teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


帝国映像上映会決定のお知らせ

 投稿者:高橋大祐  投稿日:2017年10月27日(金)02時58分31秒 zaqb4dc8185.zaq.ne.jp
返信・引用
  12月3日

大阪北区民センターにおいて

pm1730より帝国映像主催の上映会が決定しました。

覆面ゲスト2名参加します。

入場料は500円です。

なにがでるかは、当日のお楽しみ。

2次会も用意あり。

以上。

 
 

Re: Kodak、生まれ変わった8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」

 投稿者:清井 俊亜  投稿日:2017年 7月23日(日)09時41分47秒 pl2097.ag1313.nttpc.ne.jp
返信・引用
  > No.212[元記事へ]

でんさん お久しぶりです。
伊丹映像研の雑念監督の清井です。

コダックの8mmカメラ新機種日本のコダックに1台サンプルはあるらしいですが、
1年半以上たっても中々市場にでないですね。

もしFBやってたら私(監督名ででています)や伊丹ローズ氏にメッセージください。

でんさんへのお返事です。

> 2016/1/6 CESにて
> Kodakは5日(米国時間)、新世代の映画製作者をターゲットにした8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」を開発、6日開幕のCES 2016に初期プロトタイプを出展。今秋の発売を予告。
>
> http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160107_737914.html
>
>
> Cマウントらしいので、ZC1000のレンズが使えそうです。
>
>
> #大昔、えいぞうけんに所属していた伝です。大変ご無沙汰しています。
> #高橋さん、荒金さん、元気ですかね。
 

流るるシネマ

 投稿者:QMF/ハイロ上映会  投稿日:2017年 7月11日(火)18時54分57秒 em119-72-240-21.pool.e-mobile.ne.jp
返信・引用
  毎月第一土曜日
大阪 天王子駅とほ8分 カフェ流流にて
流るるシネマ 入場料1000円(ワンドリンクサービス)

伊丹映像研究会、神戸活動写真倶楽部、
QMF(クエスト・ムービー・ファクトリー)
などの短編を約2時間、お楽しみいただけれます。

また、ハイロ上映会(横浜、渋谷間 APIA40)では、
56秒以内短編を、作家さま持ち込みで大募集中!!
 

Kodak、生まれ変わった8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」

 投稿者:でん  投稿日:2016年 1月13日(水)18時22分34秒 114.31.93.212
返信・引用
  2016/1/6 CESにて
Kodakは5日(米国時間)、新世代の映画製作者をターゲットにした8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」を開発、6日開幕のCES 2016に初期プロトタイプを出展。今秋の発売を予告。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160107_737914.html


Cマウントらしいので、ZC1000のレンズが使えそうです。


#大昔、えいぞうけんに所属していた伝です。大変ご無沙汰しています。
#高橋さん、荒金さん、元気ですかね。
 

Re: 24時間映画祭@宝塚

 投稿者:薮内雅明(しあわせの村)  投稿日:2014年 8月 4日(月)18時18分17秒 p5149-ipngn100401kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.149[元記事へ]

わったんさんへのお返事です。

> 突然の書き込み失礼致します。
>
> 伊丹市の隣であります宝塚市で、宝塚映画祭ショートフィルムを募集しています。
> と、言いましても、
> ・抽選で選んだ3つのお題「物・場所・人」を題材にいれ、
> ・24時間以内に、脚本、撮影、編集、完パケ、納品をし、
> ・次の日に上映する
>
> という”世界一過酷で短い映画祭”です。
>
> 第9回になります宝塚映画祭は、今年は11月1日~7日に開催し、
> その11月2日(日)~3日(月・祝)に第6回24時間映画祭@宝塚を開催致します。
>
> 今回の目玉はなんと!
>
> 本物の映画館で上映されます。
>
> ミニシアターですが、マニアックなほどの音質と最高の座席が設備されています。 (詳細は今後掲載します街説明などでお書きします)
> 「昨日観客、今日監督、明日歓声」と、24時間後には初日の舞台挨拶気分が味わえてしまう正に「夢の舞台」を味わってみませんか?
>
> 参加募集締切:10月25日(ただし、限定数あり)
> 参加費 :1人1500円(1ドリンク・DVDメディア代・上映代含む)
> 参加要項:
>
> 詳細は24時間映画祭 公式HPに掲載しております。
> また、今回は限定15組になっております。お早めに!
> 締め切りは10月25日までです。
> http://24eiga.com/entry/index.html
>
> 開催場所:ピピアめふ5F会議室(シネピピア2同階 隣)
> 上映場所:シネピピア2 http://www.cinepipia.com/
> 〒665-0852 兵庫県宝塚市売布2-5-1 ピピアめふ5F
>
> 11月2日:シネピピア会議室 AM10:00 参加受付開始 PM12:00 競技開始
> 11月3日:シネピピア会議室 AM12:00 競技終了   PM14:30 シネピピア2で上映
>
> 主催 宝塚映画祭実行委員会、宝塚市、(財)宝塚市文化振興財団
> 共催 24時間映画祭@宝塚実行委員会、 映像研究会ZUKA









玉野宏昌のサインボール!!
甲子園じゃ!!京都、平安高校どうでしょうね??いしばし朋子!
 

FA上映会

 投稿者:渋谷  投稿日:2014年 5月 6日(火)11時06分32秒 p8039-ipbfp2704osakakita.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  このたび、私の新作「FA」が中崎町の天劇キネマトロンにて上映致します。
よろしければ、是非ご覧ください。

場所 天劇キネマトロン http://amanto.jp/groups/tengeki

上映日時 5月10日(土) 19時~
     5月11日(日) 14時~
          上映時間は10分程となります。

「FA」

組織を裏切る男たち、それを追う男たち
お互いの意地をかけて戦う男たちの無言の物語。


キャスト

中平祐
谷口勝彦
山城克也
塩谷泰伸
白澤康宏


スタッフ

制作 高橋与志夫
記録 神野輝
ガンエフェクト 富永音夢
協力 北河内映画銃砲店
監督・脚本・撮影 渋谷宗孝
 

エンペラークロニクル連続上映会

 投稿者:白澤康宏  投稿日:2012年11月 7日(水)23時46分9秒 182-165-192-20f1.osk2.eonet.ne.jp
返信・引用
  このたび、私の映画「エンペラークロニクル」を中崎町の天劇キネマトロンで上映する事になりました。
よろしければ、是非、ご覧ください。

天劇キネマトロン http://amanto.jp/groups/tengeki

youtube 予告編 http://www.youtube.com/watch?v=6d4uH42F1I8

◆11月24日(土)~30(金)

「エンペラークロニクル」





歴史の中に神話化された英雄・朝比奈武夫。

実は、1984年の今になっても、彼は生きていた。そればかりではない。

戦争も革命も、全てはその手の中にあるという。ならば、真実の愛は、その手から

逃れ得るであろうか。朝比奈を追求するフリージャーナリストの前に、朝比奈の

愛人を自称する謎の女・麗子が現れ、二人はいつしか堅い絆で結ばれていく。

悲恋と重厚な政治劇で綴られる昭和裏面史。

今、誰も知らなかった昭和が映し出される。










【出演】

白澤康宏 あみ 崎本実弥 足立真紀 岩崎彩 山城克也










監督/白澤康宏

撮影・照明/濱田裕道

録音・制作・小道具/三山優

制作/中島睦 高橋与志夫

メイキング/山口文秀

銃器特殊効果/富永音夢 GUNーPB

2012年 60分





2012年11月24日(土)~30日(日)

24日(土) 16時/20時

25日(日) 16時/20時

26日(月) 20時

27日(火) 20時

29日(木) 20時

30日(金) 20時

※28日(水)は別イベント開催のため、休映いたします。
 

作品募集

 投稿者:インディーズ向上委員会  投稿日:2012年 9月19日(水)14時51分55秒 221x247x159x132.ap221.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  掲示版への書き込み失礼致します。
貴社の掲示版で作品募集の広報をさせてください。

大阪から映像文化を広げる活動をしてる
NPO法人アートポリス大阪協議会が
主催する公開フォーラムが今年も開催することとなりました。
今回のフォーラムでは「映像作家交流上映会」をいたします。

上映会にあたり作品募集を
9月19日~10月19日までしております。

募集サイト http://crank-in.studio-faith.com/
作品/予告編/ダイジェスト/また制作年度も問いません

ご興味ある方は是非ご参加ください。
今年の第13回公開フォーラムは11月25日(日)です。

情報が不適切な場合はお手数ですが削除お願いいたします。

http://crank-in.studio-faith.com/

 

9月15日『ラブ沖縄@辺野古@高江』上映&トーク

 投稿者:山崎  投稿日:2012年 9月 1日(土)07時44分55秒 ntkyto003107.kyto.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  【大拡散お願いします】★★オスプレイ配備反対沖縄県民大会に連帯する上映企画★★RT9月15日『ラブ沖縄@辺野古@高江』上映&トーク 京都 http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/041c4d1e3e23f98767170833d40eb68b … … … … … @BARANEKOさんから
 

こんにちは

 投稿者:  投稿日:2012年 8月21日(火)07時02分14秒 baicb85e519.bai.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。鉄ドンでお会いした牟婁てつやです。昔伊丹自主映画講座で伊丹映像研究会にはお世話になりました。今もたまに映像を撮っています。よろしくお願いします。  

エロス&レボリューション映画祭 2012年

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 4月12日(木)23時14分31秒 p4019-ipbfp4204osakakita.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  伊丹映像研究会会員による個人上映会のお知らせです。

その名も、エロス&レボリューション映画祭!!!

日時 6月24日(日) 12:30会場 13:00スタート
会場 シアターカフェNyan http://www.c-nyan.com/
入場料金 500円(入退場自由)
問い合わせ先  golgo85@hotmail.com

詳細は伊丹映像研究会HPのNEWSページにて
http://space.geocities.jp/itamieiken/

よろしくお願いします!

http://space.geocities.jp/itamieiken/

 

成城映画祭 作品募集のお知らせ

 投稿者:成城大学映画研究部メール  投稿日:2011年10月 3日(月)17時27分17秒 3dd5226a.catv296.ne.jp
返信・引用
  突然の書き込み失礼いたします。

全国のアマチュア映画監督の皆さん、第8回 成城映画祭からお知らせです。
今年は12月18日(日)に開催することになりました。
作品募集の締め切りは2011年10月15日への延長が決定致しました。

SF、ホラー、ラブロマンス…ジャンルは問いません。
実写、CG、アニメーション…表現の仕方も自由。
商業映画ではできないような熱い想いのこもった作品を募集中です。
グランプリに輝いた作品は、下北沢トリウッドにて上映致します。
まずはこちらへどうぞhttp://seijo-eiken.jimdo.com/
作品をお待ちしております。

◆第8回成城映画祭 HP【http://seijo-eiken.jimdo.com/
質問等はこちらへ
◆ E-mail 【 seijo_eiken@yahoo.co.jp 】
 

第5回小田原映画祭ショートフィルムコンテスト作品募集中!

 投稿者:odawaraazメール  投稿日:2011年 6月20日(月)14時17分13秒 d96.FtokyoFL173.vectant.ne.jp
返信・引用
  現在、小田原映画祭ではショートフィルムコンテストの作品募集をしております。
今回で5回目を数え、若手映像クリエイターを対象としたコンテストとして過去の受賞者の中には映画監督として活躍されている方もおります。映画祭スタッフも新しい才能とのり出会いを楽しみにしておりますので是非、ご応募ください。
●締切:2011年7月15日(金)当日消印有効
●作品時間:3分~20分まで
●各賞:グランプリ、審査員特別賞、市民スタッフ賞(テーマは自由です)
西さがみ賞(なんらかの形で神奈川県西部地域が撮影地で使用されているか、地域を意識したテーマやストーリーである優秀な作品に贈られる賞です)
●応募方法:公式ホームページから応募用紙をダウンロードして作品を収録したDVDと合わせてご応募ください。応募の詳細についてはホームページの募集要項をご確認ください。
ご応募お待ちしております。[映画祭事務局]

http://www.odawara-cinema.com/

 

7月2日『こんにちは貢寮(コンリャオ)』上映&トーク

 投稿者:山崎メール  投稿日:2011年 6月 1日(水)21時42分8秒 ntkyto050014.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  こんばんは、ピースムービーメント実行委員会の山崎です。

下記の上映&トークを企画しました。

皆様、ぜひぜひご参加ください。


・・・・・以下転送転載大歓迎・・・・・・・

●日時:2011年7月2日(土)午後6時30分~上映
 ・午後6時30分~『こんにちは貢寮(コンリャオ)』上映
       監督:チェ・スーシン/台湾/2004年/カラー/89分
   映画の詳細は→http://www.selectourfuture.org/gongliao/

 ・午後8時10分~(仮題)「『こんにちは貢寮(コンリャオ)』と私たち」
  ノ―ニュークス・アジアフォーラム・ジャパンのメンバーの方に、この映画の
  背景や 映画以後の状況や日本との関わり等についてお話ししていただく予定で
  す。
    ★ノ―ニュークス・アジアフォーラム・ジャパンのHP
      http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/index.htm

  ・お話の後、質疑応答・感想意見交流(予定)
      (午後9時10分頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館京都 第5会議室(3階)
    河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
    京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
  TEL:075ー354ー8711
 案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

●参加費:1000円(学生500円)

●主催:ピースムービーメント実行委員会

●問い合わせ先:TEL:090-2359-9278(松本)
           Eメール anc49871@nifty.com(山崎)

●映画の紹介
詳細は→http://www.selectourfuture.org/gongliao/

新鋭ドキュメンタリー作家チェ・スーシンが6年の歳月をかけた珠玉の映像。
台湾・香港・韓国・カナダで絶賛を浴び、日本でも二度の連続上映会が実施された。
しかし、その後も再上映を求める声が続き、毎年、各地で連綿と上映会が行われている
稀有の記録映画。

1991年、日本から輸出される原発に揺れる台湾の貢寮で、原発に反対する青年が無実の
罪で投獄された。それから7年。獄中に向けて一人の女子学生が手紙を書き始めた。進
んでいく工事のこと、それでも反核を貫く人びとのこと、そして志半ばに亡くなってい
く老人たちのこと。原発をめぐる歴史の中で、政治でもなく、経済でもなく、科学でも
ない、本当に信じるべきものがきらめき始める。

監督:チェ・スーシン

2004年/カラー/89分/
2004年宜蘭国際緑色映画祭観客選考最優秀賞、
2004年南方映画祭選出、
第27回金穂賞最優秀ドキュメンタリー、
2005年韓国ソウル緑色映画祭出品、
2005年台湾地方誌映画祭入選、
第三回香港社会運動映画祭出品、
第14回 EARTH VISION 地球環境映像祭出品

■監督:チェ・スーシン
撮影の期間中に何人もの人の他界に遭遇し、いまもその映像を見るときは悲しさを禁じ
えない。 彼らにとって原発に反対することは、まさに、この土地を愛すること、この
海を愛すること、家族を愛することであったのだ。貢寮の彼らの姿を見て、彼らの声に
耳を澄ませてほしい! 日本は原発の輸出国であるので、この貢寮の話を紹介すること
を通じて、少しでも皆様に関心を寄せてもらえれば幸いです。

■祝島(山口県)での上映会でのようす
公民館に集まってくれた約100名の人々は、映画の中の、何十隻もの漁船を繰り出すシ
ーンや、住民が電力と言い争うシーン、役人に抗議するシーンなどを見て、どよめき、
「そう、そう」「おんなじじゃね」と。同じ24年間を、同じように苦労して闘ってき
たのだ。
チェ・スーシン監督は「台湾での70回のどの上映会よりも反応が熱かった。心を重ねて
くれていました」と。
呉文通会長は言う。「祝島は貢寮にそっくりです。祝島のみなさんにお会いして、とて
も励まされました。この映画のおかげで来ることができました。本当にうれしいです。
とめるまで闘います。日本最後といわれる上関原発、台湾最後の第四原発、どちらもと
めましょう!」

●○────────────────────────○

※スタッフ募集!!
ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて
平和について考えようという趣旨で、個人有志で、
上映会(&講演の時もあり)をこの8年で約70作品余りを
を企画してきました。
企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。
ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。

●○────────────────────────○



 

5月14日『祝の島』上映&トーク

 投稿者:山崎メール  投稿日:2011年 4月24日(日)06時04分32秒 p3208-ipngn100203kyoto.kyoto.ocn.ne.jp
返信・引用
  おはようございます、ピースムービーメント実行委員会の山崎です。

下記の上映&トークを企画いたしました。

皆様、ぜひぜひご参加ください。


・・・・・・以下転送転載大歓迎・・・・・・・

●日時:2011年5月14日(土)午後6時20分~上映
  ・午後6時20分~『祝(ほうり)の島』上映
       纐纈あや(はなぶさ・あや)監督作品 2010年/105分

  ・午後8時10分~小坂勝弥さん(核のごみキャンペーン関西)
               (長島の自然を守る会・京都支部)のお話
    (仮題)『祝島・そしてフクシマからの問いかけ』

  ・お話の後、質疑応答(予定)
      (午後9時10分頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
    河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
    京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
  TEL:075ー354ー8711
 案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

●参加費:1000円

●主催:ピースムービーメント実行委員会

●問い合わせ先:TEL:090-2359-9278(松本)
           Eメール anc49871@nifty.com(山崎)

●映画の紹介
『祝(ほうり)の島』公式HP→http://www.hourinoshima.com/
2010年/105分/HDV上映
監督:纐纈あや/プロデューサー:本橋成一/撮影:大久保千津奈/編集:四宮鉄男
音響効果:菊池信之/製作:大槻貴宏/ナレーション:斉藤とも子

1000年前、沖で難破した船を助けたことから
農耕がもたらされ、 子孫が栄え、
現在に至るまでいのちをつないできた小さな島がある。

山口県上関町祝島。
瀬戸内海に浮かぶこの島は、台風が直撃することも多く、
岩だらけの土地には確保できる真水も限られ、
人が暮らしやすい環境とは決していえない。

その中で人々は、海からもたらされる豊穣な恵みに支えられ、
岩山を開墾し、暮らしを営んできた。そして互いに助け合い、
分かちあう共同体としての結びつきが育まれた。

人間の営みが自然の循環の一部であることが、祝島でははっきりと見える。
「海は私たちのいのち」と島の人は言う。

1982年、島の対岸4kmに原子力発電所の建設計画が持ち上がった。
「海と山さえあれば生きていける。だからわしらの代で海は売れん」
という祝島の人々は、
以来28年間反対を続けている。

効率と利益を追い求める社会が生み出した原発。
大きな時間の流れと共にある島の生活。
原発予定地と祝島の集落は、海を挟んで向かい合っている。

1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うとき、
私たちは何を選ぶのか。
いのちをつなぐ暮らし。
祝島にはそのヒントがたくさん詰まっている。

★『祝の島』予告編→http://www.youtube.com/watch?v=fn2qN9kp204

★映画へのコメント

自然の法則に身を委ねる尊厳溢れる営み。
季節の折、自然光、自然音、生活音のみを伴奏にする「音の映画」でもある。
28年間、十億円の漁業補償金の受取を拒否しながら
「命の海」を守り続けている祝島島民が、
我々一人ひとりの代わりに最前線で命を張ってくれている!

中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン(モノノケ・サミット))


我々はテクノロジーに振り回されている。
もっと便利になりますよ、
と耳元で囁く声にうかうかと乗っている。
目を覚ますためにはこの映画を見るのがいい。
おっとりとした日々の記録の中に
とても大事なことが隠されているのに気づいた時、
あなたは慄然とするだろう。
老人たちの顔に過去ではなく未来を読み取るだろう。

池澤夏樹(作家)

●纐纈あや(はなぶさ・あや)監督のプロフィール
自由学園卒業。写真家・映画監督である本橋成一の下で、映画製作、宣伝、
配給に携わる。映画『ナミイと唄えば』(2006年公開)のプロデューサー
を経て、本作品が初監督。

●小坂勝弥(こさか・かつや)さんのプロフィール[トーク]
1968年生まれ。京阪神地域の団体・個人が集い放射性廃棄物問題について情報
交換を行っている「核のごみキャンペーン関西」の事務局を担当。学生時代か
ら関わる「京都・水俣病を告発する会」の活動を通じて公害・人権問題に関心
を持ち現在に至る。「長島の自然を守る会・京都支部」としての活動も行う。
核のごみキャンペーン関西のHP:
http://www2.gol.com/users/amsmith/index.html
長島の自然を守る会のHP:http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm


●○────────────────────────○

※スタッフ募集!!
ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて
平和について考えようという趣旨で、個人有志で、
上映会(&講演の時もあり)をこの8年で約70作品余りを
を企画してきました。
企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。
ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。

●○────────────────────────○



 

(無題)

 投稿者:かつお丸  投稿日:2011年 3月25日(金)08時13分1秒 KD124210240045.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  HPが閉鎖されたのでしょうか?  

1月16日『カンタ!ティモール』試写&広田奈津子監督トーク

 投稿者:山崎メール  投稿日:2010年12月26日(日)08時44分30秒 ntkyto072136.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  おはようございます、ピースムービーメント実行委員会と
アムネスティ京都グループの山崎です。

下記の試写&トークにどうぞご参加ください。

言語に絶する軍事攻撃を受け続けた東ティモールの人びとの
あまりにも美しい笑顔と歌声に、私は感涙がとまりません。
本当にこの映画に出会えてよかったです!!

地上のすべての人びと、なかでも特に、日本に生きる人びとに
ぜひぜひ見ていただきたい映画です。


・・・以下転送転載歓迎・・・・

『カンタ!ティモール』試写&広田奈津子監督トーク

●日時: 2011年1月16日(日)午後6時20分~
    ・午後6時20分~『カンタ!ティモール』試写
    ・午後8時15分~広田奈津子監督トーク
    ・質疑応答 ・意見,感想交流
      (午後9時10分頃終了予定)

●会場:ひと・まち交流館京都 第5会議室(3階)[定員90名]
    河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
    京阪「五条」駅下車 徒歩8分
    地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
    TEL:075ー354ー8711
 案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

●参加費:1000円

●主催:ピースムービーメント実行委員会
    アムネスティ京都グループ

●問い合わせ先:TEL:090-2359-9278(松本)
           Eメール anc49871@nifty.com(山崎)

●音楽ドキュメンタリー映画『カンタ!ティモール』の紹介
詳細は映画の公式サイト→http://www.canta-timor.com/index.html

映画『カンタ!ティモール』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI&feature=player_embedded#!

監修:中川敬(ソウルフラワーユニオン)・南風島渉(voice from asia)/制作:小
向定/監督:広田奈津子/110分

青い海、たわわに実るマンゴー、息をのむような美しい自然と人々の笑顔があふれる
島ティモール。太陽に愛された明るさの一方で、日本も関わった軍事攻撃の傷が影を落
とす。3人に一人が命を落としながらも、人々が選んだのは、許すこと、笑うこと。素
朴で美しい音楽にのせて、大地と深く結びついた人々から日本の兄弟へのメッセージが
運ばれる。

●広田奈津子(ひろた・なつこ)監督のプロフィール[トーク]
1979年愛知生まれ。10代の頃にアメリカ大陸先住民との縁から環太平洋の文化に興味を
持ち、2002年、東ティモール独立式典内コンサートに「ソウルフラワー・モノノケ・サ
ミット」を招聘、以後国際音楽交流を続ける。現地で聞いたある歌が忘れられず、東テ
ィモールの音楽を追った旅が映画「カンタ!ティモール」となった。

●○────────────────────────○

※スタッフ募集!!
ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて
平和について考えようという趣旨で、個人有志で、
上映会(&講演の時もあり)をこの8年で約70作品
を企画してきました。
企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。
ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。

●○────────────────────────○




 

11月13日『ピュアービルマ難民キャンプの子どもたち』上映と講演

 投稿者:山崎メール  投稿日:2010年11月10日(水)22時23分49秒 ntkyto067157.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  こんばんは、アムネスティ京都グループとピースムービーメント実行委員会の
山崎です。

下記の上映と講演を共催させていただきます。

皆様ぜひぜひご参加ください。


・・・・以下転送転載歓迎・・・・

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

明るく元気な小学生
将来を考えはじめる中学生
世界が見えてくる高校生

PURE ピュア
ビルマ難民キャンプの子供たち

タイ・ビルマ国境のメラウン難民キャンプ
軍独裁政権が続くビルマから国境を越えた人々が暮らす
2010年2月、キャンプの学校に通う
子どもたちにカメラが向き合った・・・。

◆ドキュメンタリー『ピュア』上映と講演

●日時:11月13日 (土曜日) 18:40-21:00 (18:20開場)

●会場:キャンパスプラザ京都 第一講義室

京都市下京区西洞院通塩小路下る 京都駅西側ビックカメラ前
地図
http://csvr15.consortium.or.jp/campusplaza/access.html


●参加費:< 一般参加費 500円 / 学生無料 >

●主催:メラウーキャンプ教育支援の会・竹間優美子・SCDB
 共催:アムネスティ京都グループ・ピースムービーメント実行委員会
●問い合わせ先:メラウーキャンプ教育支援の会-京都 (uri@m6.gyao.ne.jp)
        (TEL:090-1913-2237)

軍事政権が続くアジアの国ビルマ。
今年九月、隣国タイにあるメラ難民キャンプから、
第三国定住として初めて三家族十八人が到着しました。
ビルマで今、いったい何が起こっているのか、
難民キャンプの人々がおかれている状況とは、
そして、これから日本の難民受け入れはどうなっていくのか、
ドキュメンタリー 『ピュア』 の制作者であり、
自らもビルマ政治難民であるココラットさんを
お招きし、ともに学ぶ機会をもちたいと思います。

45分 ドキュメンタリー『ピュア』上映
35分 講演 ココラット 『ビルマの未来、ミャンマーの未来』(SCDB代表)
15分 休憩
25分 講演 竹間優美子 『日本の難民受け入れの現状』(立命館大学・関西外国語大
学講師)
20分 質疑応答

ビルマ国内で苦しんでいる国民、外国で生活するビルマ難民。
彼らにとっての「国」とその未来は…。
ビルマ軍事政権が推し進める国策。
軍政にとっての「国」とその未来とは…。(ココラット)

●ココラットさんのプロフィール:
1988年からビルマの民主化運動に加わる。元全ビルマ高校学生連盟書記長。
1990年の総選挙の日、反政府活動を理由に逮捕された。釈放後も監視下に置かれたた
め、1991年タイ経由で日本へ逃れ、ビルマの民主化運動を続ける。2001年に政治難民に
認定。現在、SCDB(ビルマ民主化支援会)代表として各地で講演や民主化運動を続けて
いる。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 

11月7日『アメリカー戦争する国の人びと』上映&藤本幸久監督トーク

 投稿者:山崎メール  投稿日:2010年10月17日(日)08時36分40秒 ntkyto016105.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  おはようございます、ピースムービーメント実行委員会の
山崎です。

下記の上映&トークを企画しました。

皆様ぜひぜひご参加ください。


・・・・・以下転送転載大歓迎・・・・・

――辺野古を考える全国上映キャラバン in 京都――

◆ドキュメンタリー映画上映&トーク

ベトナムからイラクまで、アメリカの人びとの戦争経験とその現在を描く8つの物語。
全8時間14分の超大作一挙上映!!! 京都初上映!!!

戦争大国・アメリカ、内側の真実。
『アメリカ-戦争する国の人びと 』上映&藤本幸久監督トーク
2009年/カラー/494分(8時間14分)/DV(デジタル)
監督:藤本幸久 プロデューサー:影山あさ子 製作:森の映画社

●日時:2010年11月7日(日)

★朝の部 午前10時~12時20分まで上映 (開場:午前9時50分)
エピソード1『高校』30分
エピソード2『イラク戦争』79分
エピソード3『戦死』31分
合計140分
12時25分終了

★昼の部 午後1時~3時56分まで上映+監督ミニトーク(午後4時40分終了)
エピソード4『先住民』42分
エピソード5『見えない人々』68分
エピソード6『ベトナムの記憶』66分
合計176分
上映後、監督ミニトーク(20分)質疑(15分)
午後4時40分終了

★夜の部 午後5時20分~8時18分まで上映+監督ミニトーク
(午後8時55分終了予定)
エピソード7『抵抗』109分
エピソード8『それぞれの春』69分
合計178分
上映後、監督ミニトーク(20分)質疑(15分)
午後8時55分終了(予定)

●会場:ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
(★★ただし夜の部は第5会議室のみになります)
河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分 /
地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分
TEL:075ー354ー8711
案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

●参加費:朝昼夜通し 2000円

★1つの作品ですので、全エピソードを、ぜひ、通しで見ていただくことを
強くお勧めいたします。

(ご都合により部分的に見られる場合は、朝昼夜の部のうちのひとパート:1000円、
ふたパート以上:2000円 )

●主催:ピースムービーメント実行委員会
 協賛・協力:KDMLフィルム・ソサイエティ

●問い合わせ先:TEL:090-2359-9278(松本)
Eメール anc49871@nifty.com(山崎)
FAXでの問合せ 052-308-3886 まで

●藤本幸久(ふじもと・ゆきひさ)監督のプロフィール [トーク]
1954年、三重県四日市市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
土本典昭監督の助監督を経て、
1992年第1回監督作品「教えられなかった戦争――侵略・マレー半島」。
「闇を掘る」で2002年レティナ国際映画祭準グランプリを受賞。
「Marines Go Home-辺野古・梅香里・矢臼別」(2005年)
「アメリカばんざい~ crazy asusual ~」(2008年)
「Marines Go Home 2008-辺野古・梅香里・矢臼別」(2008年)
「アメリカ-戦争する国の人びと」(2009年)
「ONE SHOT ONE KILL-兵士になるということ」(2009年)など。

【監督のことば】
つらく悲しい現実を記録することがドキュメンタリーだという思いこみを打ち破りた
い。私にとってドキュメンタリー映画をつくるということは、人々とともに未来につな
がる希望を探し、その過程を記録するものです。「人の世に熱あれ、人間に光あれ」、
映画はいつの時代も希望を描くものです。

●映画の解説
(詳細は→
公式サイト http://america-banzai.blogspot.com/2010/01/blog-post.html

(予告編は→http://www.youtube.com/watch?v=ryf-t1vyLRY

戦争する国に暮らすということは、どういうことなのか・・・。
2006年から始まった1年半に渡る撮影の集大成。藤本幸久監督、渾身の8時間14分。

どの戦争でも、兵士になるのはその国の普通の若者たちだ。
映画「ONE SHOT ONE KILL」が、その入り口を描いたものだとすれば、「アメリカ-戦
争する国の人びと」は、若者たちのその後を描いたものといえるだろう。二十歳そこそ
この若さで、戦争を経験した人々は、その後、どのような人生を生きてきたのか。
ベトナムからイラクまで---超大国アメリカの戦争体験がここにある。

エピソード1 高校 (30分)
高校生が軍隊について持っているイメージを問えば、「強さ」
「大学の学費」「社会保障」「職業訓練」と答えが返ってくる。カリフォルニア州バー
クレー高校。日々、軍隊の勧誘と宣伝のターゲットとなる高校生たちに、元教師のスー
ザン・キンランと元海軍兵士のパブロ・パレデスが
入隊を決める前に考えてほしいと軍隊の実情や経験を語る。

エピソード2 イラク戦争(79分)
イラク帰還兵たちが、戦場での経験を語る。間近に目撃した死、人を殺す体験、PTSD
、劣化ウランによる被爆、そして彼らを支える家族たち。イラクやアフガンでの戦争に
既に150万人以上のアメリカの若者が送られた。

エピソード3 戦死(31分)
イラクでの米軍の死者数も4000人を超えた。2004年4月にバクダッドで戦死したケー
シー・シーハンの母シンディ、2004年8月にナジャフで戦死したアレックス・アレドン
ドの父カルロスにとっても、他の4千余名の家族にとっても、子どもを失う悲しみは永
遠だ。

エピソード4 先住民(42分)
メキシコ系住民が多数を占めるサンアントニオ市にあるケリー空軍基地。周辺住民や
基地労働者は、多発するがんや白血病に苦しめられ、健康被害は子や孫にも及んでいる
。アメリカは戦争を繰り返しながら領土を拡大してきたが、テキサス州もかつてはメキ
シコだ。住民たちこそ、元々、この地に暮らし続けてきた人びとの末裔なのだが・・・


エピソード5 見えない人びと(68分)
アメリカでは350万人がホームレスといわれている。ワシントン州サーストン郡(人口
24万人)でも、その数は700人を超える。とてもシェルターには入りきれない。人目を
避け、森の中に暮らす人びと。ホームレスの3人に1人はイラク、アフガン、ベトナム、
コソボ、パナマ・・・様々な戦争を経験した元兵士たちだ。

エピソード6 ベトナムの記憶(66分)
のべ260万人の米軍兵士が送られたベトナム戦争。終わって30年以上立つが、多くの
アメリカ人にとって、それは未だ脳裏を去らない出来事だ。かつての若者たちは、ベト
ナムで何を見、その後どうやって生きてきたのか、3人の帰還兵が語る。

エピソード7 抵抗(109分)
アメリカの歴史は戦争の歴史。しかしそれは同時に、戦争を拒否した兵士たちの歴史
でもある。それぞれの時代に、抵抗し、戦争を拒否した兵士たちがいた。ベトナム戦争
、湾岸戦争、そして今日も続くイラク戦争でも。

エピソード8 それぞれの春(69分)
ともに歩く伴侶を得たり、家族が増えたり、元兵士やホームレスの人たちの暮らしに
も、少しずつ変化が訪れる。前に向かって歩き始めた人びとがいる一方、ホームレスの
暮らす森では殺人事件も起きる。ブートキャンプ(新兵訓練所)を卒業して、若者達はま
た、戦場へ送られてゆく。未だ終わらぬ戦争に、今日も声を上げ続けるおばあちゃんた
ち。旅の終わりに訪れた2008年、それぞれの春の景色。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

岡秀樹さんの新作情報

 投稿者:吉里(だよん)  投稿日:2010年 9月21日(火)00時25分47秒 KHP059139089162.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  伊丹16mm映画『ひとけたの夏』を監督された、おかひでき(岡秀樹)さんの最新作『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』 http://www.ultramanzero.com/dvd.html
のプレビュー上映会が東京、大阪、名古屋で開催されます。

●開催場所
【東京会場】
11月3日(水・祝) 11:00開演
ラゾーナ川崎プラザ・5F / 109シネマズ川崎(定員250名)
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1
【大阪会場】
11月6日(土)12:00開演
アリオ八尾・4F / MOVIX八尾(定員250名)
大阪府八尾市光町2-3
【名古屋会場】
11月7日(日)11:00開演
エアポートウォーク名古屋 内 / ミッドランドシネマ名古屋空港(定員250名)
愛知県西春日井郡豊山町豊場林先1-8-501

●チケット
・おとな(中学生以上) 1,200円(税込み)
・こども(小学生以下) 600円(税込み)
 ※ローソンチケットにて10月1日より発売開始

詳しくはこちらを↓
http://tfcblog.tpc-fan.com/?eid=70


監督の岡さんだけでなく、VFXの鹿角剛さん、カットモデル制作の寒河江弘さんと、「伊丹映画祭」や「鉄ドン」でお馴染みの方々がスタッフをされています。

なにより、「グリーンリボン賞」を知っている者にしたら、『学園セブン』の監督が、セブンの息子を監督するというのは、それだけで面白いです。

OV(Vシネ)なので、スクリーンでの上映はこの3回しかありません。
是非とも、この機会をお見逃しなく!
 

レンタル掲示板
/9