久間系図に、佐久間甚九郎ー助九郎長興ー長重となっている。

佐久間信栄(正勝)の次男・長興(助九郎)の子孫を称するが、『寛政重修諸家譜』には信栄の子として長興なる人物は記録されていない[9]。

長嗣系佐久間氏  http://kodaisijiten.web.fc2.com/36.html

江戸の浅草寺の由来 http://asakusa-life.com/%E8%A6%B3%E5%85%89/%E6%B5%85%E8%8D%89%E5%AF%BA/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%83%BB%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%81%A9.html

歴史[編集]

628年推古天皇の時代、この土地の漁師、檜前浜成・竹成兄弟が、隅田川で観音像を網で掬い上げ礼拝供養した。浅草寺一帯は太古の時代から浅草台地の微高台で現在の待乳山、弁天山、蔵前、鳥越神社付近などから陸地化が進み隅田川の河口近くで海の幸にも恵まれ官道も通り、やや高台でもあって災害からも避難しやすい土地だったため町の発展が早かった。「吾妻鏡」の1181年(養和元年)の条に浅草の名が見える。古くから浅草寺の門前町として栄えていた。また江戸湊や品川湊と並んで、武蔵国の代表的な港である浅草の港が、石浜(現在の台東区橋場)や今津(現在の台東区今戸町)にあったとされる。また、隅田川は江戸時代に境目が変更される以前は武蔵国と下総国の境目であり、中世後期には浅草から石浜にかけて境目の城である石浜城が築かれていた(ただし、荒川区南千住に所在地を比定する説もある)。

浅草寺の縁起. 画像:浅草寺の縁起. 時は飛鳥時代、推古天皇36年(628)3月18日の早朝、 檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)の兄弟が江戸浦(隅田川)に漁撈(ぎょろう)中、 はからずも一躰の観音さまのご尊像を感得(かんとく)した。

浅草寺の中に、佐久間信栄(正勝)男(助九郎)の子孫の歴代の墓が、飛鳥時代敏達天皇継承を表している。
浅草寺と佐久間信栄が関係なければ、墓所はなかったであろう。

九尾狐(きゅうびこ)九尾狐狸(きゅうびこり)とは、中国神話の生物。9本の尻尾をもつ狐の霊獣または妖怪である。
 

日本人はどこから来たのか 、日本の歴史と中国とも相関している

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 6月17日(土)13時37分18秒
編集済
  日本の歴史と中国とも相関している、これは福岡県朝倉郡夜須大木遺跡から、出土した、中国式の甕棺で、竹ヘラで、マツリが、中国とも相関している。西日本新聞でも、ニュースで取り上げられている。
中国では甕棺埋葬は、なかったので、朝鮮から渡来説に、日本人が、なっていたが、昨年大量な甕棺埋葬が、発見され、児島宮歴史研究室  が取り上げていた、河北省からの、渡来が証明された。河北省で110以上の甕棺墓見つかる写真  配信日時:2016年10月12日(水) 5時10分

河北省の郛堤城遺跡付近で、今年5月に初めて甕棺が埋葬された甕棺墓が見つかった。数カ月にわたる発掘調査を経て、現在まで113の甕棺墓が見つかっている。http://www.recordchina.co.jp/b152424-s10-c30.html

ここに、北九州の遺跡、の中、大木遺跡はじめ、吉野ケ里や佐賀地方の甕棺墓が相関している事が、判った。

河北省黄カ市で110基以上の甕棺墓が出土
http://japanese.china.org.cn/travel/txt/2016-10/11/content_39464386.htm


http://toychan.blog.jp/archives/49751452.html
甘粛、河南、直隷(おおむね現在の河北省)のみ
河北省 (ホーペイ)
河北省は、11の地級市(石家荘市、唐山市、秦皇島市、邯鄲市、邢台市、張家口市、承徳市、廊坊市、滄州市、保定市、衡水市)で構成される。省都は、石家荘(シーチヤチョワン)。

南部は河南省、山東省と境を接し、東部は渤海に臨んでいる。

河北の省名は、「*黄河」の北にあることに由来する。河北省の旧称「冀州」から、略称は「冀」。その位置が京師の周囲になっているので、京畿とも呼ばれている






 

「安の野」は今の福岡県朝倉郡夜須町のあたり

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 5月 4日(木)09時56分27秒
編集済
  飛鳥時代の夜須、は大伴旅人が夜須の野にて、詠んだ歌が万葉集に、載せている

この歌は民部卿に就任して大宰府から都へ帰っていく大弐丹比県守(だいにたぢひのあがたもり)に、大宰師の大伴旅人(おほとものたびと)が贈った一首。

君がため醸(か)みし待酒安(まちざけやす)の野に独(ひと)りや飲まむ友無(ともな)しに
して

「安の野」は今の福岡県朝倉郡夜須町のあたりで、大伴旅人はよくここで丹比県守と酒を酌み交わしたのでしょう。

安の野・・・今の福岡県朝倉郡夜須町(今は合併の結果筑前町)辺りのこと

奏言郡大領(夜須邑)大君とは天皇 | 日本人はどこから来たのか 児島宮 ...

夜須郡の確実た史料的初見は延長五年(927)に完成した『延喜式』であった。 巻十八の巻頭には長い題詞を持った歌群がある。 ..... 夜須の野に. 友なしにして. (巻四、. 五五五. 大伴旅人). これは、家持の父旅人が、大宰帥の時

奏言郡大領(夜須邑)大君とは天皇   http://6309.teacup.com/kobutu/bbs/644
おおきみ【大君】とは。意味や解説。1 天皇に対する敬称。2 親王・諸王、また皇女・女王に対する敬称。
大君とは?歴史民俗用語。 〔「おおぎみ」とも〕 ① 天皇を敬っていう語。

http://blog.goo.ne.jp/peaceorange/e/e170e256761d7b1eb8f5bee23ddc3454

夜須町篠隈の書家 前崎文子氏筆による。


住所  / 福岡県筑前町篠隈339-







 

朝倉郡夜須が華夏族の土地と、古代中国の隋の煬帝の使者裴世清の記録あり、日本の始まりが、夜須にあった

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 4月14日(金)17時21分33秒
編集済
  日本の始まりが、夜須にあった、夜須の名は福建省?山の平山の、華夏族越王の、治城は、劉邦の時、建てられた、無渚の宮殿で、二年前に、発見されている。
http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/750
天皇は日本の天皇だと、思っていたが、二年前中国福建省?山平山の治城が、地下鉄工事で発見され、話題となっている。日本の皆様には、中国福建省とは何の関係もないと、思っているが、それは、千葉の歴博や日本考古学協会や教育委員会が、妄想に浸っている為、で、国民が知らないのも、仕方のない事。だが、日本の教科書は、教育委員会が、妄想に浸っている為、真実には、いたって、いません。

だが天皇は日本の天皇、だけでは、なかったのです。

ここで天皇の起こりについて、述べなくては、ならなくなりました。

天皇は日本が起こりでは、なかったというのは、

2013末に、中国福建省?山平山の地下鉄工事が始まりました、そうしている中、伝わっていた、呉城の近くで、ビン越の創始者が漢の劉邦を助けて、秦の百姓一揆を助け、楚の項羽が劉邦を追い詰めた時に、劉邦を助けて、越王無渚は、劉邦から認められ、て、治城を創建したのだと、されています。
http://kyusai.jugem.jp/?cid=115
神武天皇の宮殿の瓦と、出土瓦当 ?皇室?用

中国浙江省2013年~2014年にシャン地下鉄平山駅の古代越国治城宮殿遺跡が見つかりました。治城は夏王朝の後裔七代無予の後裔越王勾践の後裔無渚が漢の劉邦を助けて、建てたという。
治城無渚の子孫が武夷宮の丑王である。この丑王が漢の劉邦の子孫武帝の時、攻められて、武夷の住民十万人が姿を消したとされている。
この住民十万人が筑紫や北部九州に、移ってきたのは、児島宮考古学研究室の調査で、インターネットで、公表していた。http://www2.ezbbs.net/cgi/reply?id=kojima&dd=22&re=835
雲巻瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明した

2016/1/21

てんのうとは、何なのか?児島宮考古学が、日本の、てんのうの、あしがかりを、解明した。
日本の国の神武の父の名が、判らずになっていた、それはウガヤ王としただけで、何の事やら、解明には至らなかった。

それがふとしたことから、
ヤオオクで日本古刹とした軒丸瓦当てが、出品され、古代というのは、判るが、それくらいで、落札してから、調査に、かかり、インターネットで、いろいろ検索しているうちに、中国の半軒丸瓦当て、平瓦に付けていたと書いてあった。紀元前以前600年~200年は、平瓦に付けていたとある。
漢時代紀元前以前劉邦を助けた、越王無渚が、ビン百越となってからは、軒丸瓦当が、てんのうの、標示として、宮殿に始まったとあった。http://kouhoka.exblog.jp/25208445/


神武天皇の宮殿の証拠が、奈良の唐古鍵、のある田原から、出土していた宮殿の瓦当、と、神武天皇の父である、ウガヤの居た、武夷宮博物館、に展示してある、宮殿の瓦当が一致しました。
さらに、浙江省の呉城の近くの、漢の劉邦を助けた、越王無渚が築いた、屏山の治城が、2013年11月より、始まった地下鉄工事により、治城が、見つかり調査が行われ、無渚が築いた宮殿の瓦当てが、出土している事が、判り、武夷宮博物館の瓦当と、奈良の唐古鍵の天皇瓦当とが、一致して、解明不能とされていた、古代年代が、歴博の今村峰雄氏に、児島宮考古学研究室が、伝えていた、年代が、一致していたと、児島宮考古学研究室が、、公開しました。

奈良の唐古鍵では土器に線刻されていた、宮殿、雲が中国では天皇専用の模様とされていた事から、
唐古鍵では土器に線刻建物が、天皇祖の神武天皇の宮殿で、ある事が確認されました。
マスコミは、政府に黙殺されているのだろう、これは考古学の不名誉な出来事、であった。http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/nihonnolakisi_topic_pr_143.html

煬帝(ようだい、ようてい)は、隋朝の第2代皇帝(在位:604年8月21日 - 618年4月11日)。煬帝は唐王朝による追謚である。中国史を代表する君といわれる。
皇帝煬帝は、この国書に対して激怒したと、だが遣隋使を罰することなく裴世清を国使として日本に派遣しています。それが筑紫の夜須に、裴世清を国使として日本に派遣しています。来ていた夜須に。この地は華夏族の土地と記録されている。

隋は2代38年の短命な王朝であったが、後漢末の黄巾の乱より数えれば4百年に及んだ南北分裂の中国を再統一するという大事業を成し遂げた王朝である。
裴 世清(はい せいせい、生没年不詳)は、7世紀前半に、中国王朝隋の煬帝による命令で俀國(倭国)を訪れた使者。

『隋書』によれば、俀王多利思北孤は大業3年(607年)に第2回遣隋使を派遣した。煬帝はその国書に立腹したが、翌大業4年(608年)、文林郎である裴清(世については太宗(唐朝の二代目皇帝李世民)の諱世民のため避諱された)をその答礼使として派遣した。大海の都斯麻國(対馬)、東に一支國(一支国)、竹斯國(筑紫)、そして東に進み、秦王國(辰王国?)に着いたという。そこの人々は華夏人(中国人)と同じで、蛮族と言われるのは理解出来ないとしている。竹斯國から東はすべて俀であるという。俀王は小徳(冠位十二階の位)阿輩臺が数百人で迎え、10日後に大礼の哥多が200騎で警護した。王と会った清は王の歓迎のことばに皇帝の命を伝えた。その後清は使者とともに帰国した。
裴世清、筑紫に滞在する―隋書倭国伝の世界― 589年、長らく南北に分裂していた中国大陸が隋(ずい)によって統一されます。百済(くだら)と新羅(しらぎ)は素早くこれに対応し、隋に献使している。







 

日本人はどこから来たのか 児島宮考古学研究室

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 3月 6日(月)17時56分45秒
編集済
  相似している事が手掛かりと、なっている事を、児島宮歴史研究室が解明しました。

やす、という地名は、福建省会稽安邑の夏王朝の都、が十五代続いているが、桀王の時殷に攻め入られ、終わりとなるが、華夏は、ほろんではいない?それは夏王朝、神の国天神七代の越国初代無予が、紀元前の初代と、なって、ビン越王無渚の末、丑王の時、
漢の武帝に、攻められ、筑紫の夜須を都とした。
これが日本の始まりとなった。

日本とは二つの基、越国、越人と周人(倭人と呼ばれる呉)で知れるが、その七国の楚人、との縁組によって、日本と開国したのである。

http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

上の文字数字は、
神社は誰が何の為に? 夜須では古代遺跡、鳥巣窯で作られた灰色硬質土器の首に、文字がつけられたのが、
太一之 夏后祭器だった。? 治秋時代の越人の墳墓から出土していた、ばつ、標


夏后祭器がどうして、調査により、出土したのかは、?印と同じ、夏后祭器であったと言うこと。
http://6302.teacup.com/kodaigiten/bbs  神社は誰が何の為に?

中の写真は、ビン越王無渚の治城 劉邦を助けた時に建てたという。

下の写真は、ビン越王無渚の城の軒丸瓦の平山天皇模様 この写真は岡山の賀陽氏の模様と相似している。

夏后祭器 とは夏王朝のこと。 これだけ詳しく解説したのは、児島宮歴史研究室著作
http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

夏昭君主は、天と地の四隅崇拝する壮大な式典を開催神々貴族の宝石を 。 彼らはドラゴンキュッ、朱雀張、ある白い獣胡、 玄武岩黄の、黄林コングと濃い緑色のヒスイのドラゴンの。 名前と色から判断するだけでなく、彼らは今度は東、南、西、北、使用日数を犠牲にするために使用されていることを知るために。 しかし、言ってきた4神聖な5要素がある、儀式の船の後に、この夏を使用することで、中国のヒスイ文化は述べています。

??夏后祭器共六件,是昔日夏朝君主?行封禅天地?式?,用来祭祀天与地,?南西北四方神祗之尊?宝器。它?分?是青?之圭,朱雀之璋,白?之琥,玄武之璜,黄麟之琮以及?螭之璧。从名字和?色来判断,也知道它?依次是用来祭?,南,西,北,地,天之用。不?,五行?有四方圣?都??了,?次是借夏后祭器来??中国的玉文化。



 

華夏の平山から渡来した、越王が天皇

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 2月23日(木)13時43分5秒
編集済
  華夏とは日本では聞きなれない言葉で、ですが日本人は、どこからやって来たのかに、知るには、特に重要である。
日本人は朝鮮半島やら、渡ってきたとしている、教育委員会はじめとして、歴博、全大学、にあっても、考古学協会では、日本の始まりには関係がないとされている。

このような、ありもしない出来事、日本人は朝鮮半島渡来説で、本当の日本の歴史は、駄目になっている。これではいくら研究しても、永久に、解明は出来ないでしょう。

日本史の中で、わすがですが、「記紀」「隋書倭国伝」の中に、日本の地名と相似している部分があり、それが福岡県朝倉郡夜須に、ついての、「万葉集」の大伴家持や旅人、に照らし合わせて、見ると、
この時期の隋の王と敏達平山天皇の祖先はウガヤ尊事平山大王、や舒明天皇も、みな平山天皇?となっているが、三年前に、ようやく、この天皇とは平山である事が、判りました。
この他に、城の軒丸瓦に、日本の奈良田原の神武天皇と相似が出来て、解明する事が出来たのです。

これらは?もちろん、、「記紀」「隋書倭国伝」を、知らなければ、解明する事は出来ないでしょう。
すべて読んでからで、無くては、解明は、出来ないのです。
これらの中の、
それが福岡県朝倉郡夜須に、ついての、「万葉集」の大伴家持や旅人、に照らし合わせて、見る。
ここでは、筑紫の住民について、福建省の華夏と、筑紫の住民は華夏民と、証明しているのが、初めて日本の地名の起こりが、相似している事が手掛かりと、なっている事を、児島宮歴史研究室が解明しました。
筑紫には華夏人の国としている、東は倭人としている。


ここで、ようやく天孫降臨が、夜須にある事が、判ります、それらはすべて一致しているのです。
いざなぎ命いざなみ命も解明出来ています、それらは、、、「記紀」の記す通りです。
福州地?屏山站考古?掘50天出土千件










 

日本の天神とは、道真公ではなく、神国の始まりを意味していた華夏の平山から渡来した、越王が天皇なのです

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2017年 1月19日(木)12時43分27秒
編集済
  日本の天神とは、道真公ではなく、神国の始まりを意味していた。華夏の平山から渡来した越王が天皇天神なのです。

中国では越王の祖について、こう、
書かれています。
華夏の平山から渡来した越王が天皇天神なのです。
華夏の平山の越王祖無予について、
越王祖無予は天神七代と、あります。
その説明に、
天神七代とは、夏王朝の事で、禹
に始まり、中国の元祖だと、うやまれています。
この夏王朝の事で、禹の裔の七代が、越王の元祖という事です。
日本の紀元前について、この
天神七代とは、夏王朝の事で、禹
に始まり、中国の元祖だと、うやまれています。
この夏王朝の事で、禹の裔の七代が、越王の元祖という。
ここに日本の天皇の末裔が、天神天皇という事になっています。
日本が開花して、紀元前何千年とは、禹の裔の七代が、越王の元祖という。


今の日本は間違った天神様が菅原道真公だと、している? だが道真公は菅原氏の養子になった、だけで、天神とは言いません。

道真公の先祖は福岡県朝倉郡夜須奏言郡に居たと、文徳記録に、描かれている。
大宰府政庁の出先官営館に、任じられていた。
このころの墨書き荷札の木簡にも、前田臣とあり、米を納めていたのが記録されていた。
道真公が天神様に召されたとも、いう記録は、残っていません。

学問の神とされているのも、菅原氏の事で、養子に入られて、初めて天皇のご前へ、上がられたのでしょう。
これから初めて、菅原氏が、文部官であった事がうかがえます。

ここでは天神とは天皇(八尾)の呼び名の事で、天満とも呼び、御宮が全国に建てられています。だが、天神は道真公の事ではありません。
すっかり今では、天神は道真の呼び名だと、なっているのは、神を冒涜する事になります。
神とは平山天皇しか、言われないのです。
偽証は、良くない事です、又平山天皇でも、ないのに、天皇と名乗っているのも、罪悪でしかないでしょう。

天皇即位も、勝手に神々を冒涜している事になり、国民が、訂正しなければ神々に逆走する事になるのてず。


上から
中華の禹祭りです、日本の祭りも、同じです。
中は禹の碑です。
下は、福建省屏山のビン越王無渚の平山の治城の2013/11月の発掘です。

越王無渚の子が越王八尾王の丑王が日本のウガヤ王です。漢の武帝頃まで
漢の武帝の記録に、武夷城村の十万人が、この地からいなくなったと、記録している。




 

呆れた、天皇の祖先は北朝鮮と、している宮内庁は、やはり日本人では、無い

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年12月 5日(月)17時09分26秒
編集済
  呆れた、天皇の祖先は北朝鮮と、している宮内庁は、やはり日本人では、無い。
これは日本国家、および国民、日本人さえ、欺いている。
ここに今の日本が? 他民族の流入により、本当の日本が見えていないようです。
いいたくはなかったが、あまりにも強引な、同庁が管理する神武天皇陵等とは、言えたものであろうか?
日本の天皇になったかのような、明治以降の動向には、このまま許しては、真実が、消えてしまうと、大変な事になってしまう、ただでは、すまされなく、なって、国民に真相を明かしている。

憲法の世の中なのに、他国人北朝鮮が、日本の天皇等と偽装時代は、終わらせなくては、馬鹿馬鹿しい事になっています。

このような、下劣な、報道には、真実が何一つ見えていない。偽装の皇室を暴く。
宮内庁は13日、皇太子ご一家が21日に同庁が管理する神武天皇陵(奈良県橿原市)を参拝されると発表した。学習院女子中等科3年の愛子さまの参拝は初めて。? 必要ないのですこんなことは辞めてほしい。
http://tokumei10.blogspot.jp/2016/07/blog-post_61.html  偽装の虚言が出ています。https://plus.google.com/104856784629413131931/posts/NZ7g4RwkbxD
皇室は日本人血統ではない、在日韓国北朝鮮人なのに、平気で嘘を吐き、欺いている。 天皇の血統と始まりは、日本神話の時代にまで遡ります。 天皇家と神社は密接な関係にあり、伊勢神宮など、皇族と関わりの深い神社です。たが在日韓国北朝鮮人は日本天皇の血統ではありません


他国人北朝鮮人が、それも山口県多布施の朝鮮人が、天皇でいられるのも、国民が、偽装の時代が、判らずに、今日まで、隠し通して、居た事に目をつぶっては、先祖の、名折れにも、なっています。

国民の皆さんは、目をつぶる気ですか?
今まで、掲示板で、日本の天皇の歴しの真相を取り上げて、いたのも、皆さんに説明を、しなくてはの、想いからでした。
今のように、他国人北朝鮮人が、偽装の繰り返しで、直そうとは、していなかったので、
色々と、天皇の前御座所及び、御陵まで、子孫だとか、偽装して、日本そのものまで、偽装している、有様です。心が痛まないのが、これで、はっきりしています、心根は、ほとんど、見られていません。

京都の大覚寺の紫宸殿の中にも、在日韓国北朝鮮人、明治天皇の位牌、大正天皇の位牌、昭和天皇の位牌が、置かれていたのには、児島宮家として、衝撃の一瞬でした、即、市役所の担当に、撤去を求めたも、府庁教学課、の担当にも、説明し、撤去を、願うも、ある解決に、、、任せると。
とこんな具合の現実に、あまりにも、悪意の皇室、宮内省の面々は、トップが、在日韓国北朝鮮人で、仕切られて、いたことが判明。
そればかりか、国会議員から、公務員のトップまで、工作員が潜入している事が、判明、今の日本には憲法、法律等、正常に反映していない事が、判るも、これを。
正常な日本人の国家と社会に、戻すには、
日本人以外の、在日韓国北朝鮮人の内政関与について、厳しく、撤去するしか、日本は日本人は、正常には、戻らない、ならないと、報告する。姒、八尾羅甚九郎

 

神武イワレヒコの足跡が、百間川遺跡で、出土品により、天神地名にも、朝倉夜須との相似が見えた

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年11月 7日(月)19時02分24秒
編集済
  神武イワレヒコの足跡が、百間川遺跡で、出土品により、鬼神、天神地名にも、朝倉夜須との相似が見えたと、児島宮歴史研究室が、岡山市網濱町の埋蔵文化財に、出向し、確認した。
展示物では、ほとんどが、福建省江南地方の、古代越人の生活用具で、朝倉夜須を中心とした、北部九州遺跡出土品と、相似していた。

資料では「記紀」の中に記載してある、イワレヒコの集団は、北部九州の住民が、移動して、次に、岡山の高島に、兵の軍備を、三年間に、整えて、いると記録している。
食料は、稲作を、開始するのが、、百間川遺跡一体である事は、水が、重要であるから、天神の地名は鬼神から祭祀の土器が、龍窯で、焼かれた土器が、百間川遺跡一体に、見え、この地域が中心となっていたのだろう。

イワレヒコが、東征を開始したのが紀元前五十年前と、いい、岡山の国生みが、行われたのが、「記紀」では、高島に上がりとあり三年の間、紀元前四十七年間に、兵と軍備用品を、収獲したと、集団は、岡山一体の中心は、イワレヒコの天神祭祀から、焼かれた土器が、百間川遺跡一体に、見え、この地域が中心となっていたのだろう。

ここで、百間川遺跡一体から、住民が移動するときに、朝倉夜須にも、環濠の中に、廃棄する習性があり、壱岐遺跡にも見えるように、埋める習性が見えている。
祭祀の為の工房は、三年間で収束している。

岡山からイワレヒコが、軍備を整え、立ち去った事により、遺跡は、三年間で収束している。

岡山で、祭祀の為の龍窯は、立ち去った事により、用途は、なくなっているが、
食料の確保の稲作には、祭祀は欠かせなかったのが、百間川遺跡一体に、見え、これだけの、用具を造るのに、原料の土は、何処から、用いたのか?それには夜須の三並の鳥巣窯や小隈窯の場所に、残るのは、土取りの跡の、池が生じている?

ここで大阪吹田の陶邑に五世紀後半に、朝鮮陶工のトライしてから、全国にもたらされたという説は、空想に過ぎない。
大阪吹田の陶邑に五世紀後半に、朝鮮陶工が、天皇祭祀に関わる事は、無いであろう。
この頃は隋と日本の遣唐使が行き交っているが、天皇祭祀に関わってという記録は見えないので、収束している。記紀の中にも、この時期、天皇祭祀に関わってという記録は見えていない。

天皇祭祀とは何か?それは「禹祭」であった。


天皇祭祀には「琴」が、岡山市網濱町の埋蔵文化財蔵 画像

古代祭祀の琴
『古事記』 『日本書紀』 『風土記』 『万葉集』 といった文学作品を中心に日本古代の 「琴」

 

甚九郎稲荷 岡山市北区天神町9-41(ジンクロウイナリ)鳳凰が、やどる天王がやどるの由来。国家的類

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2016年10月29日(土)14時25分48秒
編集済
  岡山市 甚九郎稲荷 由緒
 当社は、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察中、多数の暴漢に襲われ危機に陥った際、天から霊光が燦然と輝き、白狐の声が轟いたため暴漢等はその場にひれ伏したので、甚九郎は九死に一生を得て脱出することができた。
 町民はこの白狐は当地にあった稲荷神社の神であろうというようになり、それ以来甚九郎稲荷として大切に祀って来た。
 以来、この上之町に異変が起こるときは前もって白狐が鳴き、異変を町民に知らせるという。

「児島系譜帳」 児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー近衛中将助安(嘉吉頃)ー甚九郎朝次弥平次ー信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成(平山)児島宮系

佐久間信盛の城、滋賀城には、鳳凰灯篭が残っている、鳳凰は子の甚九郎正勝が訪れて、宇喜多秀家を助けんとした時、防寒に襲われ、吉兆の狐が泣いたので、族は逃げたという、神社が岡山天神にも、由緒となった、甚九郎稲荷が、あった。

吉兆の狐、八尾の狐に因んだ、神社が岡山倉敷林の熊野神社にも池田公寄進の八尾羅稲荷があった。このように日本の稲荷は共通した、八尾王の越王ウガヤフキアエズに、よるものと見る。


国家的類とは、
中国には、「禹祭」が、国家を挙げて行われている、これが稲荷の力となっている?赤色こそ、建物にも赤色で補われているのが、神の赤色が見える。

赤色こそ、天王の、力の源であり、天王の力なくしては使用は、控えるのが賢明である。



 

養秀院殿狐寶を得給ふ事

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月14日(金)08時43分13秒
編集済
  宝物のキツネ=狐寶

寶狐?她不怕作法的僧道,還是失去了寶狐!

養秀院巻十 養秀院殿狐寶(初見寶狐之后)を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいた。宗祐(法名)とは 佐久間信盛
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

『稲葉民談記』
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

雪窓夜話抄巻下
   目  次
巻  九 養秀院殿狐寶を得給ふ事

宝物を作る得る

宝キツネの魔法、疑いの余地はないが、魔法は、ほとんどすべてのことを行うことができ、依然として非常に高い強度であります!」 岡山の佐久間甚九郎稲荷の由来がある。もろもろを、作り出す力の事。狐寶 「禹祭」甚九郎稲荷 岡山市北区天神町9-41(ジンクロウイナリ)鳳凰が、やどる天皇がやどるの由来。国家的類


甚九郎稲荷 由緒
 当社は、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察中、多数の暴漢に襲われ危機に陥った際、天から霊光が燦然と輝き、白狐の声が轟いたため暴漢等はその場にひれ伏したので、甚九郎は九死に一生を得て脱出することができた。
 町民はこの白狐は当地にあった稲荷神社の神であろうというようになり、それ以来甚九郎稲荷として大切に祀って来た。
 以来、この上之町に異変が起こるときは前もって白狐が鳴き、異変を町民に知らせるという。


因幡民談記とは? 『因幡民談記』(いなばみんだんき)は、江戸時代初期の1688年成立の地誌。
鳥取県の旧因幡国

江戸時代前期の古文書、「稲葉民談記(いなばみんだんき)」「因幡誌(いなばし)」に記載され、熊野薬師、熊野三山信仰の遺跡として知られてきました。 遺跡は、古墳時代ごろに積石塔(墳墓)が造られたことに始まると考えられます

稲葉国造は、高草・法美・邑美郡のいずれかを支配する首長(稲葉の. 地名から ... 因幡の国府は法美郡稲葉郷(国府町中郷)に置かれ、周辺にはのち国. |. 分寺も創建され .... 城の始まりは明らかでないが「因幡民談記」によると「天文十四年(1545)年、因幡守護.

伯耆国(ほうきのくに)「伯耆民談記」(江戸時代)の地誌より 海から白い亀が ... 米子市、淀江町、大山町の一部 下記の6郷が記されている。


雪窓夜話抄」巻七に「伯州のタウベウ狐の事」と題して、下の如き記事が載せてある。


稲荷信仰に伴う狐の崇拝は、?吉尼の乗っている動物と類似している所から、両者の関係を密接ならしめ、その結果として、僧空海と稲荷神と面談したなどと云う俗説まで生れたが、兎に角、両者の歩み寄りが、狐を一段の霊物とし、稲荷神を?吉尼化したことは、やや明白に看取されるのである


 

前田種利の娘は、佐久間信盛にとついで、佐久間正勝と狩野孝信妻、を生んでいる

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月 1日(土)20時35分44秒
編集済
  前田氏の系
【菅原】古人─清公─是善─道真で系図は出来ているが、是善の養子として、前田道真は、はじまるから、後胤の、梅紋は、前田姓を名乗った。
「前田氏の祖は前田臣」で、福岡県朝倉郡夜須【古代では、筑前国奏言郡大領、を治めていた、

斎藤とは斎宮頭の藤原氏より採った組織名の斎藤
済(わたり)の神は海洋民の守護神であり、神武東征以前の渡来人の奉祭神である。
(藤原利仁後裔)【斎藤】頼基──基康──基重──基成──基高──基永──玄基─忠親─忠章─忠光─仲光─仲利─【前田】種利─女

尾張国愛知郡山崎(現在の名古屋市南区)に生まれ、若い頃から織田信秀に仕えた。後に幼少の織田信長に重臣としてつけられ、信秀死後の家督相続問題でも一貫して信長に与し、信長の弟・信時を守山城に置く際に城主だった信長の叔父・織田信次の家臣・角田新五らを寝返らせ、信長の弟・信行の謀反の際も稲生の戦いで信長方の武将として戦った。


正室:(父:下之一色村城主 前田種利)
戒名 洞無桂巌、宗祐(法名)
墓所 京都紫野大徳寺高東院、奈良県十津川村武蔵

妻 前田種利の娘
子 信栄、某(兵衛介)、信実
安見右近大夫妻、福島正頼室
佐々氏妻

信長は1580年に、突然、佐久間信盛・林通勝・安藤守就を追放しました

織田家重臣の佐久間信盛(父盛次の従兄弟)や、桶狭間の戦いで玉砕した佐久間盛重(叔父、舅)らを輩出した。

織田信長公三十六功臣 - 建勲神社
佐久間 信盛 | 佐久間 盛政 | 佐々 成政 | 柴田 勝家 |

前田仲利の長男である与十郎種利が下ノ一色城を、次男の主膳正利成が荒子城を支配し、種利の嫡男甚七郎長種は前田城、次男八は蟹江城に入り

蟹江城を守っていたのは、佐久間信盛の子佐久間信栄である。折りしも ... 前田長定は秀吉方として北陸で戦っている前田利家の本家にあたり、かつ嫡子長種の妻は利家の子幸姫であった。

狩野孝信妻、
狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日(1602年3月7日) - 延宝2年10月7日(1674年11月4日))は、江戸時代初期の狩野派の絵師。狩野孝信の子。法号は探幽斎、諱は守信。早熟の天才肌の絵師、と評される。

狩野 安信(かのう やすのぶ、慶長18年12月1日(1614年1月10日) - 貞享2年9月4日(1685年10月1日))は江戸時代の狩野派の絵師である。幼名は四郎二郎・源四郎、号は永真・牧心斎。狩野孝信の三男で、狩野探幽、狩野尚信の弟。狩野宗家の中橋狩野

佐々氏は尾張春日井郡比良城(現在の名古屋市西区)に拠った土豪。宇多源氏佐々木氏の一族という

佐々成宗(盛政)の子兄佐々清蔵 弟佐々成政

佐々清蔵娘佐々輝子(号は岳星院)の母について
佐々成政の正室・慈光院は輝子の母ではないでしょうか。

佐々輝子(号は岳星院)の母は佐久間信盛の女とあるだけです。
寛永系譜帳に、記す、
信盛の女佐々氏とあります。




佐々成政の正室・慈光院(村井貞勝の娘)

佐々輝子の母は

児島宮家と児島高徳は、おなじで、児島高徳について、佐久間家と佐々(盛政)家はどちらも、
同系でして、尾張生愛知です。
佐久間家は、佐々木一門に列しています。
佐々木一門は何、流にも分かれていて、
その一流、が佐々木盛宗という人で、備後の児島盛宗といいます。
児島盛宗流が婿養子盛綱、が承久で戦死し、和田義盛の女の嫁ぎ先、逸見冠者の子定心が、佐久間盛綱の流の婿養子に入ったのに、流れる。

鷹司信房の継室岳星院の父は佐々清蔵といいまして、佐々成政の兄です。
ウイキペテイヤは、他人?が捏造されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E8%BC%9D%E5%AD%90
理由佐々清蔵NO?

佐久間家と佐々(盛政)

信房の生母は、父二条晴良の正室の位子女王(父は伏見宮貞敦親王)。
佐々輝子の母は、今までの、佐々成政の妻ではなかった。

村井貞勝の娘慈光院(佐々成政室)、娘(前田玄以室) 佐々 政次(さっさ まさつぐ)の子
佐々清蔵が死亡したので、前田玄以は、佐々成政に佐々清蔵子を、預けた、としたのが
? 『ウィキペディア(Wikipedia)佐々成政』に、嫁いだと述べているのは、改竄である。

佐々清蔵娘佐々輝子です。

佐久間信盛の次女で、輝子の母 長女養秀院は狩野孝信に嫁ぐ。
養秀院(狩野孝信室)佐久間女嫁ぎ先

二条靖良の子に生まれ、信長の命により断絶していた鷹司家をつぎ再興、鷹司信房となる。


余語氏は『太平記』巻22佐々木信胤が比良(現名古屋市西区山田町)に屋敷 を給わり居住した。南北朝時代に、南朝方として戦った佐々木信胤(のぶたね)佐々木信胤とお妻の局が住んだという
備前国(現在の岡山県)児島には佐々木信胤(のぶたね)がおりました。佐々木氏は近江源氏の流れで、先祖の佐々木盛宗が源平合戦における藤戸の先渡の功によって備前国児島を賜り、そこに住む子孫が地名から飽浦(あくら)と名乗っていました。尊氏が反旗を翻した時、信胤は尊氏側につき、讃岐の細川定禅と共に京都攻めにも加わっています。
お妻の局は当時京都で三人のひとりにかぞえられるほどの美女だったそうです。師秋の恨みを受けて武家方にとどまることができなくなった信胤は南朝に転じました。

1335年、細川定禅の呼び掛けに呼応して佐々木信胤と河野通盛が歴史の表舞台に 登場。
佐々木信胤といわず、飽浦三郎左衛門尉信胤、といいます 小豆島

佐々木信胤、佐々木三郎左衛門、佐々木三郎左衛門尉信胤(ささきさぶろうさえもんの じょうのぶたね)とも。南朝方に寝返り小豆島に渡ったとされる。
「太平記・巻二二」の「佐々木信胤宮方に成る事」には次のように書いている。「信胤は 北朝方の将高師秋の愛人、菊亭殿(公卿
佐々木薩摩守信胤は、細川清氏を援けるため南朝に属し船団を率いて頼之の背後をついたが敗れ自刃して果てた。       (「太平記」の記述)
西園寺家)に仕える絶世の美女お才の局を恋慕して取り合いとなり、信胤はお才を伴って京を離れ、いったん領国児島の飽浦へ逃れたが、師秋の追及がきびしいため暦應三年(一三四〇)小豆島の福田へ隠れた。
佐々木信胤の祖は遡ると「宇多天皇」になる。

佐々木信胤は別名、飽浦三郎左ヱ門と言い、当時、京洛三美人の随 一とされたお才の局とのロマンスが『太平記』などに記されてもいる。


信栄(正勝)、某(兵衛介)、信実、女狩野孝信妻、女安見右近大夫妻、女福島正頼室、
女佐々清蔵妻

宇多源氏佐々木氏信栄( .... 勝里勝家子?庄左衛門茂左衛門仕織田信雄 東条忠吉. 娘は、 子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元 勝室)。


成宗ー政次ー清蔵ー 鷹司信房妻輝子(岳星院)信房との間に鷹司信尚、鷹司孝子(徳川家光正室)など7人 。

佐久間信盛墓所, 京都紫野大徳寺高東院、奈良県十津川村武蔵. 主君, 織田信秀→信長. 氏族, 佐久間氏. 父母, 父:佐久間信晴. 兄弟, 、信辰、僧明嶽. 妻, 前田種利の娘. 子, 信栄、某(兵衛介)、信実 ? 安見右近大夫妻、福島正頼室。

養秀院殿狐寶を得給ふ事狩野孝信 元亀二(1571)年11月25日~元和四(1618)年8月 30日 佐久間信盛女子養秀院を娶る。
http://jyuluck-do.com/gaka_meikan/kano-osanaga.html

☆養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ ... の
ながれと聞いております。 *我が家の先祖狩野養長は児島 高徳の絵を沢山描いています 。
http://www.geocities.jp/motoka_kano/japanese/family_tree.html

狩野と信盛が結ばれている、児島 高徳秘伝の、中国賢人は狩野派を代表する画題となった。
知らずして、狩野派無しといえよう。

今日本の歴史が途絶えているのは、ウイキペテイヤ歴史が改竄されているからであると、言えよう。

明治天皇は神武祖として、改竄しているとこんな具合である。
大覚寺紫震殿内に、明治天皇、大正天皇、昭和天皇の位牌がある?改竄しているとこんな具合である。

児島宮には、祖父文八宛に、狩野氏からのはがきもある。


養秀院巻十 養秀院殿狐寶を得給ふ事 「雪窓夜話抄巻下」 因伯叢書 上野忠親の雪窓夜話抄 鳥取県絵師狩野孝信に嫁いだ宗序ムの女娘がいた。宗祐(法名)とは 佐久間信盛
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

『稲葉民談記』
http://tottori.rojo.jp/monogatari/mindan.html

雪窓夜話抄巻下
   目  次
巻  九 養秀院殿狐寶を得給ふ事

十種神寶 togusa
天地が創造されるころ、草木がことばを話すことができたとき、天より降った
フツノオオカミ(普都大神)はアシハラノナカツクニを .... 高天原に神留り坐す 皇親神漏
岐神漏美の命以ちて 皇神等の鋳顕はし給ふ 十種の瑞宝を饒速日命に授け給ひ 天つ御祖神は言誨
高天原に神留り坐す 皇神等鋳顕給ふ

「狐寶を得給ふ」

狐宝を意味する。
宝刀は宝のありかを示すこと。
雪山飛狐のあらすじ: たくせんの中国世界

それはこの近くであること。 こう話しているうちに、いつしか、言葉も内容もごろつきに変わっていく。話の途中では何度も戦いなどがある。
中国人はみな概略は知っている、それで細かな説明はなくても意味が通じる。という

小説なら、雪山飛狐が先、飛狐外伝が後ですが、どちらを先にしても問題はありませんよ。
http://takusen.seesaa.net/article/106893813.html

「神寶」とは十種神宝

「狐」「宝づくし」得給ふ事

御夢の告有て大日経を得給ふ事
後嵯峨上皇、及び大宮院の御寵愛を得給ふこと

天娯楽を得給. ふべきと明らかに分別し給ふによつてなり。
漢土も大和も、 王公の国土を得給ふこと。

狩野孝信狩野永徳(信長、秀吉の絵師・法印)の次男。 たかのぶ=孝信 ... 孝信の長男です。 妻は信長の家臣佐々成政の姪娘(古画備考)は誤りであり佐久間信盛の娘佐久間信盛ー女子佐々氏妻 鷹司系へ 佐久間信盛ー女子狩野孝信妻

 

児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 9月 3日(土)15時53分21秒
編集済
  ともに一致しているのが?扶桑といいます。
日本人は、どこから来たのか ?中々わからないテーマ?
それはこちらで、特別に、指導しています。http://8244.teacup.com/fusyu/bbs
取り上げるととしたら、信長の時代、床の間が、始まります、同時に、掛け軸の江戸狩野派の、代表狩野探幽の、中国系統の、漢画の形態に転換した、儒教的精神が取り入れられたのである。

これが桃山文化といわれる。

徳川家康面前で、狩野孝信に連れられ、子探幽、ネズミ絵御筆す。
慶長十二年(1607)十月六日狩野孝信の次男として京都に生まる。
狩野孝信室は、佐久間信盛女で、妹は佐々に嫁いでいる。
大和絵と、
日末化せられた漢画の形態に転換した、儒教的精神が取り入れられたのである。それは、母の宮家による、ものでも江戸文化の中心となっている。
これにより床の間は、漢画を儒教する、床の間となった。
この漢画は江戸幕府の終末となり、明治以降、明治画壇により、漢画掛軸の用途、日本間は、次第に、西洋風画風へと、なり、現在は消滅に近い。
江戸狩野は、日本文化の、開会でもあったことになる。
戦国時代には、無かった、床の間様式は、探幽母の宮家の、児島宮家、佐久間信盛父子によって桃山文化の開花した時期と、云えよう。
これは誰も知らなかった日本文化の開花でも、あった。
ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
現代は日本文化が、西洋に、取り入れられた、となっている、これが解らずに、先祖に対し、近代化は恥ずべき、事態では、ないだほろうか?
現代人は、神の恩恵がなくなったから、文化恩恵の、日本消滅さえ、解らないのだろう。
戻そう日本の文化は、日本の象徴でもあった、事を忘れてはならない。
日本を知らずに、日本人は無い。

ここに貝合わせの、ように、日本とは、すべてが、一致文化、扶桑の国が、なければ、日本とは、ならないだろう。
憲法政治と日本人とは、別である。政治は戦国戦争時代で日本とは、別である。
日本を大切にしない、国会は、価値が無い。

何にも知らない現代人は、日本の意味も知らない?
邪馬台も日本の意味も知らない?

憲法は何も一致して、いません?何故憲法なのか、解らない現代?
遺跡調査は、破壊になるだけ、それは、元に戻らないから?
耶麻台の意味知らずに、日本は語れない?
宮崎鹿児島でもない、天孫降臨。
天皇は、日本では無い、それは天皇が一致していないと、言うこと。

天皇は日本でないというのは?

狩野孝信室は、佐久間信盛女? がなければ、日本文化は、無くなっている。
書き換えられた、すべての論文は、不正解である。
邪馬台国すら、書き換えられた、すべての論文は、不正解である。


 

天皇のことになります?平山王は天つまり神という事になります、ともに一致しているのか?扶桑といいます

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 8月17日(水)19時43分58秒
編集済
  日本が扶桑の国?
日本国の別称「)桑」の由来
天孫族、(夏后越人)扶桑と呼ばれていた。天の御中主神

越語竹枝(筑紫)越族がなづけた地名

越語竹枝
竹枝 人を絆(むす)ぶこと
深く女兒, 越の羅 萬丈なれど竹枝 表(おもて)の 長(たけ)は 尋(一ひろ)女兒。

竹枝の体製、或は七言絶句の詩の如く、或は平仄に拘らず、5)ヨウタイの絶句の如く、而して其の風骨は、地に係けて情を言ひ、質俚に繊巧を寓し、放蕩にして而も6)オンシャなるを尚ぶ、堂々たる風雅の作にあらずと雖、才子慧媛にあらざるよりは未だ必ずしも為し易からざるなり。(「楼船断橋」P178)

越(えつ)の羅(うすぎぬ)萬丈(ばんじょう)なれど
表(おもて)の長(たけ)は尋(一ひろ)

《越女剣》手中竹枝迎掬而出

夜唱竹枝後;夜になって竹枝の歌を歌ったあと。
天人竹枝

越波乱万丈(竹枝)高的竹枝、《竹枝歌》

ちくしは、越族がなづけた地名で、竹枝 人を絆(むす)ぶことの意味。

その地の歌にひかれて作った「竹枝詞」に始まる。
ちくしのひむかの、たちばなの詞。原初のこと。

ここで(竹枝)と(女児)は「和声」といって、定型の合いの手である。

日本のすべてとは何だろうか、それは日本全体の事でした。
日本は又扶桑ともされているが、扶桑とは、何の事なのでしょうか?
そもそも扶桑とは?日本のかりの姿でもあります。
日本の原点とは日本のすべてなのてすよ? あんまりよく判らないのですが?
今の現在の日本は、一致していません?すごろくの一致のように、あわないのです。
日本の原点とは日本のすべてを、割りやすくまとめて、教えていただきたいのです?

では日本とは?
「日本」の国号が成立する以前、日本列島には、中国の王朝から「倭国」・「ちくし」「ふそう」と称される国家ないし民族があった。「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)」(『日本書紀』神代)というのがありますが、解明はされていません。では、こじまぐう、から、聞くところによると、宇宙は天空ひらやま(豊葦原)ともいい、地球瑞穂国、つまり水のある国の事。その中で
ちくし国があるという。隋書つまり敏達天皇の頃にヒラヤマ王とされていたのが、この敏達天皇のことになります?平山王は天つまり神という事になります、ともに一致しているのか?扶桑といいます。
そうそう国旗が出来たのは、福岡県朝倉郡の夜須村の篠隈にある、535の児島宮の祭主の儀平という人が、日の丸を、山家村の紺屋に城布に、染めて、黒田藩の長溥公に、孝明天皇へ届けて、日本の印としたのが、始まりとされています。
何故福岡県朝倉郡の夜須村の篠隈なのか?でしょう?それは児島宮の先祖は、後鳥羽上皇に当たられます、その先は舒明天皇で又の名を平山王といいます。ここにも扶桑がみられる。
舒明天皇の先祖は、敏達天皇、又の名を平山王といいます。
敏達天皇の先祖は、欽明天皇で、又の名を平山王といいます。
欽明天皇又の名を平山王といいます。
の祖先は、推古天皇と敏達天皇の結婚って、異母兄弟なのに何故、子ができたのですか?
推古天皇って,敏達天皇の皇后から天皇になったそうですが,両者とも欽明天皇の子供...
神武天皇の父はウガヤふきあえず、王でした。ウガヤふきあえずは、日本の元祖になった方でもあり、中国の武夷越王もありました。記紀に描かれていますが、見落とされています。ウガヤふきあえずは日本の天皇の祖で、又の名を平山王といいます。これで扶桑とは、何の事なのでしょうか?が解けましたね。
http://kyusai.jugem.jp/?cid=108

 

平山天皇とは、ウガヤフキアエズ、であるが、日本が起こりでは、なかった?平山天皇の創生には、脈々と、天神が、此処は何処の?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 7月19日(火)08時52分50秒
編集済
  平山天皇とは、ウガヤフキアエズ、であるが、日本が起こりでは、なかった?平山天皇の創生には、脈々と、夏王朝の、天神が、此処は何処の?天神様の細道じゃに、詠まれていた。
通りゃんせ』(とおりゃんせ)は、江戸時代に歌詞が成立したと見られるわらべうた。 作詞者不明
http://6729.teacup.com/siyujin/bbs
天に逆らうものは、天に従う者は存し、天に逆らう者は滅ぶ」 中国の古典。孟子にでてくる格言です。 天を現代語でいえば自然とか宇宙の法則ということになるだろう。

ここで天神様は他に天満宮とも、いい、菅原道真公とは、意味が違う。
御用の無いもの通しゃせぬ。とは、曲がった人は、御用の無いもの通しゃせぬ。 となっている。この歌は福建省のわらべ歌による。他にカラス歌もある。
ここに日本の天皇の、、脈々と、無くしては何も無い。
文部省や宮内庁は、明治以降に作られた、偽道であった。
それらは明治天皇のように、朝鮮半島説に、似せていただけ、にすぎない。
とおしてはならないのは、朝鮮半島説に、似せていただけ、にすぎない。「通しゃせぬ」、である。ストッブ
今の皇室文部省や宮内庁と同じ、国会は「通しゃせぬ」、である。ストッブ
国民が歌うと、中庸が良く判る。

今の日本人はこの句を、かみしめて、ほしい。
最近のお若い方だと全部ご存じない方もいるかもしれません。神の道と同じです。
神は宗教ではありません、自然が好ましいのです。

たたりとは何か?天に逆らう者は滅ぶ」

ここで日本人が知らない天神様とは、天神様は他に天満宮とも、いい、菅原道真公とは、意味が違う。覚えておきましょう。間違うとたたりがあるかも。http://wajikan.com/note/tooryanse/

ここからは、天神様は他に天満宮とも、いい、大宰府の菅原道真公とは、意味が違う。
天神様は書いて読んで字の如し、天の神の事なのです。

では、次に、平山天皇とは、どういう意味なのかについて、
日本よりも、もっと以前の、事で、児島宮考古学研究室  が、詳しく説明していますので、ネットで、児島宮掲示板で検索されたい。今から一年前の事になります。










 

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 6月23日(木)19時39分20秒
編集済
  平山天皇とは、日本だけではなかった、神武天皇よりも、ずっと前、百五十年前に、楚の項羽と劉邦の戦いで、劉邦を助けて、その後、平山県屏山に、治城を建てたのが越王無渚であった。この治城には、2013年末、平山に地鉄工事が始まり、地下よんメーターから、ビン越の治城が発見され、城址から、軒丸瓦当てが、出土したと、児島宮の先祖に行き着いたと、児島宮考古学研究室掲示板で報告していた。
今年の二月始め、奈良田原の神武宮殿の土器のヘラ書き、が一致した、軒丸瓦当てを、ヤオオクで、出品されていたのを、落札する事が出来た、同じ月に、軒丸瓦当てをネットで、検索していた時にイキ当てた当てたのが、
2013年末、平山に地鉄工事が始まり、地下四メーターから、ビン越の治城が発見だった。

此れだけでは無い、六月半ば、
おりよく、ヤオオクで、出品されていた、
吉備津宮の貝原益軒の先祖賀陽(がよう)氏が神官だった事から雲巻き模様で、今年発見の、福建省屏山、治城の華夏平山天皇標示(越王無渚雲巻き模様で、平山天皇標の宮である)を児島宮考古学研究室がヤフーオークションの中に出品されていて、大発見となった。
落札には至らなかったが、記録は、書き残して、文字の意味を、ネット検索している中、菜根譚(さいこんたん)の一句の作

天地は万古(ばんこ)有るも、此の身は再び得られず。
人生ただ百年、この日最も過(すご)し易し。
幸い、その間に生まるる者は、有生(ゆうせい)の楽しみを知らざるべからず、亦(また)虚生(きょせい)の憂(うれ)いを懐(いだ)かざるべからず。
である事が判り、(越王無渚雲巻き模様)で、平山天皇標の宮である)と解読する。
重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。

① ヤフーオークションの中に出品されていた。
② 貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた雲巻き模様
③ 貝原益軒の書軸の文、 菜根譚(さいこんたん)の一句の作は、華夏王朝、平山天皇作
http://www2.ezbbs.net/22/yasumati/
雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤がこれて、改められよう。




 

日本の考古学が一変、

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 6月23日(木)16時15分39秒
編集済
  菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮於いて外には出来なかった、のは言うまでもない。

吉備津宮の貝原益軒の先祖賀陽(がよう)氏が神官だった事から雲巻き模様で、今年発見の、福建省屏山、治城の華夏平山天皇標示(越王無渚雲巻き模様で、平山天皇標の宮である)を児島宮考古学研究室がヤフーオークションの中に出品されていて、大発見となった。
雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。

日本人はどこから来たのか 児島宮考古学研究室が、解明した日 2016/06/23日

① ヤフーオークションの中に出品されていた。
② 貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた雲巻き模様模様
③ 貝原益軒の書軸の文、 菜根譚(さいこんたん)の一句の作は、華夏王朝、平山天皇作

栄西が持ち帰ったのではない、平山天皇伝来の菜根譚(さいこんたん)

これで福岡県朝倉郡夜須の下高場の鳥巣窯、小隈窯か注目されよう。国指定は間違いない。
 

筑紫城(平山城)の瓦

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 6月 7日(火)13時07分0秒
編集済
  筑紫城(平山城)
ウガヤの城(宮殿)で、夜須の松延(松峡)に存在していた。
この瓦、武夷宮の瓦で、同じ瓦が、筑紫に、あると、記録されている。

すでに、平山御陵の、ウガヤ王冠は、 『豊葦原国から邪馬台国夜へ』http://kodainolekisikan.web.fc2.com/で、公開している。

筑紫城まで凡そ三十二世、 その時まで筑紫城にいた、その子の神武のときに大和に移った、 記紀に書いてある。

天御中主から彦瀲までのおよそ三十二世は皆「尊」を号して筑紫城におり、神武以降は「天皇」を号して大和にいた。
中国の「新唐書」で初主(ニニギノミコト)から神武天皇に至るまで「筑紫城に居る」と書かれ、北九州を示唆していた。
初めの主は天御中主と号し、彦瀲に至り、およそ三十二世、皆が「尊」を号として、筑紫城に居住する。 彦瀲の子の神武。


この彦瀲が、鳥風俗での事で、三十二世とは、朝鮮半島とは、関係がありません。
それは、ウガヤとは鳥風俗での事です。
ウガヤ越王、丑王の居た処は福建省武夷の城村宮でその祖先が、ビン越王の「無渚」です、二年前にその宮殿の存在が、地鉄工事で、2014年十二月に発見されました。
おりしも、その2014年十二月は、西日本新聞で、謎のラッパか?がニュース発表された時期に重なっていました。


時は同じくして、古刹、神武天皇の宮殿の軒丸瓦当てを所有者の、奈良から、買い取りして、居た時でした。
驚いたのは、福建省武夷の城村宮の宮殿の軒丸瓦当てが、一致していたので、児島宮歴研会が発表しました。
ネットで、中国のサイトで、ビン越王の「無渚」治城が、発見されたと報じていたのです。
それと、夜須の松延(松峡)に存在していたと、筑紫野市山家の山田徳、氏から、(平山城)の存在を教えて、いただいて、いました。
すべてが二年前に一致していたのは、神のお告げなのでしょう。力強いのか゜みな、てんのお、の意味が、福建省平山県の屏山の地鉄工事が、平山か、てんのお、に、関していたのが、日本の天皇系図に、天皇は平山と、なって、いたのが解明の発端となりました。

もう、間違いは、ないでしょう。
児島宮歴研会はインターネット上で二十年前から、日本人は、越国から、始まっていたと、していたのは、児島宮歴研会だけ、でした。


これは児島宮歴研会だけが、天皇のすべてを、解明になっていたのは、云うまでも、ありません。明治以降の天皇家や宮内庁すら、知らなかった、のです。

王冠 二王冠 写真


その三十二世か~。
 筑紫は九州時代でしょう。
古田武彦氏が、九州に、ついてこだわって、いられたのを、忘れません。
この、九州こそが日本の原点なのですから。
九州と韓国、朝鮮半島は関係がありません。

この九州が日本が始まった、事を表して、いました。
日本と天皇の始まりは、近畿大阪、陶邑では、ありません、須恵器も同じ事で、九州と夜須から始まって、おります。
日本の歴史の基本は九州と夜須から始まって、おります。
近畿とか、するのも全部間違いです。

九州の行きつく先は福建省の会稽の都、やす、が始まりです

韓国、朝鮮半島は関係がありません。

ここで、そっと、覚えて、於いて下さいね、隋の楊帝が、帝となられたのは?川辺族の女が母だったから、使者を日本に、出したのです。
何故かですか?九州が日本の天皇の始まり、だからでした。ですから夜須に行かせたのです。










 

児島宮考古学研究室から提唱するのは?

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 5月 8日(日)17時52分15秒
編集済
  須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来の大嘘
須恵器(すえき)というのは、昭和になり、つけられた呼び名で確証はされていない。
これが日本の歴史を誤らせた原因となっています。
須恵器と称しては、いけなかった?
このままでは立証するには困難になるからです

児島宮考古学研究室から提唱するのは?
土器か磁器かという事から、分けて始めなければ、ならないでしょう。
この土器の事が須恵器(すえき)と、呼ばれるだろうかです?
日本ではこれらに属した呼び名があり、陶器と、呼んでいますね。
この土器の事が須恵器(すえき)陶器とと、呼ばれるだろうかです?
そこからか間違いに、なっているのです。
陶器は軟質である為、低温で、焼成していますね?
京焼は、須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来していたと、考えてしまっては、いませんか?
其処が違っています?
これが古代の古墳の中に、見つかっていましたか?
そんな事はあり得ない!
此処からは、
須恵器の本当の呼び名について、
児島宮考古学研究室では、名前について?瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきたのが、灰色硬質磁器であった、ここでは須恵器なんて、朝鮮半島では、なかった、と言えるのが児島宮考古学研究室於いて外には、いないでしょう。
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです。瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器は存在していなかったでしょう。
まだ瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器には確証となるとが、あるが、まだ先の事です。
瓦質磁器開始が、五世紀ではありません、
児島宮考古学研究室の調査では、
古代中国の春明戦国時代に、越人の墳丘墓の中から、見つかって、いた事を確証しています。
これか、日本の墳丘墓や古墳に、埋葬が行われるようになっていました。
これか須恵器?の、いいえ、違う、
瓦質磁器の確証なのです。
須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来説の意味とは、違うのが、これだ!!
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです
瓦質磁器とは、
朝鮮南部での瓦質土器の出現は紀元前1世紀、関連していた、時期は後漢の漢の武帝が、福建省武夷宮を、攻めて、其処の国の住民十万人が、居なくなったと、記録していた。
それから、後の隋の時代に、日本は小野妹子や万葉集の時期に隋の使役が筑紫の夜須に来て、この土地は、華夏人の土地と記録したのが、確証出来る。
後の隋の時代に、紀元前より瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきた事が明らかになった。
これなくしては日本の歴史は語れない。
日本の開始は、てんのお、と、平山とウガヤに見えた
瓦質磁器だけではなく、てんのお、と、平山とウガヤに見えた吾輩。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/545

日本の歴史は朝鮮では無い。
朝鮮では無く、筑紫の東の大木であった。祝詞は確証していた。
神詰まりますと、立証している。
天皇と平山は同音也。
その立証が、福建省屏山の平山県に、呉越の戦いで呉の王を下して覇者となった、越王勾践の裔が、劉邦を助けて、この平山県に治城を無渚が建てた、
その後、この治城に、てんのお、とする瓦質磁器が発見され、児島宮考古学研究室が、日本の天皇との一致を、解明した。
平山県と無渚は、てんのう、である事を確証した。
又てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
それだけではなく漢字は日本と一致している。
今の北朝鮮と韓国には、漢字は使われてはいない。

ここにも北朝鮮と韓国は日本の歴史と食い違っている。
ウガヤは何故平山大神とされたのか、立証していた天皇と夜須
天皇と夜須には越王勾践の裔でなければ、てんのおでは、なかった?
ウガヤは何故平山大神とされたのか、?天孫と同音?
天孫降臨と筑紫の夜須とは?
ここに越王勾践の裔の、てんのお、が一致が見られる。
また平山と天皇の同音?は北朝鮮と韓国ではない。
今の天皇はテンノオ、ではなかった。
名前だけの天皇は存在していません
天皇は権力者の事ではありません。
てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
今の天皇は名前だけの事でしか、ななかった?なので天皇ではなかった。
天皇は朝鮮半島から伝来の大嘘

天皇は朝鮮半島には記録されていない?
日本だけの、てんのうは、八尾也。
八尾とは平山也、武夷の白馬三郎

武夷の白馬三郎とは?白馬寺と中国初の寺と三角縁神獣鏡。夜須のヒルハタ遺跡で鏡の鋳型が出土していた。
天孫降臨地では鏡の鋳型は夜須しか出土していない。
白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」
前135年),閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A2_(%E9%96%A9%E8%B6%8A%E5%9C%8B%E7%8E%8B)
八尾王として列聖されました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=search
閩越の国都は武夷山脈のなかにあった) 北への ... 王の三男であった彼のことを、いつともなく閩越の民は「白馬三郎」と呼びならわした。 ... 白馬三郎」は神格化され、百越の末裔たちの守護神となる。
全名騶無諸,第七世閩越王
為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興?壯,並成為漢朝立國之初第一位百越族的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越族登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的福建族群頌揚並尊奉為開閩始祖[2]。
先後以臣屬於秦、漢二朝來換取閩越國的延續與發展。有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技方面也引入中原先進的冶鐵技術,使閩越國在農業生?、百姓生活與軍事武裝上都有進一?的發展。
無諸生於戰國?期的武夷山一帶,是閩越王室成員,後來繼位統治閩越國。公元前221年,秦始皇消滅六國統一中原。次年,展開入侵百越的軍事行動,閩越國亦在此次征服行動中遭到消滅。然而,閩越距離中原太過遙遠以致難以實質統治,因此秦始皇僅將無諸廢為君長,並降閩越國為閩中郡,由無諸繼續統治。
公元前209年,陳勝、?廣於大澤??竿起義後,原六國的貴族再度武裝反抗秦朝,無諸與另一位君長騶搖率領閩越人跟從鄱陽令?芮北上幫助中原諸侯消滅秦朝。秦朝滅亡後,楚王項羽並沒有冊封無諸和搖為王,因此無諸與搖皆未臣屬於項羽。後來,無諸、搖率領閩越人輔佐漢王劉邦打敗項羽。公元前202年,登上皇位的劉邦重新冊立無諸為閩越王,統治閩越故土,都城設在東冶,並開始在武夷山城村建造當時越地最雄偉的閩越王城。
公元前192年,無諸逝世,閩越國陷入?亂,無諸諸子為了王位進行長期的爭奪。關於無諸墓葬,有一?是在福州城隍山西面的小山丘,俗呼王墓山。另一?,無諸墓在南台(今台江區)嘉崇里(即大廟山)閩越祖廟後。

?閩越王 騶郢
?東越王 騶餘善


?越繇王 騶(すう)丑
?白馬王 騶三郎
a.^ 史記?東越列傳:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。」
b.^ 《《史記?東越列傳》》:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。秦已併天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/thread_1.html
史記/卷114
閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也,姓騶氏。秦已并天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、搖率越人佐漢。漢五年,復立無諸為閩越王,王閩中故地,都東冶。孝惠三年,舉高帝時越功,曰閩君搖功多,其民便附,乃立搖為東海王,都東甌,世俗號為東甌王。

後數世,至孝景三年,?王濞反,欲從閩越,閩越未肯行,獨東甌從?。及?破,東甌受漢購,殺?王丹徒,以故皆得不誅,歸國。

?王子子駒亡走閩越,怨東甌殺其父,常勸閩越擊東甌。至建元三年,閩越發兵圍東甌。東甌食盡,困,且降,乃使人告急天子。天子問太尉田蚡,蚡對曰:「越人相攻擊,固其常,又數反覆,不足以煩中國往救也。自秦時棄弗屬。」於是中大夫莊助詰蚡曰:「特患力弗能救,德弗能覆;誠能,何故棄之?且秦舉咸陽而棄之,何乃越也!今小國以窮困來告急天子,天子弗振,彼當安所告愬?又何以子萬國乎?」上曰:「太尉未足與計。吾初即位,不欲出虎符發兵郡國。」乃遣莊助以節發兵會稽。會稽太守欲距不為發兵,助乃斬一司馬,諭意指,遂發兵浮海救東甌。未至,閩越引兵而去。東甌請舉國徙中國,乃悉舉眾來,處江淮之閒。

至建元六年,閩越擊南越。南越守天子約,不敢擅發兵擊而以聞。上遣大行王恢出豫章,大農韓安國出會稽,皆為將軍。兵未踰嶺,閩越王郢發兵距險。其弟餘善乃與相、宗族謀曰:「王以擅發兵擊南越,不請,故天子兵來誅。今漢兵眾彊,今即幸勝之,后來益多,終滅國而止。今殺王以謝天子。天子聽,罷兵,固一國完;不聽,乃力戰;不勝,即亡入海。」皆曰「善」。即鏦殺王,使使奉其頭致大行。大行曰:「所為來者誅王。今王頭至,謝罪,不戰而耘,利莫大焉。」乃以便宜案兵告大農軍,而使使奉王頭馳報天子。詔罷兩將兵,曰:「郢等首惡,獨無諸孫繇君丑不與謀焉。」乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

餘善已殺郢,威行於國,國民多屬,竊自立為王。繇王不能矯其眾持正。天子聞之,為餘善不足復興師,曰:「餘善數與郢謀亂,而後首誅郢,師得不勞。」因立餘善為東越王,與繇王并處。

至元鼎五年,南越反,東越王餘善上書,請以卒八千人從樓船將軍擊呂嘉等。兵至?揚,以海風波為解,不行,持兩端,陰使南越。及漢破番禺,不至。是時樓船將軍楊仆使使上書,願便引兵擊東越。上曰士卒勞倦,不許,罷兵,令諸校屯豫章梅領待命。

元鼎六年秋,餘善聞樓船請誅之,漢兵臨境,且往,乃遂反,發兵距漢道。號將軍騶力等為「?漢將軍」,入白沙、武林、梅嶺,殺漢三校尉。是時漢使大農張成、故山州侯齒將屯,弗敢擊,卻就便處,皆坐畏懦誅。

餘善刻「武帝」璽自立,詐其民,為妄言。天子遣橫海將軍韓?出句章,浮海從東方往;樓船將軍楊仆出武林;中尉王?舒出梅嶺;越侯為戈船、下瀨將軍,出若邪、白沙。元封元年冬,咸入東越。東越素發兵距險,使徇北將軍守武林,敗樓船軍數校尉,殺長吏。樓船將軍率錢唐轅終古斬徇北將軍,為御兒侯。自兵未往。

故越衍侯?陽前在漢,漢使歸諭餘善,餘善弗聽。及橫海將軍先至,越衍侯?陽以其邑七百人反,攻越軍於漢陽。從建成侯敖,與其率,從繇王居股謀曰:「餘善首惡,劫守吾屬。今漢兵至,眾彊,計殺餘善,自歸諸將,儻幸得?。」乃遂?殺餘善,以其眾降橫海將軍,故封繇王居股為東成侯,萬?;封建成侯敖為開陵侯;封越衍侯?陽為北石侯;封橫海將軍?為案道侯;封橫海校尉福為繚嫈侯。福者,成陽共王子,故為海常侯,坐法失侯。舊從軍無功,以宗室故侯。諸將皆無成功,莫封。東越將多軍,漢兵至,棄其軍降,封為無錫侯。

於是天子曰東越狹多阻,閩越悍,數反覆,詔軍吏皆將其民徙處江淮閒。東越地遂?。

太史公曰:越雖蠻夷,其先豈嘗有大功德於民哉,何其久也!?數代常為君王,句踐一稱伯。然餘善至大逆,滅國遷眾,其先苗裔繇王居股等猶尚封為萬?侯,由此知越世世為公侯矣。蓋禹之餘烈也。

騶揺(すうよう)とは - コトバンク



https://kotobank.jp/word/騶揺-1346033


世界大百科事典 第2版 - 騶揺の用語解説 - 中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域 ... 秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝の成立をたすけ,騶無諸.

姓は「騶(シゥ、スウ)」氏。「閩、東越は蛇種で、故に、文字は虫. に従う。閩の音は旻(びん、ミン)である。」という注が入れられており、これは、蛇トーテムという意味です。 ミンというのは巳(ミ=ハミ、ヘミ。ヘビ)と考えて問題ないでしょう。 春秋戦国時代の越から

 

川辺土器祭祀跡(かわべどきさいし)

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月26日(火)19時05分10秒
編集済
  川辺土器祭祀跡(かわべどきさいし)

河川の入江部分で行われた
川辺では「水辺の祭祀」が数多くおこなわれていたとみられています。
農耕民族にとって、水は最も重要なもの

福建省 (中華民国)」も参照. 古代閩人の領域であり、戦国時代に楚に滅ぼされた越王族が閩に逃げ込んだため、閩越と呼ばれるようになった。無渚

紀元前221年、秦に征服されて閩中郡が設置されたが、秦末の動乱期に閩越国として独立した。東冶(現・福州)に都を置き、92年間にわたって漢に抵抗したが、武帝に滅ぼされた。これにより日本が始まった、日本というのは之より後で、神武が奈良田原に東征して、紀元前五十年前に、日本となる。

神武が奈良田原に東征してというのは?土器に線刻された、屋根上のてんのうの、印と、軒丸瓦が、福建省平山県の屏山の越王無渚の治城の屋根上のてんのうの、印と、軒丸瓦が一致した。児島宮歴研会は屋根上のてんのうの、印と奈良田原、軒丸瓦が一致、この奈良田原、軒丸瓦二点を保存している。

写真上 神武が奈良田原の土器に線刻された、屋根上のてんのうの、印

写真中 福建省平山県の屏山の越王無渚の治城の屋根上のてんのうの軒丸瓦

写真下 神武が奈良田原の軒丸瓦二点を保存している。

ここで日本といえば天皇で知られるが、天皇の語源は福建省平山県の屏山の越王無渚の治城から続いている。

日本のウガヤ越王が平山とてんのう系図に記録。
神武は平山天皇の初代となった。
五世紀の平山敏達てんのうと記す。
舒明も平山と記録がある。
てんのうとは、このように、天皇の語源は福建省平山県の屏山の越王無渚の治城から続いている。
香港の客家はてんのうの(平山県)、国の出身としている。
アジア民(台湾、タイ、ベトナム、中華、)も、てんのうの(平山県)、国の出身としている。

この雲巻き瓦が、てんのうの標、見せれば、解る、本物のてんのおー

武夷城村の武夷越王丑がウガヤと号した。武夷城村遺跡の博物館にも、雲巻き瓦が展示してある。
武夷山博物館は武夷宮宋街の東に位置し、90年代初めに建てられた。総面積は1400㎡、三階建ての総合大楼で、出展品は豊富だ。主に「武夷文化の謎」というホールに展示されている城村漢城遺跡文化物や武夷山商周時期の「架壑船棺」などは国家級の重要保護文化財で、一度見る価値はある。http://heartland.geocities.jp/zae06141/jyoson1.html

鋳造鉄斧から見た弥生時代の実年代 私は紀元後1世紀末前後(±30年)を本州地方の弥生後期の始まりと考えています(橋口達也氏 http://www10.plala.or.jp/matuzawayosihiro/page014.html

中国茶情報局 CTTea.info - 武夷山市、茶山の乱開発を規制2013/11/04 - 明确禁止在?景名?区、城村古?城?址保?区等十大区域??茶山。?决整治????茶山的行?, ... 風景名勝区、城村古漢城遺跡保護区などの十大区域では茶山を開墾することを明確に禁止します。http://cttea.info/modules/chinateanews/index.php?page=article&storyid=571

福州曇石山新石器後期海洋貝丘文化遺跡、武夷山城村漢城遺跡、三明万寿岩旧石器洞窟遺跡の福建省の古代文化遺跡3カ所が国家考古遺跡公園を目指して申請中だ。福建省文化部門が5日に明らかにした。中国国家文物局は全国を対象とした国家考古遺跡公園申請業務を初めて行っている。写真は福州曇石山新石器後期海洋貝丘文化遺跡。(編集YH)
http://japanese.cri.cn/1061/2010/09/07/162s163477.htm

【照片】武夷山城村漢城遺址宮殿基址中的柱洞、柱礎遺跡 http://www.desinia.tw/monuments/pdetail.php?id=4F03_04

http://lekikenkai.progoo.com/bbs/lekikenkai_tree_r_321.html





 

ミニチュア土器は川辺でおこなっていた、紀元前五十年迄朝倉の窯で作られていた

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月26日(火)17時50分49秒
編集済
  ミニチュア土器
 弥生時代のお祭り用の土器で、普通の土器よりもずいぶんと小さいのが特徴
華夏人の、かぶせる祭祀、川辺族の祭祀だったという事を児島宮歴研会は発表する。http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/?
ミニチュア土器は川辺でおこなっていた、紀元前五十年前迄朝倉の窯、鳥巣窯、小隈窯で作られていた。
現在小隈窯発掘調査中
この写真の窯で、ミニチュア土器が、多数出土している。

弥生は五世紀後半か?いいえ違います、紀元前百年前から紀元二百年前です。教育委員会は須恵器は五世紀後半と言っていますけど、あてはまりません。朝倉の窯、鳥巣窯、小隈窯は大阪の陶邑から北部九州に、もたらされた、始まったと、しているのは、間違いです。その逆、反対です。





 

華夏人の、かぶせる合せ、から日本は始まった

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月15日(金)20時03分8秒
編集済
  華夏人の、かぶせる合せ、から日本は始まった、日本人は、ふたつ重なることから、出来ていた。日本人は越人と和人で、、ふたつ重なることから、出来ていた。
この日は九という陽の数字(奇数)がふたつ重なることから、めでたい日とされました。 ... 菊
華夏人の、かぶせる祭祀って聞いた事がないと、いうのは知らないだけで、日本人なら、誰でも、経験しているのです。
かぶせる=(合わせる)ことです。

元旦に、神へおそなえする、おかがみ餅も、由来は、華夏人の、かぶせる祭祀の特徴です。

たてまえばかりして考古学者は、須恵器は朝鮮半島から始まったと、まとも、とは言えない。
問題が、なかったと、認めない?



かぶせる(合わせる)言葉には、一月一日、三月三日、七月七日、九月九は重陽の節句がある、それは華夏人の、かぶせる祭祀、川辺族の祭祀だったという事を児島宮歴研会は発表する。http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/?


日本人は朝鮮人ではありませんたてまえばかりして、教育委員会文化財課は、須恵器といえば、朝鮮半島から五世紀後半に、やってきたと、固執してしまい、日本の原点が見えなくなっていたのです?
日本の何も、かもが、まとも、でなくなった、まともではない


礼の日本人の為に、礼が始まろうとしている。昔の日本人は、礼を尽くし、礼とは養うためである。
今の世の中に礼が、ないというのは?憲法が、なんで礼がないと、云うのか、問われるだろう。憲法守っているが、少しも良くならないと、感じた事はないだろうか?それたてまえばかりしては憲法に礼がないから、答えないのである。 双方が答える事が礼のはじまりである。自分が礼をしても、相手が礼をしないと、相手が自分に答えて
いない事。中庸ちょうどよいところに導くもの、豊かさの基準を示すものが禮の一面であろう。
禮というものは、養うものである。
中庸の徳とは『大きく偏らない考えや判断に宿っている徳』という意味である。


日本の何も、かもが、まとも、でなくなった、まともではない

何もかもが判らん、くなった、これでいいのか?、何もかもうまくいかなくなってしまう。誰も正せない?たてまえばかりして、政治も警察も診断しなければ、人の為にしているのか?判断がつかない、そうなると、何もかもうまくいかなくなってしまう。これはまとも、とは言えない、
「直感力」と言うのは「直感を信じる力」と「直感の正確性」のこと。これがまとも、な「直感力」
自分の感性や自分の存在その物すら否定された。

診断すると、日本から消えた?、ものが何であるのか、日本から消えた為に、すべてが、わがままに、なっている。

たてまえばかりしていては、まともに検証できな くなってしまった。たてまえば、どうにもできない。

まともの基準 あるべき姿を教えなきゃ。はやくまともにならなきゃ。
まともな政治家が一人もいなくなったいまの日本

かぶせる ふたつが重なる事。華夏人の、かぶせる祭祀の特徴です。

菊の被綿(きせわた)といって、重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて菊の香りと夜露をしみこませたもので、宮中の女官たちが身体を撫でてたりもしたと ... 縁起の陽数(奇数)の最大の9がふたつ重なるから重陽。



 

考古学専門職教授は、それぞれ、時代に、専門職と分担されては、いるものの?それ前後については、知識が無いから、判らないとし

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 4月 1日(金)11時00分1秒
編集済
  日本人は、どこからやってきたのか?

朝鮮半島渡来説の、考古学協会、全国の教育委員会文化財課に、歴史とは言えないに、ついて?

考古学協会、全国の教育委員会文化財課は、両立して、いなかった?
つまり専門職、一辺倒で、専門職とは考古学に携わる学者にも、知識が欠けていた?
学者に、知識が欠けていたのに、論じている事自体が?誤認していた?

ここで相似という両立不変について、考古学専門職といえども、片方だけで、半分が欠如している?
考古学専門職教授は、それぞれ、時代に、専門職と分担されては、いるものの?それ前後については、知識が無いから、判らないとしている?
これが、考古学専門職の欠点となっている。

人間には、男、女が、両立して、いるが、子が生まれないと、いう事になっている。ここにも相似という両立不変が、存在するか、しないのか?誰でも、判るであろう。

ここで、分担された、考古学専門職というのは?片方だけで、半分が欠如しているという事?モノには相似という両立で成り立っているのである。

男、女のどちらかが、欠けていれば、子は出来ない、考古学協会、全国の教育委員会文化財課といえども、考古学専門職だけで、前後さえも、判らないという。といえども、それぞれの考古学専門職を集めても、一致したかのようだが、あいまいに、なっていて、相似という両立には至っていません。

須恵器は五世紀後半に、大阪吹田陶邑に、朝鮮半島から渡って、始まったとする日本考古学協会について、九州歴史資料館の考古学専門職、岡寺良、氏は、中国の事は、判らないとし、又須恵器専門職学芸員は、弥生というのは、東京の弥生て、出土し、呼ばれているだけと、し、須恵器というのは、須恵の地名から呼ばれているだけと、云われた。
時期については、炭素測定から、ほぼ、五世紀後半に始まったと、云われた。仮、須恵器の始まりは、五十年前の古墳の末期に、なるかも、知れないと、云われた。
著者は、
先祖の十六葉菊紋と、遡る、こと歴史、中国の隋の使者の記録により、此処夜須は華夏の国と、判り、その先神武の父ウガヤ、越王丑の記録から、相似、一致して、祭祀の用具として、灰色硬質土器(須恵器同)の年代とは、六百年間の開きになっている。

ここに著者の日本の始まりと、考古学専門職との時代間、歴史、日本の始まりは、成り立っていなかった。






 

ありもしない、朝鮮半島渡来説の、考古学協会、全国の教育委員会文化財課に、歴史とは言えない

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 3月 3日(木)18時25分2秒
編集済
  日本人は、どこからやってきたのか、
これから、ありもしない、朝鮮半島渡来説の、考古学協会、全国の教育委員会文化財課に、歴史とは言えない。

歴史の根源なくしては、歴史もない?人間ならば両親が根源となっているのです。
全国の教育委員会文化財課に歴史は説明しても、ありもしない、歴史とは、かみ合わないのでしょう。

関係部分同義関係噛み合う。
日本語での説明  かみ合う[カミア・ウ]

日本人は朝鮮半島渡来説は?まったくかみ合っていない。同じではないという事。

学者の取った天下なし
(がくしゃのとったてんかなし)

学者は学問の上では天下国家を論じるが、実際に国を治めた例はないということ。学者は理論には長けていても、現実問題には疎いことを言う。

これではお互いが噛み合うことはないです。

伝統的である, 噛み合った, パターン, -, シンボル 千木=鳥巣  相似 扶桑の国対竹枝
扶桑・扶桑国は、中国における日本の異称となったが、それを受けて日本でも自国を扶桑国と ...概説
これでもまだ、日本人は朝鮮半島渡来説は?まったくかみ合っていない。同じではないという事ですが

話が噛み合うとはどういうことなのか説明してもらえないでしょうか。
噛み合うの言い換えや別の言い方。・意義素類語噛み合った状態を維持する噛みあわせる

同意語の言い換えや別の言い方。同意語の同義語

どうぎご【同義語】とは。意味や解説、類語。語形は異なるが、意味が同じである語。


おまけに、貝合わせ

「同意語」は「同義語」の意味を表すものとしてしばしば用いられることがあります。

「同義語」とは、「同義の語」、つまり「義(=意味)を同じくする語」のことです。

ところで、「同じ」というと、通常は「全く同じ」ことを意味します。
つまり、「「同義語」とされる複数の語の間には、全く意味の違いは存在しない」ことになるのです。

歴史とは、「同義の語」、つまり「義(=意味)を同じくする語」のことです。

日本の異名。扶桑国。

扶桑の意味や日本語訳。ピンインfúsāng名詞①中国古代の神話

越天楽対黒田節 同じになっている。

日本の地名は民営化で消滅したのは、考古学協会、全国の教育委員会文化財課に原因がある
地名は日本の同意語の同義語 同じ地名が同義語だった。

扶桑とは、 中国の伝説で、東方の海にあるそこから太陽が登るとされた大木のこと。
日本は朝鮮という考古学協会、全国の教育委員会文化財課に、歴史とは言えないですね。





 

歴史も教育委員会文化財課も、この誰かの書いた、筋書き、脚本された、時代劇と同じになっている

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 2月 6日(土)19時04分32秒
編集済
  脚本された古代史の教育委員会文化財課に、国民はゆれ動いている?
近年の日本を見るに偲ばず、手仕事日本は、なくなり、その時、ふと、思ったのは、脚本された、尽くした、出来の悪い、学問というより、考古学協会の有様だろう。
考古学協会は脚色一辺倒に、なりすぎて、学問といえば、考古学や歴史でも、テレビ時代劇戦国ドラマさえ、すべて、作者?考古学協会員の脚本した、報告書に、為れそみ、真実ごとき、明治以降の天皇を、脚色仕立て、国会から公務員に至り、北朝鮮在籍であるにも関わらず、日本名にほとんど、脚色するという、卑劣な、態度に出ている。

古代史は脚本されても、良いのだろうか?歴博の捏造事件は、ほんの一かけらであり、それが、今の憲法とて同じ、脚色されているに過ぎない。
安倍総理による、憲法改正は?単なる脚本した新しい、よりよい、国に、なると思って、国民は見ているのか?

テレビ朝ドラ、昼ドラの視聴率は、脚本した新しい、よりよい、と見ていたのが、国民はそんなに、朝ドラ、昼ドラの脚色された物語に、最低の視聴率で、ところ少子化、高齢社会に変わり果てている。
民営化は、発掘と似ており、収める場所がなく、ほとんど、隠され廃棄処分されているという。
少子化、高齢社会と、同じで、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。

大切に扱わないのが、憲法社会の果て、脚本された憲法に、大切に扱わないのが、少子化、高齢社会と、同じで、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。

奈良の古墳は、調査により、、中はカビが、壁画さえ、はぎとられてしまっているでは、ないか?
宮内庁の責任は、罪深いものが、出ている。全国の重要な遺跡は、宮内庁管理だが、?実態は、廃棄処分にしているのだ。
全国の教育委員会文化財課は学問の一部であるが、これらはすべて脚本で、模った、教育にすぎないだろう。

現に少子化、高齢社会と、同じで、廃棄してしまうのが、なりの果てであろう。現に全国の市役所は、脚本した法律で、切り開いた土地までも、脚本した法律で地主を捕縛しているではないか、人間を廃棄していたのは?何と、北九州の市役所であった。
個人財産までも、全国の市役所は、廃棄処分にしてしまうとは、憲法社会の果て、脚本された憲法に、大切に扱わないのが、証拠なのだ。




 

夏王朝の「形象」それが田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当てんのう形象と解明した

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 1月12日(火)08時23分2秒
編集済
  夏王朝に因んだデザイン(形象)巻雲の丸瓦当が王室専用の出土丸軒瓦に出ている。
夏王朝の「形象」それが田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当てんのう形象と解明した。
児島宮歴研会しかできない解明だと、児島宮。

田原の唐子鍵遺跡出土の土器に描かれていた神武宮殿の線刻画にも、巻雲形象が見える。
考古学の先生方が、それさえも解明できなかったのは、日本人と天皇は朝鮮半島と固定、決めつけて、いたからであった。
これにより、日本の考古学は、誤った日本人と天皇は朝鮮半島と固定した思考に、古代中国の関係が、存在していなかったので、古代史研究が無駄になったのである。

田原の唐子鍵遺跡出土の五輪宝瓦当てんのう形象も、同時に、仏界のてんのう、のデザイン、形象が見える、これは、夏王朝の「形象」の原形だった、のである。

一年前にも、福岡県朝倉郡筑前町下高場田屋から出土していた、謎の「象之布江」の、正体は?デザイン(形象)された、天空の巻雲(形象)、夏王朝に因んだデザイン(形象)と、発表した。
天空の巻雲(形象)、とは?てんのう、の(形象)と、発表した。この天空の巻雲(形象)、はメソポタミア出土の、粘土板レプリカにも、刻まれてたと、「児島宮考古学研究室」が鮮明に解明していた。
日本の考古学研究にとり、貴重な、ネット上による発表となるだろう。
日本の新年の注連縄はこの、天空の巻雲(形象)、はメソポタミア出土の、粘土板レプリカにも、刻まれてたと、児島宮考古学研究室が鮮明に解明していた。

これは日本を表す、原形となる、天空の巻雲(形象)、となっていた。、「児島宮考古学研究室」

これらは日本の古代史の書き換えとなる、日本は中国の、てんのう、が筑紫夜須に、ビン越民十万人を連れて開始したと、ネット上で発表してきた成果が、鮮明に、なったと、。「児島宮考古学研究室」

昨年十二月筑前町下高場小隈窯の発掘調査が、停滞、遅れているのも、文化庁、宮内庁、神社本庁による、差し止めの?、停滞は、これら文化庁、宮内庁、神社本庁を無益と、一掃になるかもしれない。まことに、疑い深い近代の憲法が濃厚となっている。
 

福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2015年12月27日(日)16時36分7秒
  福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。
写真の中はウガヤ牛王の武夷山城村出土雲瓦当王室専用
写真下は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当王室専用

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。
 

中国福建-城村?城?址の瓦当と?越国都城址の瓦当が唐子鍵遺跡の瓦当が一致、神武の宮殿が、解った、

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月26日(土)18時23分43秒
編集済
  城村漢城?址の瓦当と唐子鍵神武の宮殿の瓦当が一致しました。
http://www.fujian.gov.cn/ztzl/lyfj/jdjs/np/201507/t20150721_1011584.htm


【城村】 武夷山城村出土的文物  http://www.15yan.com/story/jbDD2V9OEiR/


繇王丑 ?越国第9代帝王  http://www.taodabai.com/tag/%E9%97%BD%E8%B6%8A%E5%9B%BD/
この繇王丑が夜須に移った、ウガヤ尊のことです。ウガヤ尊の子が神武天皇です。

下図雲瓦と蓮は唐子鍵神武の宮殿の瓦当
 

屏山地鉄 瓦が唐子鍵と同じ、瓦当が一致しました、これにより、神武の宮殿が確定出来た

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月26日(土)17時42分53秒
編集済
  浙江博物舘の瓦当が唐古・鍵遺跡の瓦当が一致しました、これにより、神武の宮殿が確定出来た。http://www.zhejiangmuseum.com/news.do?status=detail&ariticleid=3219

地鉄ビン越国宮殿、遺跡 http://news.changlenet.com/story/76000/


屏山地鉄 http://www.dylb.cn/Article_Print.asp?ArticleID=780


?越王  http://fjr.mnwww.com/paper.asp?Aid=237&Fid=59


丑 (繇王)

繇王丑 ?越国第9代帝王  http://www.taodabai.com/tag/%E9%97%BD%E8%B6%8A%E5%9B%BD/
 

雲とは天を意味している。四面に雲を排しているのは、唐古・鍵遺跡の雲標が、刻印が始まっている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月26日(土)16時14分47秒
編集済
  雲とは天を意味している。四面に雲を排しているのは、唐古・鍵遺跡の雲標が、刻印が始まっている。
出土瓦当 ?皇室専用

考古?掘遇上工程建? http://news.artron.net/20131211/n545397.html

西漢宮殿遺址 http://baike.baidu.com/view/9759522.htm

冶城 東冶,其城址一般今天 中国福州的屏山?南麓冶山一?https://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B6%E5%9F%8E

屏山地?考古?越国?殿的瓦当出土 201311 http://news.fznews.com.cn/fuzhou/2013-11-3/2013113faWl9Yfr76231653.shtml

屏山地? 瓦が唐子鍵と同じ http://cmspub.cnnb.com.cn/tisc/system/2014/01/27/010145520.shtml

地? 出西漢?殿?址http://www.315ok.com/leftview_mod.php?id=409604
 

唐古・鍵遺跡の木製農具、唐枕と夜須惣利遺跡木製農具、唐枕の一致は、紀元前五十年前を証明する、移動先を示している

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月23日(水)15時01分37秒
編集済
  唐古・鍵遺跡の木製農具、唐枕と夜須惣利遺跡木製農具、唐枕の一致は、紀元前五十年前を証明する、他には、見られない、唐枕は、夜須中華ビン越人の、移動先を示している。

上部は、唐古・鍵遺跡の木製農具、唐枕

中は夜須惣利遺跡の木製農具、唐枕

http://kodaisijiten.web.fc2.com/sorimokseikuvo.html
 

唐古・鍵遺跡 が神武天皇の宮殿と、児島宮考古学研究室の調査で、明確になったと、発表

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月18日(金)14時15分59秒
編集済
  今年最大の発見となった、
唐古・鍵遺跡は、神武天皇の宮殿というのは?
2014/12/15同日、亀岡から買い取った、日本古刹瓦当購入が届いた日であった、早速
児島宮考古学調査室で、古代瓦当とネット検索しているうちに、浙江省  屏山治城の越王、無渚に、ひっかかり、すぐに、治城の古代瓦当、が、出てきた。

この治城の古代瓦当と同じ、日本古刹瓦当購入の、丸軒古代瓦当の雲、柄瓦当の説明によれば、屏山治城の瓦は、皇室専用とあり、同じ子孫の丑王の四男が神武天皇とは、児島宮考古学調査室では、二十年前から、解明していました。
ネットデモ児島宮検索を、ご覧いただければ、公表しているから、同じです。

屏山治城の越王、無渚は夏王朝の無予の末裔でもある。
夏王朝は皇統であるから、屏山治城の瓦は、皇室専用と見ゆる。

雲とは天を意味している。四面に雲を排しているのは、唐古・鍵遺跡の雲標が、刻印が始まっている。
ここに天孫の名が雲標を四隅に、廃止ているのも、屏山治城の瓦当は、皇室専用と一致している。

中国民なら夏王朝といえば、皇統皇室と知っている、知らないのは日本の国民だけである。



雲標にいて、湖雲はひたすら標いていた。天下の富を集めるという。 雲標(ウンヒョウ)

この雲標(ウンヒョウ)は神武天皇以外には、使っていない事が判る。これで年代も確立した事になるだろう。

さて朝倉郡内の須恵器古代窯の夜須の鳥巣窯、小隈窯のある、年代は神武と同じ、年代が出来ると歴博の元、今村峰雄氏に児島宮考古学研究室  から、炭素年代の発表のおり、ウガヤ時代を伝えていた。
歴博の藤尾純一郎氏は古代年代に於いて、あまり進歩しては、いないようである。

皇室?用,?示?里确?是?越王都城?址


 

ウガヤビン越丑王によって、地名の由来は朝倉郡夜須、日本は開かれた事が、明確になったと、児島宮考古学研究室が2015/12/15/12発表した

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月15日(火)13時01分10秒
編集済
  ウガヤビン越丑王によって、朝倉郡夜須、日本は開かれた事が、明確になったと、児島宮考古学研究室が2015/12/15/12:39分発表した。

夜須と奈良のつながりは、なかった事になっていた? それは五世紀後半に朝鮮半島から、堺の陶邑に伝わったとしていた。
確かに五世後半に、奈良に見える、?纏向遺跡(桜井市)?坪井遺跡(橿原市)の仏閣には、五世紀後半に朝鮮半島から、日本に伝わったと、していたのは、瓦様式が、菊標と、見ているが、蓮弁標は、2013/12月以降、それを遡り、瓦は、朝鮮を統治していたは、中国の皇帝の影響下であって、、五世紀前には、伝達されて、いたに、すぎなかったのである。
これが朝鮮瓦の発祥地では、なかったのである。

朝鮮半島以前に日本には、天満天神なる、鬼神があって、卑弥呼もしていた事が、倭人伝に描かれている。
卑弥呼の時は、中国の皇帝に生け口として二百人を送ったと、記録されている。
光武帝が居たのは浙江省の海岸側で、三角淵神獣鏡で、白馬寺近辺の鋳造所であろう。

これに凝り固まると、日本の発祥から遠のいてしまい、日本の建築様式が、従来の、日本の発祥地の影響に、間違いをきたす事は必序だろう。

ここまで間違っていたのは、?瓦の越式瓦の、紀元前五百年前からであって、中国では、はじめは、平瓦で半円形の瓦当てだったと、されている。この平瓦て半円形の瓦当には、菊標はついてておらず、
平瓦と丸円瓦に、模様が刻印されたのが、
紀元前二百年前の漢の劉邦に力添えして、いた、屏山治城の越王、無渚が建てた城から、菊や、雲標が、刻印が始まっていると、された。
朝鮮半島に、朱蒙が、王になった、頃に、建てられた宮殿は、中国の、瓦が、充てがわれていたのだろう。
これは白馬寺の由来にあって、白馬三郎は、屏山治城の越王、無渚の後裔の、時が仏の最古の発祥とされている。白馬寺は中国最古と伝わっていた。

日本が開いた時、紀元前百十年前、であるが、それから神武の東征して奈良に宮殿を建てたのが、屏山治城の越王、無渚が建てた城の地下鉄工事で、2013.12~2014/I2月、屏山治城の瓦が、奈良から出土していた瓦の一致で、児島宮考古学研究室の調査で、明確になったと、発表。

唐古・鍵遺跡 が神武天皇の宮殿と、児島宮考古学研究室の調査で、明確になったと、発表。






 

児島宮考古学研究室は、須恵器?硬質土器が中国発祥である事を、突き止めた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 1日(火)18時07分35秒
編集済
  児島宮考古学研究室は、須恵器?硬質土器が中国発祥である事を、突き止めた。
ここで言えるのは古代の記録は児島宮なくしては、真実は何も浮かんで、こなかったであろう?
今思い浮かんだのは、中国の古代「河姆渡遺跡」さえも、中国゛すら、何もなかったそうである。
佐久間不干斎の子男子二人、佐久間改め、ウガヤ尊の平山甚九郎正成と、秋月助九郎長興、なくしては、結びつきは、無かったであろう。

今児島宮には、元祖の礎が、日本の結びつきを、示しているのいう。
今児島宮には、日本の歴史の真相が、秘められていると言える。
伊勢神社といえども、日本の歴史が紐解けないのは?続いていないからである。

今児島宮だけか、でまかせ、いい加減な教育委員会文化財課の、日本人は五世紀後半に、大阪堺の陶村に須恵器工認が渡来して、北部九州に、影響をもたらしたとするのに、訂正しないばかりか、教科書にも、これが、古代の歴史としているのに、児島宮考古学研究室は疑念が、つのっている。

果ては大学の考古学すら、日本人は五世紀後半に、大阪堺の陶村に須恵器工認が渡来して、北部九州に、影響をもたらしたとしているからである、真実が全然、結びついては、いないという。
慶南は筑紫夜須の玉依姫の長男が初代の王に、、ゆかり、さらに、須恵器?硬質土器が中国発祥である事を、突き止めた。

ではここで、歴博と教育委員会文化財課の間違いの、空白を、上げる?
今迄の歴博と教育委員会文化財課は、強固にも、日本人は五世紀後半に、大阪堺の陶村に須恵器工人が渡来して、北部九州に、影響を、もたらしたとしている?
では五世紀後半以前の、歴史は「記紀」に照らし合わせているが、時期が空白で、あいまいな、説ばかりで、記録が、ないのは、不自然であるが?
始めがないと、五世紀後半すら、立証は困難であるのだが?

つながり、結びつきの無い、五世紀後半は、成り立たないと、児島宮考古学研究室は言い切る。
あまりにも無謀な、歴博と教育委員会文化財課の古代の歴史の捉え方に、ますます瞑想にふけり、いるだけでしかないようです。

慶南は筑紫夜須の玉依姫の長男が初代の王に、ゆかり、がある事を児島宮考古学研究室が、筑紫夜須古代窯と発祥を解明した、さらに、須恵器?硬質土器、姒祭祀に使用していた事が、元々は中国発祥である事に、突き止めた、これは、豊臣秀吉時朝鮮征伐で、黒田長政が、倭城を築いた梁山の陶工を、連れ帰ったのは、秀吉が伽衆佐久間不干斎から、慶南について、聞いて、知っていた事も、浮かんで、出てきた。児島宮の祖佐久間不干斎あっての、浮かびであった。
秀吉が、朝鮮の国を、倭と同じ、歴史と、思っていた事も、陶工を、日本へ連れ帰った理由かもしれない?

墳墓から出土した、須恵器?硬質土器(東京国立博物館蔵)が、朝鮮発祥では、なく、父ウガヤ尊と同じ王冠、山型に相似していた事からも、判明したという。
この1920年に総督府が発掘し、東京国立博物館に寄贈している。

ここに紀元前前、古代新羅しるろは、中国楚人の定住地で、その、しるろは、越王勾践の娘が嫁いで、生まれた恵王の後胤て、始皇帝から滅ぼされて、慶南に定住地としていたとなる。

韓国から寄贈され、東京国立博物館に収められたのが、今までの韓国では、歴史の真相が、児島宮考古学研究室に、目が行き着かなければ、教育委員会文化財課と同じ、無意味な、古代歴史のままに、なって、いただろう。

韓国歴史の後先が逆さま、須恵器韓国渡来、に、なっている現状 で、判るだろう。

こで筑紫夜須の墳丘墓から掘り出されていた、鷲尾墳丘墓の王冠と須恵器?硬質土器や豊臣秀吉時朝鮮征伐で、黒田長政が、倭城を築いた梁山の陶工を、連れ帰った事からも、相似が、佐久間不干斎の茶に、結びついては、いないのか? 茶は、何であったのか?いう迄もなく、茶は、人を神の空間と結びつけて、いるかのようである。

ここに示す慶南墳丘墓王冠と筑紫夜須の墳丘墓が父子を、結びついていた。

ここで言えるのは古代の記録は児島宮なくしては、真実は何も浮かんで、こなかったであろう?
今思い浮かんだのは、中国の古代「河姆渡遺跡」さえも、中国゛すら、何もなかったそうである。
佐久間不干斎の子男子二人、佐久間改め、ウガヤ尊の平山甚九郎正成と、秋月助九郎長興、なくしては、結びつきは、無かったであろう。

今児島宮には、元祖の礎が、日本の結びつきを、示しているのいう。
今児島宮には、日本の歴史の真相が、秘められていると言える。
伊勢神社といえども、日本の歴史が紐解けないのは?続いていないからである。

上の画像は慶南墳丘墓王冠は鷲尾墳丘墓の王冠の影響を受けて、夜須なくしては慶南墳丘墓王冠はない。宇 宙の根幹の日本の木を後ろに配している。
中の画像は梁山本
下は鷲尾墳丘墓の王冠

これら山形王冠の原型は、夏王朝からの冠であり、山形は、九で九州を制するとあるのによる。

日本人はどこから来たのか 児島宮考古学研究室

いわねばならぬ、義を見て、せざるは、みな勇無きなり、児島高徳、


 

日本の根源が判らない?知る人無し

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年11月21日(土)10時53分24秒
編集済
  日本の根源が判らない?知る人無し、これでは、何処から、来たのかさえ、無理がある。

哲学者たちはこの問いを、あらゆる問いの中でもっとも根源的な問い・第一の問いであるとしばしば言う。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B
なにか、があるのか?
なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?ときつめる、事しかない。
解き明かすには、やはり、何かがあるのか?
今の日本の古代史は嘘ばかり、それらは、日本の根源が判らない?

何ひと、か、、が、居た?のが、伝達して、浮世絵師が、描いて、いたのを、目撃して、やはり誰かが、知っていたのは、文政期の、木版画本で、判った、それは、筆者と相通じるものが、根底にある。

ここに、出ていた根底は、筆者と相通じるものが、根底にあった事は確か。
相通じるものとは、かるたや、貝合わせ形式と同じである。
それらはある時期に遭遇している?それは知る相手方が居た、証しとなる。
筆者は、その相手とは、葛飾北斎の仲間、滝沢馬琴が、知っていたのだろう。

筆者と相通じるものは、佐久間不干斎の妻の滝沢女子しか、いない。
滝沢女、子の流れが、葛飾北斎と浮世絵師グループに、伝達したのだろう。それらは
佐久間不干斎子、の娘の嫁ぎ先方関係であろう。
佐久間不干斎は初めて天円地方を、説いた人物で、以外には知られていない。

佐久間信盛の長男、信実の兄。子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元勝室)。養子に信実、信勝、信重。通称は甚九郎。駿河守を自称し、剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)

皃島 備前国皃島郡 和妙抄 古之末 神代以来 旧地
皃島高徳  父・備前国 和田二郎範長
松崎・和田同族  和田は 佐々木氏流

今木三郎和田備後の守範長が子・ 新羅王の子・天日槍の後なり。神功皇后と武内宿祢〔秦の始皇帝裔)二世紀迄遡った
                                       「西源院本太平記」

後に、佐久間信盛子甚九郎正勝不干斎との接点?
美濃の南朝方土岐氏と明智氏の姻戚は、佐久間信盛祖の居城、西広瀬城
美濃の南朝方・土岐氏といい、美濃の臨済宗・大徳寺派、妙心寺派とは、親密な関係があった。
今も続いている佐久間信盛胤児島宮家の墓は、大徳寺高東院と縁戚の妙心寺、智勝院である。
高徳に至る系
佐々木盛綱男加地信実─時秀─東郷胤時─甥子児島高徳
佐々木盛綱流佐々木加地一族 信実には、系図上で九人の男子がいたことが確認される。冷泉宮を備後国豊岡荘児島の地に流すとこの警固を命じられている。
佐々木盛綱の子加地信実ー 武田ー逸見冠者清光ー逸見重氏盛綱女婿三宅定心ー玄孫家長ー紀家弘女婿児島範長ー女頼宴室ー児島高徳

後鳥羽上皇─冷泉宮頼仁親王(児島宮)室佐々木信実室母北条時政女─東寺長者道乗──頼宴室児島範長女母紀家弘女─高徳

佐々木盛綱の子加地信実女ー道乗ー頼宴ー児島高徳

伊予の守護、河野通信の長男通俊が鎌倉初期(十二世紀初期)土地の名前をとり得能を氏とした

得能四郎太夫通俊の子深厳也 家勝子紀家弘後継タリー深厳

越智姓)【河野】通信──【得能】通俊──深厳

備後氏(紀臣族 兼清ー兼信ー琳光(備後三郎、
祠官)
飽浦胤泰東郷胤時子加地時秀孫信実曾孫十郎左衛門. 信胤胤泰子三郎左衛門佐々木薩摩
延元頃. 信清美作. 行胤胤泰子左衛門 ... 基泰東郷胤時子七郎. 新発田長綱飽浦行胤子.
長経. 経綱. 治綱. 長綱. 能敦源次郎. 綱貞

【加地】盛綱─信実─時秀─【東郷】胤時─【飽浦】【東郷氏】
【加地】盛綱信実─【佐々】氏綱─景綱景綱【佐々氏】─宗綱
【加地】盛綱信実─【佐々】氏綱─経綱─宗経─氏宗【佐々氏】

紀家弘室の父東郷胤時ワ云エリ、家弘婿ワ、児島範長デ、範長ワ、今木
範俊ノ子ナリトテ、大平記ニ児島し河野は一族ニテ、児島祖六代孫ヲ今木備後高長トアリ

児島盛綱後継ぐ婿逸見冠者清光子重氏(号ス定心)子李房(相模国三浦郡和田邑ニ住み和田号ス)此レ母は和田義盛女也故、
児島盛綱ー信実ー時秀ー東郷胤時ー女紀家弘室ー女児島範長ー女頼宴室ー児島高徳トゾ

児島範長と紀家弘と母 ... 東郷胤時甥 子児島高徳 紀家弘の女は足利尊氏の男に嫁し、三代将軍足利足利義満となる。
三代将軍足利足利義満となる。
高徳とはいとこにあたる。
紀家弘 後光厳天皇の第二皇子。母は、広橋兼綱の娘、藤原仲子。仲子の姉妹の紀良子は足利義満の母で、後円融天皇と義満は母系

紀家弘は岩清水八幡宮家
岩清水八幡宮は姫野さんの祖父母と探した大分大在の墓で、高岡姫野の地が出た。
又 佐田も岩清水八幡宮に関与する。

この紀家弘こそ、善法寺通清その人である。
義満と後円融天皇は従兄弟
仲子は権大納言広橋兼綱の猶子となり、内裏に出仕して三位局、中納言典侍、梅町殿などとよばれ、北朝の後光厳天皇の寵愛をうけ、後円融天皇を生み奉り准三后

従一位贈左大臣広橋兼綱の娘。実父は石清水八幡宮別当善法寺通清という。
北朝・後円融天皇の生母・崇賢門院の御名は紀仲子、御父は石清水別当・紀(善法寺)通清。仲子は権大納言広橋兼綱の猶子となり、内裏に出仕して三位局、中納言典侍、梅町殿などとよばれ、北朝の後光厳天皇の寵愛をうけ、後円融天皇を生み奉り准三后となり、のち国母として弘和三年(一三八三)四月二十五日、女院号・崇賢門院を宣下された。『尊卑分脈』の広橋家の系図に、権大納言広橋兼綱の娘として「准三宮・叙二・異本従三位・国母・崇賢門院仲子」の記載があります。応永三十四年(一四二七)五月二十日崩御、御歳八十九才。

脇屋義助の子・義治の妻が皃島高徳の女子。

皃島高徳 と 新田 と 佐田 と 徳川家康 の関係

義助(脇屋)室高徳女子徳子ー脇屋義治(政義女子脇屋義治室)

義明(妻は佐田義久(脇屋義治の末子)の娘) 義隆.

家時(新田源太郎)ー満義ー政義女子脇屋義治室

(源)新田義重ー義季(得川四郎)ー頼氏(世良田)ー教氏ー家時ー満義ー政義ー親季ー…松平清康━広忠ー徳川家康


南総里見八犬伝」で有名な滝沢馬琴は、珍重の実兄の曾孫にあたる。
馬琴は江戸深川の海辺橋近く、旗本松平鍋五郎信成一千石の用人、滝澤軍兵衛興義と妻「お門」との間に、五男として産まれた武士である。幼名を春蔵、後に倉蔵と改めるが、幼少の頃より馬琴は読書を好んだ。七歳の折に父に連れられて出かけた句会では、「うぐいすの初音に眠る座頭かな」の句を詠んでいる。本名を滝澤興那と云い号を曲亭馬琴と言った。馬琴は、履物屋の女主人の「お百」が切り盛りする伊勢屋の入り婿になったのである。この「お百」との間には、後で二男三男は早世してしまうが、長男の宗伯が二人の妹と共に、馬琴の期待を集め成長して行くのである。http://slib.net/11238
読本は当初、中国の白話小説から借りた怪奇ものや変幻ものを多く扱ったもので、水滸伝や三国志など多くの作者がこれを取り入れ、山東京伝も「忠臣水滸伝」を寛政十一年に刊行している。これは水滸伝に日本の演劇である仮名手本忠臣蔵を重ね、命よりも義を貴ぶ風潮を著したもので、黄表紙本が衰退して行く中、読本は急速に広まって行くのである。


児島系譜帳 児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安ー甚九郎 朝次弥平次甚九郎佐久間信盛 ー甚九郎正勝不干斎ー甚九郎正成ー甚九郎岩蔵ー甚九郎弥蔵ー甚九郎弥平ー甚九郎喜平ー甚九郎文八 ー甚九郎某.

柴田勝重生没年:1579-1632
父:越前勝山城主 柴田勝政
三左衛門、権六郎
1600 関ヶ原の戦い
妻:(父:日根野吉時)
妻:(父:織田左衛門佐長政)
1612-1682 勝興
妻:(父:信濃長沼藩初代藩主 佐久間勝之)
会田行重
三浦信勝(義父:三浦正勝)

女:瀧澤氏-1671
勝平1623-1693
勝昌
娘(佐久間甚九郎某妻)
娘(奥山治右衛門重次妻)
娘(飯高七兵衛貞勝妻)

柴田勝重と瀧澤氏娘(佐久間甚九郎某妻)


由利氏の祖は、信濃の小縣郡瀧澤邑の邑名を冠した“瀧澤”なる一党が、出羽の由利郡に移住して“由利”を名乗った。

東寺長者道乗
柴田勝重の娘(母は滝沢女)佐久間甚九郎信栄の室となる。
滝沢祖は、清和源氏源満仲ー頼光
おのりゅう【小野流】 ① ?仏? 東密二流の一。平安初期の聖宝を祖とし,仁海が広めた。流派名は,仁海が京都の小野に曼荼羅(まんだら)寺を建立したことによる。




 

中国の河の神について説明しています

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月17日(土)16時33分41秒
編集済
  河伯許兮薪不屬 中国の河の神について説明しています。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E4%BC%AF
河伯(菊池容斎画)

竜(りゅう、りょう、たつ、龍)は、神話・伝説の生き物。英語のdragonとの違いはドラゴン参照。

旧字体では「龍」で、「竜」は「龍」の略字である[
古墳などに見られる四神の青竜が有名だが、他にも水の神として各地で民間信仰の対象となった。


元は冰夷または憑夷(ひょうい)という人間の男であり、冰夷が黄河で溺死したとき、天帝から河伯に命じられたという。道教では、冰夷が河辺で仙薬を飲んで仙人となったのが河伯だという。

若い女性を生贄として求め、生贄が絶えると黄河に洪水を起こす。

10個の太陽のうち9個を射落としたという伝説を持つ羿は、河伯を弓で射てその妻の雒嬪を奪ったといわれる。河伯とは黄河の神であり、雒嬪とは黄河の支流のひとつ洛水の女神である。

仰韶(ぎょうしょう)文化、竜山(りゅうざん)文化
黄河の河道が変わったり、洪水の災害によるものだったと見られている。それゆえに「黄河を制するものは天下を制する」ともいわれた。

夏王朝の始祖とされる禹も黄河と戦い、支配した神だった。
天帝はまず天神の鯀に命じたが、鯀は治水に失敗した。その跡を継いだのが鯀の子の禹で、中国全土を駆け巡って13年かけて、運河を開鑿するなどの治水工事を行って洪水を治めた。この業績によって、禹は夏王朝を興すことになった。

河伯は人の頭に魚の体をしているともいわれ、明朝ころからは龍の一種と考えられるようになった。
テラウズデズ 河伯許兮 = 河伯(かはく、ホーポー、Hébó)は)
『史記』29巻河渠書第7[1]に、「爲我謂河伯兮何不仁」と「河伯許兮薪不屬」と言う記述がある。

 

百済の遠祖都慕王は、河伯の女

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月11日(日)15時46分54秒
編集済
  父は和乙継、母は土師真妹。父方の和氏は百済武寧王の子孫を称する渡来系氏族で、もとの氏姓は和史(やまとのふひと)。高野朝臣(たかののあそみ)という氏姓は、光仁天皇の即位後に賜姓されたもの。

高野 新笠(たかの の にいがさ、720年頃生 - 延暦8年12月28日(790年1月21日))は、光仁天皇の宮人、後に夫人。桓武天皇・早良親王・能登内親王の生母。

天智天皇の孫にあたる白壁王の宮人となり、天平5年(733年)に能登女王、天平9年(737年)に山部王(後の桓武天皇)、天平勝宝2年(750 ...?生涯 - ?新笠出自と子孫

新笠は宝亀9年(778年)1月29日、従四位下から従三位となった[2]。この頃までに高野朝臣の氏姓を賜り、夫人となった。しかし、皇太子の母であってもに身分の低さから皇后に立てられることはなかった。また、藤原式家の藤原永手の娘で所生の皇子女のない藤原曹司が、新笠に先んじて同じ従三位・夫人の位にあった[3]。

山部親王が光仁天皇の跡を継いで桓武天皇となると、天応元年(781年)4月15日、新笠は即位とともに皇太夫人と称された[4]。同年4月27日、新笠は正三位に昇叙された[5]。また桓武天皇の皇太子には、同母弟・早良親王が立てられた。しかし早良親王は延暦4年(785年)に藤原種継事件に連座して淡路へ流されることになり、自ら命を絶った。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%87%8E%E6%96%B0%E7%AC%A0

新笠父の和乙継は、百済系渡来人氏族の和氏(姓(かばね)は史)であるが、生前の位階・官職は不明。光仁天皇即位後に高野朝臣と改姓した。母の土師真妹は、土師氏(姓(かばね)は宿禰)であり、桓武天皇即位後に大枝朝臣と改姓した。延暦8年までに父母ともに死去しており、ともに正一位が追贈されている。

続日本紀延暦8年12月28日条に、
「皇太后姓は和氏、諱は新笠、贈正一位乙継の女(むすめ)なり。母は贈正一位大枝朝臣真妹なり。后の先は百済武寧王の子純陁太子より出ず。、、、、皇太后曰く、其れ百済の遠祖都慕王は河伯の女日精に感じて生めるところなり、皇太后は即ち其の後なり。」
とあって、和氏が武寧王の子孫である
百済武寧王の子純陁太子

日本書紀によれば継体天皇7年(西暦513年)「百済太子淳陀薨」とあり
『続日本紀』延暦8年12月28日の皇太后高野新笠の薨伝に
「皇太后、姓は和氏、諱は新笠、贈正一位乙継の女なり。母は贈正一位大枝朝臣真妹なり。后の先は百済武寧王の子純陁太子より出ず。今上(桓武天皇)、早良親王、能登内親王を生めり。、、、その百済の遠祖都慕王は、河伯の女、日精に感でて生める所なり。皇太后は即ちその後なり。」とある。

桓武天皇の母百済の遠祖都慕王といい、
462年 武寧王が生まれる。墓誌によれば「寧東大将軍百済斯麻王」とされる。(武寧は諡号)

461年 日本書紀によれば、軍君昆伎王が倭国の人質となり、赴く途中に筑紫の各羅嶋で生まれたとされる。

478年 倭王武の上表文。これが倭王の上表の最後となる。この時点で倭国は百済、新羅、任那の支配権を認められていた。

481年 高句麗が新羅に侵入。百済・任那が新羅を支援。

500年 新羅で智証王が即位。この後、高句麗の支援を受け急速に国力を強化。

500年 新羅本記に「倭人が長峯鎮を攻め落とす」との記載があり、これを最後に倭の侵攻の記事は途切れる。

501年12月 東城王暗殺される。武寧王が首都熊津(現公州)で即位(40歳)。直ちに反乱軍を鎮圧。

502年 日本書紀によれば「東城王が暴虐であったので、百済の国人は王を殺し、嶋王を立てて武寧王とした」とある。

『魏書』高句麗伝. 高句麗者、出於夫餘、自言先祖朱蒙。朱蒙母河伯女とのせている。
ここに児島宮考古学研究室 は、皇統に列なる、高句麗先祖朱蒙としているところから、
割り出したとした。百済王が確かに、朱蒙の子


「私は河伯(=河の神)の娘で、名前を柳花といいます。

広開土王の碑文にはハッキリと「朱蒙は北扶余の天帝と河伯の娘の子」とあります(参考:高句麗の建国神話)。高句麗は「朱蒙は天帝の子」…つまり中国の華夏皇帝の子孫ですよ! という事。

朱蒙の母である河伯(かはく、黄河の水神)の娘を自称する柳花(ユファ)
中国の河の神について説明しています。
『史記』29巻河渠書第7[1]に、「爲我謂河伯兮何不仁」と「河伯許兮薪不屬」と言う記述がある。
すべての神々は、 伏羲とヌワが作られ、それが「上伏羲と言われている。
河伯(古代?族神?中的黄河水神)
朱蒙の二人の子供、兄の佛流、弟の温祚が、百済の始祖である。

温祚(高句麗の2代王琉璃るりとは異母兄弟)は南の肥沃な土地へ逃れ、初代王になったと記載されている。







 

知る手がかりは?神仏習合しているのは?外ならなく、韓国や朝鮮半島では、ありません

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月22日(火)14時13分34秒
編集済
  日本人はどこから来たのか ?知る手がかりは?神仏習合しているのは?外ならなく、韓国や朝鮮半島では、ありません。
それが、日本が、さきがかり、になって、朝鮮半島に伝わっていたのです。
では一体、日本人は、どこから来たのか ?
神仏習合しているのは?
神仏分離(しんぶつぶんり)は、神仏習合の慣習を禁止し、神道と仏教、神と仏、神社と寺院とをはっきり区別させること。 ... 政府は、神仏分離令により、神社と寺院を分離してそれぞれ独立させてしまった明治政府が、日本が変わってしまったのである?https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BB%8F%E5%88%86%E9%9B%A2

いわゆる憲法主義?に変わった瞬間が明治革命である。ここに今の日本と昔の日本の違いが出ている。

今明らかに、なった?それは、都道府県市町村の、偽証により、国民の自由を剥奪している?かわりに、憲法を民に強制、してするようになって、いる。選挙で国会議員を選んでも、民の為に、良くする事は無かった?

では一体、日本人は、どこから来たのか ?
日本の神仏の始まりは、封建主義の中に、置かれていました?
封建主義とはどういう事なの?
それは天皇を中心としていたのです、神仏はここ宮廷から始まっていた。
この宮廷の神仏が、今もあるのは?浙江省の白馬寺には、白馬三郎を象としていた?この由来があり、越国で行われていたとあります。










 

天神信仰とか鬼神信仰とは?

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月10日(木)12時21分4秒
  礼儀正しさ、誠実さ、 古代の先祖義、信心深さ、記憶の味を犠牲に。 天と地、先祖も神の源、起源であります。意味と読み方を丁寧に解説しています。

神は鬼を憎み、鬼を忘れない。ソース(source)源、起源 は、日本語の「源」に近い言葉です。


郊社之義、所以仁鬼神也」(注1)と言う。 郊社とは祭祀であり、祭祀を行う意義は、鬼神を仁くしみ大切にすることである。 祭祀の方法は祭義に因れば、煩でも疏でも良くなく、煩であれば鬼神に対して不敬を致すことになり、疏であれば鬼神を忘れたことになる。

徳は聖人たり、尊は天子たり

郊社之禮。 所以事上帝也。

[字解]郊祭天。 社祭地 ... 郊社之禮。 所以事上帝也。 事上帝。 正所以令人人。 以窮自性之大源也。 上帝者。 天地萬物之真宰。

噐聖人爲り、尊きこと天子爲り 郊社之禮、所以事上帝也。

鬼神郊社とは天神と併称する、共に祭祀の対象であると言う意味に於いての共通性。

中国の古代人は如何鬼神の存在を、孔子は、民の義を務めて鬼神は敬して遠ざく存在であるとしている。

鬼神に対する観念は、敬遠主義であり、その背景には、彼の基本的態度とでも言う可き現実主義、則ち、常に今を如何に生く可きかと言う現実重視の合理主義的思考に因って貫かれている。

聖王は建国に当たり必ず宗廟を建て鬼神を祀る。

鬼神が存在すれば当然薦具物は鬼神が飲食する。 存在しなければ無駄になる。 だが代わって宗族や知己の人々が飲食し、親睦を図る上に於いて意義が有り、天下の利事であるとする。
 

日本人はどこから来たのか、日本人の根源は、永久に、掴めないでしょうか

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月22日(土)17時51分15秒
編集済
  日本人はどこから来たのか 、邪馬台国も解明?には、いっていない。
インターネットで、囁かれているのは、間違いと言える、このままでは、日本人の根源は、永久に、掴めないでしょうか?

日本人の根源はまだ未解明となっていて、このままでは、日本のすべても、危ないでしょう。

日本は今何が起きていますか? それはいい加減さでしょう。

天皇家は朝鮮半島からの渡来人ですか?
古代ヘブライ語をなんて発音したかは、誰もわかりません。
文字は残っても、テープでも録音しない限り
その発音については、ただの想像でしかありません。

日本人がどこから来たのか、日本人の起源という基本的なことについて、わからないことが多すぎる。
 縄文人の特徴は今でもわからない、解明しているのは、やはり「児島宮考古学研究室」くらいか?
歴博なんて、何研究しているのか、いまだに、不明怪か?
全国の教育委員会文化財課も、日本人の根源は、永久に、掴めないでしょうか?

池上彰氏は、どうなのか?解説しているのは?信用できるか?

(古モンゴロイド)は日本人と関係があるのか?児島宮考古学研究室では無関係という。
が何故古モンゴロイドとしているのか?まったくの空想に陥っています。
空想とは=非現実である。

天の岩屋戸(いわやと)は何を表しているのかでしょう=正解

児島宮考古学研究室の解答は? 紀元前何年が、日本人の根源、日本人はどこから来たのか ?正解
仏像の紀元は? 本当にインドか?でしょう?証拠はあるのか?



 

百済人も新羅又、楚国人だった事が、児島宮が解明

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 7月17日(金)17時05分32秒
編集済
  中国春秋時代の楚の人物である和(か)氏については「卞和」をご覧ください

百済国の祖は新羅であり、中国春秋時代の楚の人物である和(か)氏とある。

中国春秋時代の楚国は、周族で、越王勾践の娘が、昭王の妻となったので、同系である。

始皇帝の時楚は、朝鮮の燕の国に逃れたとあり、玉依姫は楚の王女でもある。

後の百済国は同祖である。

和乙継 やまとの-おとつぐ は、祖先は百済(くだら)(楚国の和人)の人。土師真妹(はじの-まいも)と結婚。娘の新笠(にいがさ)が結婚した白壁王が光仁(こうにん)天皇として即位したため,死後の宝亀(ほうき)元年(770)新笠とともに高野朝臣(あそん)の氏姓をあたえられた。延暦(えんりゃく)9年桓武(かんむ)天皇の外祖父として真妹とともに正一位を追贈された。名は弟嗣ともかく。

高野新笠の出目が、百済国であるが、百済人は和氏、(周は和人)といい、楚国が秦に、敗れ、秦の使役を逃れて、しろう国、に移った、朝鮮人では、なく、百済人も又、楚国人だった事が、児島宮が調査解明した。百済人は和氏也。

解明その二

『新版祝詞新講』に、
和乙継の祖先に当る。而いまきして今木はもと新来(シラキ)、即ち新たに渡来した義で、元来帰化人が住んだ大和の地名であって、和氏の祖先が百済から帰化して今木に住み、其の地に先祖の聖明王(朱蒙)を祀ったとある。https://books.google.co.jp/books?id=b3aYegMdAPMC&pg=PA212&lpg=PA212&dq=%E5%92%8C%E4%B9%99%E7%B6%99&source=bl&ots=2zy6YKWkZB&sig=e8jECgEsY0CwKLIkeeZYxUWlBoA&hl=ja&sa=X&ved=0CEcQ6AEwBmoVChMIkvih967hxgIVQ-imCh0IHQRv#v=onepage&q=%E5%92%8C%E4%B9%99%E7%B6%99&f=false

太平記にも、児島と今木は同族にてとある。
今木祖は百済人も又、楚国人だった事が、児島宮が解明した。百済人は和氏也。新たな歴史が解明しました。

ここで周族について、起こりは、殷族の殷の紂王の頃、周国に、夏后の王女が、妻になり、武帝を、生み、それからは姫氏とか和氏、を名乗るようになります。
これが戦国七雄の始まりと、なりました。
夏后禹の後胤は越人となり、日本の始まりでもある紀元前の祖が、天神七代、の越王無予の事です。
これが今の児島宮に続いています、これが解明できた、根源でもあります。

ここで、児島高徳の祖は、天のヒボコ(  )と、あるのは、今木氏(佐々木)が、祖は、『日本書紀』では「天日槍」、『古事記』では「天之日矛」、他文献では「日桙(ひぼこ)」「天日槍命」「天日桙命」「海檜槍(あまのひぼこ)」とも表記される。

『日本神話』『古事記』等では新羅王子、『播磨国風土記』では神と位置づけて記述される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%92%E3%83%9C%E3%82%B3

朝鮮と表記しているのは、殷の臣、箕氏が、朝鮮の祖になってから、朝鮮と表記します。

箕氏朝鮮が終るのは?
箕子朝鮮(紀元前12世紀?[1] - 紀元前194年)とは、中国の殷に出自を持つ[2]箕子が建国したとされる朝鮮の伝説的な古代国家。いわゆる古朝鮮の一つ。首都は王険城(現在の平壌)。『三国志』魏志書、『魏略』逸文などに具体的な記述がある。

殷の滅亡後、周の武王は箕子を崇めて家臣とせず、朝鮮に封じた。朝鮮侯箕子は殷の遺民を率いた。

紀元前195年、燕王盧綰の部将であった衛満が箕子朝鮮に亡命して来た。衛満は準王の信任を得て辺境の守備を担当するも、翌年に逃亡民勢力を率いて王倹城を攻落し王権を簒奪して、衛氏朝鮮を興した。ここに40余世続く箕子朝鮮は滅びたとされる。

(中国人である箕子が)朝鮮半島に最初の地方政権を建てた」


『日本書紀』では、垂仁天皇3年3月条において新羅王子の天日槍が渡来したと記す。
天日槍は初め播磨国に停泊して宍粟邑にいた。これに対し、天皇は大友主(三輪氏祖)と長尾市(倭氏祖)とを播磨に派遣して天日槍の尋問をさせた。この時、天日槍は自分を新羅国王の子であるといい、日本に聖皇がいると聞いたので新羅を弟の知古(ちこ)に任せて自分は日本への帰属を願ってやって来た、と語った。

そこで天皇は播磨国宍粟邑と淡路島出浅邑の2邑に天日槍の居住を許したが、天日槍は諸国を遍歴し適地を探すことを願ったので、これを許した。そこで天日槍は、菟道河(宇治川)を遡って近江国吾名邑にしばらくいたのち、近江から若狭国を経て但馬国に至って居住した。近江国鏡村の谷の陶人(すえびと)が天日槍の従者となったのは、これに由来するという。また天日槍は但馬国出島(出石に同じ)の太耳の娘の麻多烏(またお)を娶り、麻多烏との間の子に但馬諸助(もろすく)を儲けた。

『古事記』では、応神天皇記において新羅の国王の子の天之日矛が渡来したとし、その渡来の理由を次のように記す。

新羅国には「阿具奴摩(あぐぬま、阿具沼)」という名の沼があり、そのほとりで卑しい女が1人昼寝をしていた。そこに日の光が虹のように輝いて女の陰部を差し、女は身ごもって赤玉を産んだ。この一連の出来事を窺っていた卑しい男は、その赤玉をもらい受ける。しかし、男が谷間で牛を引いていて国王の子の天之日矛に遭遇した際、天之日矛に牛を殺すのかと咎められたので、男は許しを乞うて赤玉を献上した[6]。

天之日矛は玉を持ち帰り、それを床のあたりに置くと玉は美しい少女の姿になった。そこで天之日矛はその少女と結婚して正妻とした。しかしある時に天之日矛が奢って女を罵ると、女は祖国に帰ると言って天之日矛のもとを去り、小船に乗って難波へ向いそこに留まった。これが難波の比売碁曾(ひめごそ)の社の阿加流比売神(あかるひめのかみ)であるという[6](大阪府大阪市の比売許曾神社に比定)。

天之日矛は妻が逃げたことを知り、日本に渡来して難波に着こうとしたが、浪速の渡の神(なみはやのわたりのかみ)が遮ったため入ることができなかった。そこで再び新羅に帰ろうとして但馬国に停泊したが、そのまま但馬国に留まり多遅摩之俣尾(たじまのまたお)の娘の前津見(さきつみ)を娶り、前津見との間に多遅摩母呂須玖(たじまのもろすく)を儲けた。そして多遅摩母呂須玖から息長帯比売命(神功皇后:第14代仲哀天皇皇后)に至る系譜を伝える(系図参照)。また天之日矛が伝来した物は「玉津宝(たまつたから)」と称する。

台湾の客家の子孫たちは香港の財閥となったが、客家が表記している、尊いのはテンノオ、を探している。
中国も天神とかテンノオ、が元祖として華夏が漢人としている。



 

赫居世(ヒョッコセ)王が新羅を建国した。筑紫夜須の重臣に瓢公(ひょうこう)がついて来ていた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 7月11日(土)15時55分34秒
編集済
  慶州市に斯蘆国(サロ・シロ)新羅は、紀元前57年に始祖・赫居世(ヒョッコセ)王が新羅を建国した。筑紫夜須の重臣に瓢公(ひょうこう)がついて来ていた。
赫居世(コガンソン)の父は、越人、筑紫夜須の王、丑王と母斯蘆国女、玉依姫である。
玉依姫は丑王の妻となっていた事は、墳墓から出土した、冠の形が、太陽の上る冠になって、いた事で、認識できる。 日本では児島宮考古学研究室しか、立証はできないので、リンクか貼り付け、許可以外は盗作になるので注意。韓国も児島宮考古学研究室しか、立証はできない。

『新撰姓氏録』では新羅の祖は鵜草葺不合命の子稲飯命(神武天皇の兄)

鵜草葺不合命は平山大神と天皇系譜に載せている。
平山とはyama天空天神、なり。是即ち天台 重複
『日本書紀』では彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)と表記。
玉依姫と結婚し、五瀬命(いつせ)、稲飯命(いなひ)、御毛沼命(みけぬ)、若御毛沼命(わかみけぬ)の四子をもうけた。御毛沼命は常世へ渡り、稲飯命は母のいる海原へ行った。末子の若御毛沼命が、神倭伊波礼琵古命(かむやまといはれびこ、後の神武天皇)となる。

彦波瀲武盧茲草葺不合尊は西洲(にしのしま)の宮に崩(かむざ)りき。因りて日向(ひむか)の吾平山(あひらのやま)の上の陵(みささぎ)に葬りまつる、とある。

『新撰姓氏録』は新良貴氏を瀲武鵜葺草葺不合尊の男稲飯命の子孫とし、稲飯命を新羅国王の祖と伝えている。
天津日高日子波限建鵜草葺不合命: 妻:玉依姫
天津、日高日子とは、あまつとは、「天津衛」(天子の渡し場、中庸という意味)中庸(中心)てんしん

天心とは、たましい 霊  こころ

瓢公という、 瓢箪を腰に付けて船で渡来したとされる筑紫夜須の重臣で、倭人は大分に居る。

『三国史記』新羅の第4代国王の『脱解王』は倭の多婆那国から日本海を流れてきた『賢者』
『脱解本多婆那国所生也 其国在倭国東北千里』
「脱解が生まれた多婆那国は倭国の東北部、千里ほどにある。」
「脱解尼師今、立。(一云吐解。)時年六十二。姓昔。妃阿孝夫人。脱解本多婆那國所生。其國在倭國東北一千里。・・・」

「脱解尼師今が即位した。(または吐解ともいう。)王はこの時、年が六十二歳であったが、姓は昔氏で、妃は阿孝夫人である。脱解はもと、多婆那国(丹波)の生れで、その国は倭国の東北千(百)里の所にある。

脱解本多婆那國所生也。其國在倭國東北一千里。初其國王娶女國王女為妻。有娠七年、乃生大卵。王曰「人而生卵不祥也。
王娶女(巫女)國王女為妻 垂仁天皇の息女か?

脱解尼師今(だっかい にしきん)は、新羅の第4代の王(在位:57年 - 80年)であり、姓は昔(ソク)、名は脱解(タレ)。吐解尼師今(とかい にしきん、?? ???、トヘ・イサグム)とも記される。第2代の南解次次雄の娘の阿孝(アヒョ)夫人の婿。

昔脱解が船で渡来した人物であることを示す挿話などと併せて、出生地を日本列島内に所在すると見る向きが多く、丹波国

鵲(カササギ)がそばにいたことから鵲の字を略して「昔」を姓とし、箱を開いて生まれ出てきたことから「脱解」を名とした、という。鵲(カササギ) 熟語、重複 トーテム流れは鳥 中国の華夏

諱赫居世 前漢孝宣帝 五鳳元年甲子 四月丙辰一曰正月十五日 ?位 號居西干 時年十三 國號徐那伐

「居西干」は辰韓語で王もしくは貴人を意味する称号と記されている。
斯蘆国の初代の王(在位:紀元前57年? - 4年)

赫居世は13歳であり、前漢の五鳳元年(前57年)のことという。



?

http://

 

筑紫国のウガヤの長男が、現在の慶州市に斯蘆国(サロ・シロ)の紀元前57年赫居世(ヒョッコセ)はその時13歳

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月28日(日)13時52分59秒
編集済
  筑紫国の鵜草葺不合命の長男が、現在の慶州市に斯蘆国(サロ・シロ)の紀元前57年赫居世(ヒョッコセ)はその時13歳だった。
赫居世の母は、鵜草葺不合命(ウガヤ)丑王の妻だった、名は玉依姫という、玉依姫は?先祖が、楚王で、ウガヤ(鵜草葺不合命)丑王と、同じその先(先祖)姻戚(楚王昭王)で、その昭王の室は、華夏王、越王勾践の娘となっていた。その昭王の室の王子は、恵王であった。ところが、その後胤時、家臣項羽に国を奪われて、いた年、漢の劉邦の時、項羽の勢いは、すごく、漢の劉邦さえ、危なかったとあり、
越王無予子孫、無騶無諸(すうむしよ)、武夷山城村に、百越の王となり、宮殿を建てて、東越王初代となった、武夷最後の王が越王丑王(鵜草葺不合命、ウガヤフキアエズ)であった。

戦国時代に楚によって滅ぼされた越人、無騶無諸(すうむしよ)、がこの地に逃れ、現地の百越族と共同して樹立した。存在期間は紀元前333年から紀元前110年頃とされる。

東越王是西漢武帝時期分封的一位外臣國王-余善,統治廣大的東南丘陵。僅一任。 ... 上,東越王真正承繼了閩越王的權力。 西元前110年,余善得知西漢將軍楊僕有進攻閩越國的企圖,刻「武帝」印璽,擁兵自立為東越武帝 http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://zh.wikipedia.org/wiki/%25E6%259D%25B1%25E8%25B6%258A%25E7%258E%258B&prev=search

中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域に東越(東甌)国をたてた。秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝 を助けた。

楚王の項羽は、楚王を奪った、王たち一族は、始皇帝の時、労役を嫌い(サロ・シロ)に逃れていた。
ここに、周の一族姫氏の楚国の王族は、燕の国(サロ・シロ)に逃れていたと残している。
これがたまよりと豊玉姫の姉妹であった。
これが取り合わせである。

「昔、中国の秦の代に、労役を避けて韓国に逃げてきたものがいて、馬韓が東部の地域を割(さ)いてその人々に与えた。それが我々である」


新羅の王族は楚国(倭人)の血が流れているのは、周の姫氏は和人と呼ばれていて、間違いない事が解る。
しかも越王の血が濃く流れている。
周の姫氏の元祖は周の武帝の七人の孫にあたる。

『古事記の神々』で訳したアカル姫が新羅の王子アメノヒボコと結婚して愛想を尽かして、
さっさと倭国に帰って来た、このアメノヒボコの後裔が卑弥呼(神宮皇后)であった。

卑弥呼(神宮皇后)子孫が三韓を平定した事は、書物で明らかになっている。是以降は倭の五王により征政府が樹立しており、日本と征政府は両立していた事になる。





 

新羅の初期・斯蘆国と倭人

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月10日(水)13時58分34秒
編集済
  1世紀後半。舎羅里130号木槨墓が作られる。 (鉄の延べ板40枚を敷いていた。)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%93%A0%E5%85%AC&biw=773&bih=487&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CDwQsARqFQoTCO3q-Z-mhMYCFcE0iAodjbEOHg&dpr=1#imgrc=XEf1eX9t5SYydM%253A%3BJPp5GgI04Fy-iM%3Bhttp%253A%252F%252Fpds.exblog.jp%252Fpds%252F1%252F201205%252F07%252F61%252Fc0222861_22132553.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Flunabura.exblog.jp%252F17931953%252F%3B400%3B300

1世紀後半。舎羅里130号木槨墓が作られる。 (鉄の延べ板40枚を敷いていた。)

夜須今の筑前町の下高場小隈の窯付近から出土した、古墳と同年代新羅の初期の木槨墓
筑前町文化財課は、近世墓として、認めない。墓の知識が足りない。前1世紀後半なのだが。

三角縁神獣鏡が、福建省の白馬山付近から出土し、大きく塗りかられるのも、筑前町の下高場小隈の窯付近から出土した、古墳とが、同時期なのに。

 

神武の兄は、瓠公と共に、母(楚人)の土地へ、移ったとある

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月10日(水)11時45分14秒
編集済
  紀元前50年 倭人達が兵を率いて辺境を侵そうとしたが、始祖に神徳があるということ聞いて、すぐに帰ってしまった。
紀元前20年 春二月に、瓠公を馬韓に派遣して、外交関係を結ぼうとした。馬韓王が瓠公に「辰・卞二韓は、わが属国であったのが、近年には貢物も送らない。大国につかえる礼が、これでいいのか」といった。これに対して瓠公は「わが国は二聖が国をたててから人心が安定し、天の時が和して豊作となり、倉庫は満ち、民が互に敬い譲るので辰韓の遺民から卞韓、楽浪、倭人にいたるまで恐れ、かつ、したわないものはありません。しかし、わが王は謙虚で、下臣を遣わして国交を結び交わそうとするは、過ぎたる礼というべきであります。それなのに、大王はかえって怒り、兵を似ておどかすのは、これ何の意味でありますか」といった。馬韓王はますます怒って瓠公を殺そうとしたが、左右の臣たちが諫めてやめさせ、許して帰した。これより先、中国人たちは秦国の乱に苦しみ、東方へ亡命してくる者が多かったが、かれらは馬韓の東に多く住み着いて、辰韓人たちと雑居していた。この時にかれらの数が多く、栄えたので、馬韓ではこれを忌み嫌って責めたものである。瓠公という人は、その族姓がつまびらかではないが、元は倭人で、はじめ瓠を腰につって海を渡って来たために瓠公と称した。この時は筑紫王、の越王丑「うがや」頃。

神武の兄は、瓠公と共に、母(楚人)の土地へ、移ったとある。
この状況からして、百済と新羅は、日本と同じ宴席であった。
また楚は、勾践の娘の子孫だったから、よしみ、があった。
秦を倒したのは、武夷越王だったと劉邦に味方した事がわかる。

瓠公(ここう、生没年不詳)は、新羅の建国時(紀元前後)に諸王に仕えた重臣。また金氏王統の始祖となる金閼智を発見する。もとは倭人[1]とされる。新羅の3王統の始祖の全てに関わる、新羅の建国時代の重要人物である。瓠(ひさご)を腰に下げて海を渡ってきたことからその名がついたと『三国史記』は伝えている[2][3]。

初代新羅王の赫居世居西干

新羅建国時に海を渡って来て大輔という役職名の重臣になった倭人がいたとの記事がある。

そして彼は腰に瓠をぶら下げていたことから「瓠公」と称されたと言う
斯蘆国と倭人 新羅
羅(シルラ)は斯蘆(サロ・シロ)国から始まった。
赫居世(ヒョッコセ)たちがウガヤの筑紫の方から動乱を逃れて鉄器を持ってやって来た。紀元前57年
その称号は居西干・次次雄(コソガン・チャチャウン)と言った。夜須篠隈ではコガンソン

重臣に瓢公(ひょうこう)がいた。彼は倭人だった。その役職名は大輔。
脱解は倭国の多婆那国の王の子といわれている。

稲飯命
『新撰姓氏録』では新羅の祖は鵜草葺不合命の子の稲飯命(神武天皇の兄)だとする。
1世紀後半。舎羅里130号木槨墓が作られる。 (鉄の延べ板40枚を敷いていた。)


日本書紀では、神功皇后記に同じような記述があります。
神功皇后が兵を派遣すると、新羅は戦わずして地図や戸籍を差し出して降伏したとあります。百済は、末永く西蕃と称して朝貢を絶やしません、と約束しました。高麗も頭を下げてきたとあります。「卑弥呼の挑戦征伐」

ここに記録があるように、神功皇后の時も礼節を日本の親「武夷越王」にしていたこと(西蕃と称して朝貢を絶やしません)゛が伺える。
百済と日本はひとつの国に近い状態であったという考えかたもあります。

好太王碑文(414年(碑文によれば甲寅年九月廿九日乙酉、9月29日 (旧暦))建立)
391年(辛卯(耒卯)年)「百残新羅舊是属民由来朝貢而倭以辛卯年来渡■破百残■■新羅以為臣民」 そもそも新羅・百残(百済の蔑称か?)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に■を渡り百残・■■・新羅を破り、臣民となしてしまった

西暦400年には、新羅の求めに応じて、救援の大軍を派遣し、倭を撃退した。

西暦404年には、倭軍が帯方郡に侵入してきたので、これに大勝した、という

好太王碑(こうたいおうひ)は、高句麗第19代王の好太王(広開土王)の業績を称えために息子の長寿王が414年旧暦9月29日(碑文によれば甲寅年九月廿九日乙酉)に建てた石碑である。 現在の中国の吉林省集安市の好太王陵の近くに位置している。碑は、高さ約6.3メートル・幅約1.5メートルの角柱状の石碑である。

川辺東女の用語解説
川辺は「かわのべ」ともよむ。

東王公は三山冠をつけ、西王母は頭に勝(髪飾り)をつけており、ともに挟手して坐った姿で画かれている。
星河図天象図

河図洛書(かとらくしょ)は、古代中国における伝説上の瑞祥である河図(かと)と洛書(らくしょ)を総称したもの。

朱熹と蔡元定は河図を十数図とした。これは十数図が『易経』繋辞上伝にある「天地十数」における五行生成の方位と合致しているためである。繋辞上伝では1・3・5・7・9を天の数、2・4・6・8・10を地の数とする。このため図では陽である天の数を白、陰である地の数を黒で表す。また「五位相得て各々合う有り」は「天一は水・北方を生じ、地二は火・南方を生じ、天三は木・東方を生じ、地四は金・西方を生じ、天五は土・中央を生ず」「地六は水・北方を成し、天七は火・南方を成し、地八は木・東方を成し、天九は金・西方を成し、地十は土・中央を成す」の五行生成の数に従って五方に配当している(なお南方を上として書かれる)。

伏儀は古代中国の伝説上の帝王です
彼は 黄河より現れた
竜馬の背の毛並み(つむじ)を見て
55の数よりなる「河図(かと)」を作成しました
1・3・5・7・9の5の数(奇数)は天陽(天の気)
2・4・6・8・10の5の数(偶数)は地陰(地の気)
数をたどれば『渦巻き』状に円が描かれています

後に禹王(うおう)が*禹歩の元となった

洛水より現れた霊亀の甲羅に描かれていた模様を見て
「洛書(らくしょ)」を作ったので
合わせて「河図・洛書」といわれている




 

『広開土王碑』に倭が新羅や百済を臣民としたと記されている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月 2日(火)16時31分47秒
編集済
  任那日本府(みまなにほんふ)とは、『日本書紀』の雄略紀や欽明紀などに見える、古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。

『広開土王碑』に倭が新羅や百済を臣民としたと記されている
『宋書』では「弁辰」が消えて、438年条に「任那」が見え、451年条に「任那、加羅」と2国が併記される。

『梁書』(りょうじょ)とは、梁(502年から557年)の歴史を記した歴史書。56巻。629年(貞観3年)に、陳の姚察の遺志を継いで、その息子の姚思廉が成立させた。
敏達天皇の時期に相当している。

任那日本府(みまなにほんふ)『日本書紀』の雄略紀や欽明紀などに見える、古代朝鮮半島南部の伽耶の一部を含む任那にあった倭国の出先統治機関。宋書倭国伝の記述にも任那という記述が見られ、倭王済や倭王武が宋 (南朝)から任那という語を含む号を授かっている。

任那(みまな、にんな、369年[要出典](~400年) - 562年)は古代に存在した朝鮮半島南部の地域。

「(西暦391年)倭兵が海を渡りやってきて、新羅、百済を破り臣民とする」。


 

原理哲学、根拠なくして、語れず、がない?のに書いていられるのは、だれか、が、虚構(フィクション)真似している事が出ている

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 5月13日(水)08時19分39秒
編集済
  原理哲学、根拠なくして、何も語れず、?

虚構(フィクション)ないし理想現実
今の時代は、日本の原理哲学の歴史ではないのです?


私たちが描いていた弥生時代の次、古墳時代が、五世後半と、されていたのが、六百年の記録原理という、のが、かみ合わない事が、出てきたと、児島宮考古学研究室が、主要な、古墳の実態と須恵器の頸に、きざまれいる、浙江省河姆渡では、灰色硬質土器の頸にヘラ書きの符合としていて、
教育委員会文化財保護課では、須恵器は、五世紀後半に朝鮮半島から、大阪に移ってきたのに、始まったと、
なっているのが、原理記録さえも、一致しては、居ませんでした。
これが今の原理無き、時代のまま、では、日本の歴史さえ、すべて、消えてしまいます?
原理がなくなるとどんな事になるというのか?
今我々は現実しか受け入れてはおりません?すべてがそれと同じ?此れは重大な過失となるしかありません、これは哲学において、の事です。

原理と現実は違います?それは何か?

原理 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%90%86

今の日本は、まるっきり、でたらめです?特に、教育委員会と文化財保護課?

原理(げんり、羅: principium、仏: principe、英: principle、独: Prinzip)とは、哲学や数学において、学問的議論を展開する時に予め置かれるべき言明。 そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のものである。

現実 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8F%BE%E5%AE%9F
現実(げんじつ、英: Reality, Actuality)は、いま目の前に事実として現れているもののこと。対語は虚構(フィクション)ないし理想。あるいは現実とは、個々の主体によって体験される出来事を、外部から基本的に制約し規定するもの、もしくはそうした出来事の基底となる一次的な場のことである。現実と区別されるのは、嘘や真実を組み合わせてできたものである。今の時代は現実だけでしか見ていません?

このまま続けていても、すべてが無意味でしか、ないでしょう?

河姆渡文化を語れるのはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%A7%86%E6%B8%A1%E6%96%87%E5%8C%96
ウイキペディアは何故取り上げて、いるのか?それは児島宮を、取り上げていないのに、根拠は無いという事になります?
わけが、解る事は、ないはず、なのです。?

児島宮考古学研究室の他には、根拠がない?のに書いていられるのは、だれか、が、真似している事が出ている。
日本人はどこから来たのか が、解るのは?児島宮考古学研究室の他には、根拠がない?それは、つながりの外には、根拠がないのです。

日本の原点を児島宮考古学研究室が、取り上げていられるのは、繋がりの他には、出てこないのです。
これは児島宮の磐余、とも、関係していると、言う事になります。
君が代のさざれ石の磐余、と同じ事です。
日の丸国旗も、同じことになります。
由来についても同じ事が重なって、いなければ?なのです?

日本と河姆渡文化のことが?書けるのは、つながりが、なければ、書けないのです。それは、児島宮が、根拠なのです。他には、ないはず、です。

児島宮がインターネットを通じて、取り上げている?日本では須恵器というのが、中華では?灰色硬質土器と、書かれています。
これが根拠がないのに?須恵器は、五世紀後半に朝鮮半島から、入って、始まりとなったと、しているのは、つながりは?あるというのです? 不思議なことが、あるのでしょうか?
いいえ、それは、ないはず、ですが?

だれが嘘を?吐いて、いるのでしょう? たいへんな事なのです。これが学術としたら、信用にガタ落ちですね? これが本音という事なのか?

ギャラリーで一目がわかりますが?つながりがわからないと、何が何やら?となるでしょう。インターネット検索は、つながりが、出てくると、いうのでしょうか? いいえ、それはできない。やはり根拠がなければ?
基本は、つながり、が、重要なのですね。
今の日本には、つながりは、重要視されては、いないようです、すべてに、おいて、です。

中国浙江省寧波市近郊,余姚県河姆渡にある新石器時代の遺跡といえば?つながりは、児島宮他おいては、出てこないはず、なのですが?

今のところ、日本と中国のつながりは?根拠が出て、こないはず?なのに、それは、千葉の歴博から発信された情報、が、須恵器と日本の関係は、五世紀後半に朝鮮半島から、入って、始まりとなったと、しているのは、つながりは?間違いなのですが?児島宮考古学研究室

児島宮考古学研究室と関係つながりは、ないのですが? 出典|株式会社日立ソリューションズ・ビジネス
All Rights Reserved,Copyright(C)2013,Hitachi Solutions Business, Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです? つながりは、ないのですが? 真似ですか?

http://www5.tok2.com/home/iseki/hemudu/liangzhu.htm
の発信者は、どなたなのですか?児島宮考古学研究室より

【参考文献】
『走進良渚文化』、良渚文化博物館編。
『良渚」』、余杭市政協文史委員会編、浙江撮影出版社、2001年。
『良渚文化』(良渚文化博物館パンフレット)、良渚文化博物館。
『月刊しにか1996年1月号』、大修館書店、1996年。は児島宮考古学研究室とは、つながりは、ありません、よって、日本との関連は、何も、ないはず、なのですが?

浙江省博物館 河姆渡遺跡展示物
http://heartland.geocities.jp/zae06141/zhe_jiang_museum_kaboto.html

奈良県立橿原考古学研究所友史会第6回世界遺跡の旅「長江 ...つながりを、あげて、して頂きたいのです。
http://www.kashikoken-yushikai.jp/reikai/reikai0706c.htm
それは日本との関係のことです。児島宮考古学研究室





?

http://

 

良渚遺跡河姆渡遺跡

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 4月11日(土)17時28分24秒
編集済
  良渚遺跡河姆渡遺跡

闡越江山ではは鉄器が多く使われていて、夜須そうり遺跡でも木製用具が稲作の後を、語っている。
掘り井戸は日本にどこでも、あるのが、越族によるものであった。

浙江省良渚鎮遺跡から名付けられた。

日本では良渚遺跡河姆渡遺跡との関係は、児島宮考古学研究室だけが、発表して、います。

これはリンク先です
https://www.youtube.com/watch?v=QjQAGGISn0E

考古探秘-消逝的良渚古
http://video.jpbeta.com/?action=detail&video=4y322yOXrKM&searchTerm=女性

ビン越の王 [1]、越の子孫[1]、戦国時代後期西部ハンの王朝初期の治世とビン越 ZTE の征服繁栄再度、およびハン王朝の最初百越王の尊敬の念を建国の初めとして。諸城市は福建省の歴史の不在のため最初主権定規を文書化し、したがって福建省コミュニティを祝ったし、崇敬開く最初祖先福建省 [2]と呼ばれる人分越民族史をリードします。

乱流と彼女の友好的共存、中央平原政権と外交戦略を取ったので、変化の中央平原協議会の直後、すべて無料の治世引き続いて大臣に属するQin 王朝ハン王朝II mǐn yuè 中国語継続と発展と引き換えに。中央平原の観点からの文化と越の文化の融合技術分越と中国の文化のアクティブの紹介なしの上昇ビン越文化のユニークな華麗な治世を開発しました。高度な製鉄の技術も、中央平原、mǐn yuè 中国語農業生産と人々 の生活や軍事力に導入された、それ以上の開発があります。 [


ビン越の王 192 紀元前に 無諸(閩東語:Ù-c??;閩南語


霊廟
王の墓山

子供
鄒英と鄒 Yu シャン




http://

 

レンタル掲示板
/9