teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:キャロル  投稿日:2008年 9月10日(水)19時18分54秒
  キャロル  
 

さびしいけど

 投稿者:だいおう  投稿日:2006年 3月 7日(火)06時33分45秒
  西龍もなくなりました。
おいちゃんが亡くなったそうです。
でも、太助におばちゃんがいるので、
言っておけばレバニラ作ってくれるってよ。
 

さびしい気持

 投稿者:いそめ  投稿日:2004年 8月 4日(水)23時18分14秒
  なんか非常にわかるね。認めたくはないけどすでに変わってしまったそこにあるはずのもの。年月というのはこういうところで感じるのであろうか。西龍のレバニラも同じ郷愁のようなものをいずれ呼び起こすのだろうか。今のうちに振り返っておいたほうがいいものを思い出すことにしたくなった。  

怒り心頭

 投稿者:だいおう  投稿日:2004年 8月 2日(月)12時17分9秒
  超久しぶりに「清美屋」に行った。

俺はカツ丼・かみさんはメキシコ定食と定番の注文。
メキシコが先に出てきてかみさんが食い始める。
微妙な顔でこちらを見る。
一口もらう・・・にちゃっ・・・生?いや火は通っている。
この水分は肉汁とは言わない。くさい。くさ過ぎる。
その臭みが間延びしたテープのように舌に残る。
かみさんは向かいの席から目で訴える、
「残してもいい?」
静寂が二人の間の机上を包み込んだ。
次の瞬間、「お待たせしましたぁ」
軽快な言葉とともにカツ丼が私の前に置かれる。
見慣れた器に見慣れたお盆。
しかし、違和感が後頭部に沿って走る。
黄色い・・・卵が不自然までに黄色い。
なか卯の過剰なオレンジのような黄色ではなく、
レモン色という言葉が一番適当だろうか?
とにかく、空腹だったため口に運んだ。
まず舌に刺さったのは過剰な塩味。
器に目を移すと明らかに醤油を入れすぎで玉ねぎが真っ黒。
飴色なんてものじゃない。ひじき並みの黒。
殺す気か?

塩分の次に口の中に広がったのが、
なんともいえない肉の臭さ。
さっきのメキシコのメンチカツの臭さとは異種の臭さ。
あえて言うならば「石油」風味。
どうやら脂身付近からその味はするらしい。
腐っているのか?それとも隠し味に石油?
泣きそう・・・無理やり飲み込む。
水で流し込み口の中をリセット。
(歯の治療跡から接着剤が溶け出したのかもしれないしね。)
味噌汁を口にする。結構いけた。
前の清美屋のおばちゃんは味噌汁がしょっぱいのが、
唯一の欠点だったもんなぁ。
まぁ、過剰な塩分攻撃で舌が馬鹿になっていたのかも知れないが・・・

気をとりなおして二口めに箸を進める。
ご飯とカツを箸でバランスよく配分し、口へ運ぶ。
箸で取り除かれた断面部分に、
カツ丼ではありえない色彩が視界をよぎる・・・赤?
ニンジンだ。玉ねぎと大きさをそろえたかのような千切り。
カツ丼とはニンジンが入っているものか?
いやいや入っていたかも。
問いかけようとかみさんのほうに視線を移そうとした瞬間。
その答えがそこにあった。
メキシコ定食の付け合せのサラダ。
キャベツとニンジンのサラダ。
やつがなぜここに?なぜ混ざる?
まな板洗ってない?包丁洗ってない?手を洗ってない?
いや一個くらいなら混ざってしまうこともあるだろう。
なぜか頭の中で彼女を責める気持ちと擁護する気持ちが交錯する。
ご飯とカツの間に箸をこじ入れ、カツをそっとご飯から引き剥がす。
めくられたその隙間には、いた。
赤い筋が数本、そして明らかに玉ねぎとは異なった、ややちぢれた千切り。
ニンジンとキャベツのサラダの残存がそこにはいたのである。
絶妙に満遍なく混ざって・・・
怒り、というより喪失感。
鈍痛に似た感情が頭を駆け巡り、
舌に感じる石油が首の後ろの神経をチリチリと焦がす。
・・・殺す気だ・・・これ以上食べてはいけない。
脳の深い部分がささやく。

「出るか」
すでに箸が止まり、うつむいていたかみさんに告げた。
驚きとともに安堵ともいえるような表情がそこにはあった。
私が二口だけ。
自分でも驚きだった。あんなに腹減っていたのに。
胃はすべての食べ物を拒否しているようであった。

会計を済ませるために、おばちゃんのところへ。
清「あんなに残して」
私「オアイソお願いします」
清「体調悪いんですか?」
私「いくらですか?」
清「急ぎでしたか?」
私「2000円で足りますか?」
清「お口に合いませんでしたか?」
私「早くしてください」
清「まずかったですか?」
私「・・・すごく」
清「じゃあ カツ丼のお代はいいです」
(3個中一個半しか食べてないメンチカツは金とんのかい!)
私「これが今の清美屋の提供してる味なんですよね?
  じゃあ、ちゃんと払います。」
清「お口に合わないんだからお金はいただきません」
私「文句言わせてもらいますから、金は払います。」
清「・・・」
私「こんな味じゃ、前の清宮さんに失礼だし、清美屋の看板が汚れる。
  肉なんか臭くて、肉に失礼だ!」
清「・・・すいませんでした」(仏頂面)
私「おつりください」

外は土砂降りで、雷がなっていました。
 

まずいもの

 投稿者:いそめ  投稿日:2004年 4月15日(木)19時29分17秒
  最近まずいもの食ってないんだよなあ。
釧路も3年以上住んでればまずいとこには行かなくなるしなあ。
 

食いつきにくいお題だな↓

 投稿者:だいおう  投稿日:2004年 4月12日(月)01時25分21秒
  最近食ったまずいもの
「なか卯」の豚丼。
眉間にしわが寄りすぎて、店員に「どうしました?」って聞かれるくらいマズイ。
「いかくん」みたいな豚肉はまさに悪夢。

うどんもまずかった。
特に天カスが臭く、悶絶もの。
麺も前とはまったく別物。ああ~ぁ
 

プロレススーパースター列伝3

 投稿者:いそめ  投稿日:2004年 4月 3日(土)18時43分51秒
  アブドーラ・ザ・ブッチャー  

プロレススーパースター列伝2

 投稿者:いそめ  投稿日:2004年 3月31日(水)18時21分33秒
  スタンハンセン  

プロレススーパースター列伝1

 投稿者:いそめ  投稿日:2004年 3月27日(土)09時41分6秒
  ブルーザーブロディ  

申し訳ございませんでした。

 投稿者:匿名  投稿日:2003年11月 3日(月)20時49分6秒
  留守番のものが至らない応対を致しましたようで申し訳ございません。ポマードに関しては今後無香料のものを使うよう厳しく指導いたします。
当店の製品につきましてはご指摘のとおり脱サラ後すぐということもありまして間違いの無いよう既製品のクリームを使用しております。これは今後もこのようにしていく方針でございます。当店と致しましては業務用一次加工品の良さというものを皆様にお伝えしていこうという方針でございます。今後ともよろしくお願い致します。
重ねてお願いですが、当店の裏の期限切れのパンを袋に入れた処分待ちのものをお持ち帰りになるのはもういい年なのでやめてください。
 

レンタル掲示板
/10