teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


映画は見れず

 投稿者:菅藤正幸  投稿日:2017年 5月21日(日)23時15分42秒
  >けものフレンズ
視聴終了、結構面白かったです。
ただ「そんなに話題になるほどだったか?」とは思いましたけど。
私が考察する部分とかあまり気にしていなかったせいかもしれないけど。

>アリスと蔵六、エロマンガ先生
視聴を止めてしまいました。
どちらも面白くないわけではないのですが、なんか気力が続かない。

>ダンテズ・ピーク
>見たことがありますが
あれ? 見たことがあると言われたのは、これが始めてだったかな?
知名度はそんなに高くないかと思っていたけど、実は結構知られている作品だったりしたのかな?

>ゴジラ映画
「シン・ゴジラ」以外の日本版ゴジラは、一応平成になってから12作ほど作られています。
「シン・ゴジラ」の前に作られたのが2004年なので、しばらくぶりというのは間違いないですが。

>タイタニック
今回はまだ見ていませんが、以前見たことがあります。
詳しくは覚えていませんが、私もそこまでよかったというわけではなかった気がします。
私的には多分Bランクといったところかな。
ただあれを大画面で見たら、さぞかし迫力があったのでは? と思ったような気も。

>宮崎駿
やるのなら「カリオストロ」「ラピュタ」といったエンターテイメント系の作品をやってほしいところですが、・・・本人の趣味趣向も30年経てば変わるのもしょうがないか。

>ガンダムUC漫画版
>ロニが第3のヒロイン格
アニメ版ではほぼ1話限りのゲストキャラといった感じで、バナージにとってそんなに思い入れがあるほどの関係とは思えなかったからなあ。
 
 

宮崎駿復帰

 投稿者:紫夕  投稿日:2017年 5月21日(日)01時41分18秒
   一報を聞いて期待よりも不安を感じました。
 明らかにピークは過ぎてしまってるし、黒沢明もそうでしたが、年とって小難しいというか、頭よさそうというか、そういう作品傾向がどんどん強くなってる。
 あなたのいいところは、そういうのじゃないでしょ、と誰かが言ってあげればいいのになあ。
 晩節を汚すような作品にならないとよいのですが。

 >ゴジラ
  子どものころは、モスラやガメラのほうが好きだったような。分かりやすく人間の味方なのが子供心によかったのかな?対キングコングは見る気が全きおきないので見ておりません。

 >タイタニック
  随分たってからみましたが、大ヒットするほどかな?という感じでした。アバターも同じ感じだったので趣味に合わないのかも。

 >ガンダムUC漫画版
  ロニが第3のヒロイン格だったり、生きて帰れぬと承知でトリントン攻撃に参加するジオン残党の現地家族との別れ、死闘、死に様とかが特に印象に残ってます。
  本編とほぼ無関係に展開するカイの活躍はさすがにどうかと思いましたが、それはそれで面白かったり。
 

映画は昔よりは見なくなったね

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 5月14日(日)18時08分40秒
  GWはゲームをして終わった感じがあります。
予定を考えていなかったので、そうなって当然なんですが。

>映画
>ダンテズ・ピーク
見たことがありますが、詳細は忘れました。
アメリカ映画は「家族」がストーリーの中心ですよ。
「タイタニック」は例外ですが。
日本以上に家族を大切にする文化らしいです。
そのため、家族というのが中心になるのでしょう。

>ゴジラ映画
「シンゴジラ」公開前はゴジラは名を知っていても見たことない人が多かったのではと思う。
平成になってから日本で映画化は少ないので。

>タイタニック
もう昔の作品なんですね。
知らない人も多いでしょうね。

>眼鏡
昔は6~8万円はしていました。
レンズが高かったです。
複数のメガネは持てなかった。時代が変わったね。

>ガンダム
よくよく考えるとかなり昔の作品。
よく今まで人気があると思います。
これは凄いですね。
 

映画

 投稿者:菅藤正幸  投稿日:2017年 5月14日(日)17時08分17秒
  「レイズ・ザ・タイタニック」を見ました。

アメリカの新型防衛システム、それを実現させるためにはある希少な物質が必要だった。
過去に採掘された記録からその行方を追ったところ、アメリカに送るためにタイタニック号に積まれていたことが判明。
しかし深海では回収作業はできない。
そこで彼らはタイタニック号の引き上げを決定した。

といった作品。
昔地上波で放送した時にVHSに撮って、何回か見ていました。
一般的には評価が低めの作品のようですが、私は結構好きなんだよな。
突っ込みどころがいろいろというのは、まあ否定できないところだけど。


とりあえずこれで海外の映画で古めの作品は一通りお終い。
ということでここまでに見た作品の評価を書いていきます。
(本当はシリーズ物のがまだ一つ残っているけど、これはちょっと長くなるので新しめのも見終わってからまとめて見るつもり)

Sランク
「ノルマンディー 将軍アイゼンハワーの決断」 「トラ・トラ・トラ!」 「眼下の敵」

Aランク
「キューブ」 「チャイナ・シンドローム」 「レイズ・ザ・タイタニック」

Bランク
「史上最大の作戦」 「遠すぎた橋」 「バルジ大作戦」
「カプリコン・1」 「タワーリング・インフェルノ」

Cランク
「ドラゴン怒りの鉄拳」 「ドラゴンへの道」 「燃えよドラゴン」
「砂漠の鬼将軍」 「ビスマルク号を撃沈せよ」 「深く静かに潜航せよ」 「空軍大戦略」
「オズの魔法使い」 「天地創造」 「十戒」 「クレオパトラ」 「スティング」 「ダンテズ・ピーク」

Dランク
「ドラゴン危機一発」

こんなところか。
う~む、一応選んで買っているつもりなんだけど、そこそこの作品も多いかな。
DVDやBDで買っている以上、やはりBランク以上は欲しいところですね。

公開年
1939年 オズの魔法使
1951年 砂漠の鬼将軍
1956年 十戒
1957年 眼下の敵
1958年 深く静かに潜航せよ
1960年 ビスマルク号を撃沈せよ
1962年 史上最大の作戦
1963年 クレオパトラ
1965年 バルジ大作戦
1966年 天地創造
1969年 空軍大戦略
1970年 トラ・トラ・トラ!
1971年 ドラゴン危機一発
1972年 ドラゴン怒りの鉄拳、 ドラゴンへの道
1973年 燃えよドラゴン、 スティング
1974年 タワーリング・インフェルノ
1977年 遠すぎた橋、 カプリコン・1
1979年 チャイナ・シンドローム
1980年 レイズ・ザ・タイタニック
1997年 キューブ、 ダンテズ・ピーク
2004年 ノルマンディー 将軍アイゼンハワーの決断

さて、ここからは新しい作品になっていくぞ。

ここまでで見たのは25本。
過去ログを遡ると映画を見始めたのが去年の7月。
大体月に2本ちょっとといったところか。

次回は「タイタニック」(1997年)を視聴予定。
時間は195分。
4時間クラスの「十戒」「クレオパトラ」よりはましとは言え、しっかりと時間を作って見ないとな。
これが終われば、いよいよ2000年代に突入だ。


>ガンダムUC
なるほど、漫画版に比べるとアニメ版はダイジェスト感を感じると。
そう聞くと漫画版に興味が出てきますね。
こんど買ってみるか、読めてないコミックが溜まっているけど。

>ゴジラ
ゴジラと戦った怪獣で名前が上がるとしたら、紫夕さんも書かれたモスラ、キングギドラ、そしてあとはメカゴジラといった辺りでしょうね。
メカゴジラはメカなので怪獣ではないけど。
一番有名なのはキングコングだろうけど、これはむしろ戦ったということを知らない人の方が多そう。
 

標準的GW

 投稿者:紫夕  投稿日:2017年 5月 7日(日)02時18分25秒
   ごろごろしつつ、たまった雑事を片付けつつ、博物館に一回行く、いつもの流れでした。
 東京なら博物館はGWがすくのでは?とこの時期はGWに行くことにしているのですが、一度もすいていたことはなく。ひょっとして普通の土日のほうがすいてるのかも。

 ・直虎
  築山殿が井伊の血筋とは知りませんでした。後々微妙になるとはいえ、徳川に重用されるうえで伝手があったのですね。

 ・ガンダムUC
  漫画版が終了したので、ようやく見れました。
  丁寧にドラマを描いた漫画版と比べるとダイジェスト感を感じてしまうのですが、毎回見せ場を作らないといけない劇場放映方式の欠点でしょうか。
  とはいえ、かっこいいMS戦を見るだけで満足してしまう単純さなので、偉そうなことも言えないのですが。やはりジオンMSはかっこいい。
  ミネバが立派になってて感慨深いです。カツとかハサウェイとか育つとろくなことにならなので。
  可能性を信じる終わりでしたが、今後50年の歴史を考えると空しいですね。宇宙世紀での話はVのせいで、もはや希望をもつのは難しい。サイド3については一切触れられてないはずなので、局地的に上手くいってるという可能性もありますが。

 ・One Room
  どこかでみたような、男の願望がかなったようなシチュエーション。よいですな。

>私の偏見かもしれないけど、なんかアメリカ映画って重大な出来事が起こっている中、「息子が」とか「家族が」とかで家族の話になってしまうのが多い気がする。
 偏見ではなく、そうです。宇宙戦争もハリウッド版ゴジラもそう。アメリカ人の好みなんでしょう。

 >Switch
  品薄との情報のせいで、買うこと自体は確実、という層が確保に走ってるのかもしれません。

 >眼鏡
  予備というより、用途ごとに度が違う眼鏡を用意してます。
  快適な生活に重要な位置を占めるので、悩むくらいなら買うし、金をけちることもしないことに決めました。

 >ゴジラ
  昭和シリーズは子供ながらきつかったです。
  いくつか見てから他のも買うか決めてもよいかと。
  個人的には怪獣対決はキングギドラとかモスラあたりの有名どころだけで十分かな。
 

映画

 投稿者:菅藤正幸  投稿日:2017年 5月 6日(土)17時42分52秒
  「ダンテズ・ピーク」と「キューブ」を見ました。
どちらも以前にスカパーでやったときに見ています。

「ダンテズ・ピーク」は火山噴火を扱った災害パニック映画。
で、私の認識で言えば、この作品の知名度はそんなに高くはないんじゃないかな。
と言っても私の認識って、紫夕さんがタイトルを出すまでは「アメリカン・スナイパー」のことを知らなかったという代物だからなあ。
あまり持ってはいないけど、災害パニック映画は結構好きです。
それはともかくこの作品、以前見た時に「それなりに面白かった」と思った記憶があるのですが、改めて見るとやはり「それなりに面白かった」という感じですか。
ただ、振り返ってみると不満が出てきてしまいます。
一言でいうと「何で家族の話にしちゃうかな?」ということです。
火山噴火でいろいろ描きようもあるだろうに(ヒロインは市長という立場なんだし)、結局主人公とヒロイン一家の脱出劇の話になってしまったからな。
そりゃあ実際に噴火に巻き込まれたら、市長だからってなにもできないかもしれないけど。

私の偏見かもしれないけど、なんかアメリカ映画って重大な出来事が起こっている中、「息子が」とか「家族が」とかで家族の話になってしまうのが多い気がする。
見たことないけどトム・クルーズ主演の「宇宙戦争」なんかも説明を見る限りそんな感じかな。
私的にはそういうのって見る気が落ちてしまうんだけど、一般的には受けがいいのかな?


「キューブ」はそれなりに知名度ありじゃないかな。

全ての面が同じ構造をした立方体の部屋。
扉を開けても同じ構造の部屋が続く。
目を覚ましたらそこにいた人たち。
彼らはそこからの脱出を図る。

といった話。
引き合いに「SAW」がよく出されるみたいですね、私は「SAW」は見たことないけど。
こちらはすでに2,3回見ているけど、面白いです。
特に問題がないせいか、「ダンテズ・ピーク」と違って書くことがないけど、まあとにかく面白いということで。

とりあえずGW中に見るのはここまで。
まだ買っていないけど、多分次回見るのは「レイズ・ザ・タイタニック」(1980年)。
タイタニック号を引き上げる話。多分知名度は高いと思う。

その次はタイタニック号が沈む話の「タイタニック」(1997年)。
これはもう知らない人の方が少ないだろうと思うけど、すでに20年前なんだよな。
知らない世代も増えてきているかもな。


>ゴジラ映画
以前から考えていたんだけど、先月から月に1作のペースでDVDを買い始めました。
全部が面白い訳ではないだろうし、昭和のシリーズで完全子供向けになっている頃のは正直言って見るのはきついんじゃないかと思うけど、とりあえず揃えるつもりです。
ハリウッド版の2作を含めて全30作、コンプリートまで2年半、先は遠い。
とりあえず見るのは現在見ている海外の映画が見終わって、ゴジラとアニメ以外の日本映画が見終わってから。
見始める時にはすでにコンプリートしているんではないかと思えるけど、アニメまでたどり着くのは遥か先かな。


>眼鏡
普通に使う分には安いものでも質的には充分じゃないかな。
30年以上前、私が始めに眼鏡をかけた時には、親に買ってもらったけど、数万円はしていたような気が。
今ならフレーム、レンズ込みで1万円で買えたような・・・、安くなったよな。


>任天堂のSwitch
これに限らずゲームのハードはいろいろ買いたいところなのですが、最近全然ゲームをしていないからな。
スーパーファミコンの「ウィザードリィ外伝IV」が止まったままになってどれくらいになることやら。
ああ、ゲームもやりたいものだ。
 

GW

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 5月 3日(水)17時34分32秒
  今日から連休が始まりました。
始まったこの日からテレビでは後半といわれる。
ちょっと悲しい。

>映画
>チャイナシンドローム
事故前の映画だったんですね。
勉強になります。
上映が始まっているのに、自粛はならないと思います。
少なくとも自然が原因ではないですし。

>眼鏡
レンズが外れて買い換えたことあります。
外れたレンズが発見できなかったので、即新規購入を考えました。
私も予備のメガネはあります。
メガネだけしかない人は二つ持つのが多いのかな。
実際使えなくなった場合、車を運転できないので店に行けなくなり非常に困ったことになります。
メガネは生活の上で生命線です。
 

5月

 投稿者:菅藤正幸  投稿日:2017年 5月 2日(火)15時14分29秒
  4月末の時点で見ていた番組は、

「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」 「アリスと蔵六」 「エロマンガ先生」
「銀魂」 「けものフレンズ」 「進撃の巨人 Season2」 「正解するカド」
「ゾイドジェネシス」 「ドラゴンボール超」 「レクリエイター」
「ゲームセンターCX」

以上11作品
「ID-0」とか「サクラクエスト」とかも悪くなかったんだけど、なんか気力が続かなくて止めてしまいました。
前回『「アリスと蔵六」「正解するカド」「レクリエイター」がトップを競っている』と書き込んだのですが、この時点で「進撃の巨人」のことがスパッと抜けていました。
「Season2」だったんで新番組という意識が薄かったのかどうかよく分かりませんが、これもトップ争いの1つですね。
で、「アリスと蔵六」は徐々に落ちてきて、すでにトップ争いからは脱落しました。
ということで、現在は「進撃の巨人」「正解するカド」「レクリエイター」の3つが競っている感じです。


>映画
ようやく「チャイナシンドローム」を見ました。
アメリカの原子力発電所で、テレビの取材が入っているときに事故が発生。
一時危険な状態になりかけるも、結果的に軽微な事故として収束。
それをきっかけに原発について調べ始めるテレビのレポーター。
そして原発では、早く運転を再開したい経営者側と、徹底的に安全を確認したい現場の責任者との意見の食い違いがあった。
といった作品。
この作品が公開されてから12日後にスリーマイル島の原発事故が起こって大層話題になったとか。
今そんなことが起こったら、自粛で上映中止になっていそう。
それまでは一部の専門家しか知らなかった「チャイナシンドローム」という言葉を広く知らせたのがこの作品な訳ですが、それ以前に「シンドローム」という言葉もこの作品がきっかけで広まったそうです。
それはともかくとして、この作品は今までにも何回か見ています。
で、改めて見てもやはり面白かったです。
DVDやブルーレイを買った作品がすべてこのレベルならいいんだけどなあ。

とりあえずこれで古めの作品はお終い、そこでここまでの評価一覧を作ろうかと思っていました。
ところが、新たに「レイズ・ザ・タイタニック」(1980年)が追加なので、それはまた今度。
発売が明日なのでまだ持っていませんけど。
予約はしてあるんだけど、入るのが少し遅れるような話なので、実際に手に入るのはゴールデンウィーク明けかな?
GW中にもう何本か見たいところなので、新しめの作品を何本か先に見ることになりそうです。
見るとしたら「ダンテズ・ピーク」(1997年)、「キューブ」(1997年)、「タイタニック」(1997年)といったところ。
う~む、私的には新しめの作品といった感じなんだけど、すでに20年前の作品になるのか・・・。


>アウトローに対する感覚が異なるのでは
アウトローが全部ダメというわけではないですけど(「ルパン三世」や「ゴルゴ13」は問題ないし)、基本的に嫌悪感があるかな。
「仁義なき戦い」や「ゴッドファーザー」なんかは見ようという気もないですね。
 

売り切れ中

 投稿者:銀河  投稿日:2017年 4月23日(日)01時52分34秒
  任天堂のSwitchを買ってみようかと思ったがどこも売れ切れだった。
予想外の展開に驚き。
なぜ、そんなにも売れているのかが謎です。
とりあえず、GWまでに手に入れるのは無理そうです。

今期は「進撃の巨人 Season2」が1番に感じています。
質が高いですね。

あとは特に魅力的だとは感じなかったですね。
強いて言うなら「サクラクエスト」がまだ良かったです。

 

眼鏡

 投稿者:紫夕  投稿日:2017年 4月23日(日)01時35分0秒
   眼鏡のネジが外れてつるがとれました。
 家用、外出用、車運転用と3つあるうちの一つなのですぐには困らないし、眼鏡屋に行けばただで直してくれそうですが、レンズに傷がついてきたのでこの際買い換えるか?と思案中。
 度が合わなくなったとか分かりやすい理由があればよいのですが。
 最近の安い奴の出来がいいなら、気軽に買ってしまってもいいのですが、どんなもんなのだろう。

 ・WWW、WORKING
  この原作者の作風は肌が合う。ほぼ変人しかいないのにうっとおしくならないさじ加減もちょうどいい感じです。適度のラブコメも良し。

 ・直虎
  このあたりのこのくらいの年代の知識はほぼないので興味深い。井伊だけでなく周辺も絡めてくれると嬉しいのですが。
  とはいえ、大人編には不安しかないです。次郎法師の名が知られてないということは、たいした功績がないということで、そこを主人公らしく持ち上げると歪みしかでないので。
  ところで、大河の主役ともなると埋もれてた資料が出てくるのは珍しくないですが、直虎と名乗ってたのは別の男だった、となると苦笑してしまいます。次郎法師が城主だったこと自体は間違いないのですが、今川から(たぶん次期当主として)直虎が送り込まれる、なんてのをスルーするのはドラマとしてもったいない限りです。

>なにしろそれをやるのが詐欺師で相手がギャングだからな
 犯罪者、というよりアウトローに対する感覚が異なるのではという気がします。
 (みたことないけど)仁義なき戦いの様なものとも、多分違ってるのでしょう。
 

レンタル掲示板
/82