teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あけましておめでとうございます。

 投稿者:Chemy  投稿日:2008年 1月13日(日)12時13分10秒
  2007年は、映画検定1級合格によって、私の映画人生がより深く、広いものとなりました。
2008年はさらなる視野を広げ、さらに映画を愛していきたいと思っています。
今年もこの超マニアックサイトをよろしくお願いします★ミ
 
 

こんにちは!

 投稿者:Chemy  投稿日:2006年11月23日(木)13時46分41秒
  お仕事忙しそうですね、風邪などひかぬようがんばってください!
この前も書きましたが、今、映画検定にむけて、日本の古典作品を見ています。実は映画検定の公式テキストブックに、「見るべき100本」と題して、洋画・邦画各100本づつ名作が紹介されているんです。そのうち、洋画のほうはほぼ8割ほど見ているのですが、邦画は2割程度しか見ていないので、未見の邦画作品をあわてて見ているわけです。
ところが、私が借りようと思っている作品がことごとく、渋谷TSUTAYAでレンタル中なんですよ!皆考えることは一緒だった・・・(トホホ)。
今現在1級の試験勉強は遅々として進まずです・・・受ける前から受かる気がしない(泣)。特に1級は付け焼刃の勉強ではだめで、日頃の蓄積が大切だということを痛感しています。ま、今回は小手調べってことにして、次回6月を目標に長いスパンで日々勉強していくことを目指します・・・(汗)。
 

こんにちは

 投稿者:HBK  投稿日:2006年11月22日(水)10時45分26秒
  今日は少し遅めの出勤です^^
ここのところ年末に向けて仕事も忙しくなってきました。
明日から連休に入るので、溝口映画を鑑賞しに行きたいと思ってます。
映画日記更新されてましたね。拝見しました。「カルメン~」は本当に愛すべき映画だと思います。「ブルーベルベット」はデニス・ホッパーの怪演が忘れられません。
 

ありがとうございます!

 投稿者:Chemy  投稿日:2006年11月14日(火)21時04分26秒
  実は12月3日に2回目の映画検定があって、1級を受けるんですぅ~!もう超難しくてヒーヒーいってます。たぶん1発では受からない・・・(号泣)。日本の昔の映画をあわてて見初めているのは実はこのためだったのです。
HBKさんも江戸歴史文化検定スゴイですね!江戸の歴史はとっても深くて興味深いと同時に難しそうです。おたがい合格めざしてがんばりましょう!!
 

寒くなってきましたね

 投稿者:HBK  投稿日:2006年11月14日(火)00時23分2秒
  更新はご無理のないようになさって下さいね。恐らくお仕事(?)をされながらのHP運営だとお見受け致しますが、だとすると、これだけ更新をされているだけでもすごいことだと思います。私は、気長に待ちますから(笑)。

そういえば、chemyさんは映画検定の4,3,2級を合格されたのですね。私はネットでこの検定のことを知り、ひじょうに気になってはいたんです。しかし、どうしても受けられない事情が・・・。
というのも、私、第一回江戸文化歴史検定を受験致しまして(いきなり2級です・今月上旬に)、結果はまだ先にならないと判らないのですが、1級試験が来年あります。正直、我ながら感触は結構良かったので(笑)、順調に合格すれば、1級も受けてみるつもりでいます。
しかし、映画検定も幅広そうですね。合格は本当にすごいことです。遅くなりましたが、おめでとうございます。

「二十四の瞳」のデジタルリマスターバージョンでの上映は知りませんでした。
これも、観に行こうかな、などと考えております。
 

こんばんは!

 投稿者:Chemy  投稿日:2006年11月13日(月)20時13分55秒
  この土日、予定がつまってて、HPの更新ができなくてごめんなさい。せっかく楽しみにしていただいているのに、本当にスイマセン!次の日曜日は絶対更新しますね(たぶん・・)。

鈴木一真さんの映画で一番有名なのは『愚か者~傷だらけの天使』ですね。作品の評判もよく、日本映画プロフェショナル大賞助演男優賞も受賞してますが、私はあまり好きではありませんでした・・・(汗)。個人的にオススメ作品としては『ヒートアフターダーク』と『タブルス』です。ま、鈴木一真さんは完全な個人的趣味ですので、他の方に無理に見てくれとはいいません(笑)。

そうそう、単館系の映画館って、飲食禁止のところが多いですし、皆さんマナーがいいですよね!たま~にロードショー系の大きな映画館に行くと、食べ物の臭いで気持ち悪くなったりします。あと、いびきかいて寝てるおじさんとか・・・(!?)

溝口健二作品の特集、私も気になってましたが、今のところ予定がたてられないです(泣)。
最近行った映画館の予告で見たのですが、木下惠介監督の『二十四の瞳』がデジタルリマスターバージョンで上映されるそうです。予定があえば見に行きたいと思ってますが・・・。
 

こんばんは

 投稿者:HBK  投稿日:2006年11月12日(日)23時21分0秒
  鈴木一真さん、調べてみましたが、この方の出演されている映画、ものの見事にスルーしちゃってますね(笑)。観たことのある映画が1本もありません・・・。存じ上げないわけですね。

シネマライズ、シネマアンジェリカ・・・その他の映画館も行ったことはありますが、せいぜい二、三度ほどでしょうか。でも、単館系の映画館って、小さいなりに手が行き届いているというんでしょうか、綺麗で居心地が良いです。マナーの悪いお客さんも、経験上、あまりお見かけしないような気もしますし。
アール・コリンは、観に来てくれる人が、あまりにも少なかったからではないですかね。私が唯一行った時も、観客が2人しかおりませんでしたから・・・。
現在、フィルムセンターで「没後50年 溝口健二再発見」という特集上映をやっているのですが、近々観に行く予定です。ビデオ化はされていても、廃盤になっていて、なかなか観れる機会のない映画が沢山上映されるようなので、今から楽しみです。
 

いつもありがとうございます。

 投稿者:Chemy  投稿日:2006年11月11日(土)19時44分56秒
  そうです、追っかけはその方です。あまりメジャーな俳優さんではありませんので、
映画もあまりメジャーなものには出てませんね。最近ではネット配信されたものとか、ちょっと話題になった作品にほんのチラッと出てるだけとか・・・。
一応代表作としては、坂本順治監督『愚か者~傷だらけの天使』北村龍平監督『ヒートアフターダーク』青山真治監督『冷たい血』井坂聡監督『ダブルス』古厩智之監督『ロボコン』あたりでしょうか。

私がよく行く映画館としては、渋谷ではシネマライズ、シネアンジェリカ、ル・シネマ、ユーロスペース、銀座ではシネスウィッチあたりが多いですか・・・。最近は行ってませんが、新宿武蔵野館、岩波ホールも結構行ってましたね。
そう、荻窪のアール・コリンどうしてサイレント映画上映しなくなっちゃったんだしょうね。リュミエールなどの映画草創期の作品を上映するところなんてなかなかないのに、残念です・・・。
 

遅くに・・こんばんは

 投稿者:HBK  投稿日:2006年11月11日(土)01時47分19秒
  追っかけは、鈴木一真さんという方ですね?
ちょっと存じ上げないですね。どんな映画に出演されているのでしょうか・・。

ミニシアターはいいですよね。メジャーなものに比べて、上映される映画はどれも質が高いように思えます。
私は、京橋のフィルムセンターによく行きます。池袋の文芸座もですね。他は、ぼちぼちといったところでしょうか。
荻窪の映画館というのは、アール・コリンのことですか?
あそこは、もともと演劇専門だったと思うのですが、いつ頃からか、上映をやらなくなりましたよね。かなり前になりますが、一度だけ、あそこで夜、サイレント映画を立て続けに観た記憶があります。
今では、You TubeやYahoo動画などで、ネットでも無料で映画を鑑賞出来るようになりましたからね。観客動員数が年々減っているというのも、頷けます。
でも、やはり映画はあの大画面で観たい・・・というのが、本心なのですが。
 

どもです。

 投稿者:Chemy  投稿日:2006年11月10日(金)21時50分32秒
  『丹下左膳余話百萬両の壷』、探してみます☆ミ

映画館にはあまり行ってないんです。1年くらい前には、せめて1ヶ月に1回くらいは映画館に行こうと思って、がんばった時もあったんですが、続きませんでした(もちろんミニシアターですよ。ロードショーはほとんど見ません)。最近は、某俳優の追っかけをしてるので(↓の書き込み参照、汗)その人の出る映画は苦手なジャンルでも見に行きます(笑)。ちょっと前まで、荻窪にサイレント作品(リュミエール作品含む)を上映していた映画館があって、気に入ってよく見に行ってたんですが、無くなってしまったようで寂しいです。最近はすぐにDVDがレンタルされるじゃないですか、だからますますわざわざ映画館に行ってまで・・・と思っちゃうんですよね。
 

レンタル掲示板
/10